仕事が覚えられないときの対処法5つ

a555b17d4cd841644425fb1567694bcd_s

人には誰にでも苦手な分野というものがありますよね。日常の生活であれば苦手なことを避けて通ることもできないわけではありません。極力苦手なことに関わらずに生活することは可能です。

しかし、それが仕事となるとそういうわけにも行きませんよね。苦手なことを避けながら仕事をしていくというのは現実的には難しい場合が多いはずです。苦手だからやらないというわけにはいかないのです。

苦手な分野についてはどうしても頭に入りにくい場合が多くなりますよね。何度やっても体で覚えるという事もなかなか難しい場合が多くなります。これが仕事上では厄介な問題です。

仕事というのは覚えなくては効率は上がりませんよね。苦手な分野の仕事は覚えられない場合が多くなることで仕事の効率も悪くなってしまうというケースが非常に多くなります。

それでも「苦手だから仕方ない」では済まされないのが仕事です。仕事が覚えられない場合にはどのように対処すれば良いのでしょうか。仕事が覚えられない原因と対処法を整理してみました。

①失敗体験

苦手な分野というのは何もせずに苦手になるものではありません。苦手になる理由として大きなものは過去に失敗を体験しているという事があげられます。過去の失敗が苦手意識を生むのです。

なぜ失敗の経験というのはその分野を苦手にしてしまうのでしょうか。自分自身の意志で何かに挑戦し、失敗した場合というのはそれが後になって苦手意識を生み出すということは少ないはずです。

仕事上での失敗が後になって苦手な分野、苦手な仕事になってしまうのは、その事によって上司に叱られたり、先輩や同僚、後輩に迷惑をかけてしまうといった状況を生んでしまうことになるからです。

こうなってしまうと簡単にはその仕事は頭に入ってきません。苦手だという意識がその仕事自体に関わることを避けようとすることが原因です。過去の経験の再現をイメージしてしまうからです。

それでは過去の失敗体験を克服するにはどうするのが良いのでしょうか。簡単に言えば成功を経験するということが必要になります。しかし、苦手意識を持っていて覚えられない仕事での成功は難しくなります。

そこで大切になるのは与えられる前に自分のペースで開始して、自分のペースで進めていくということです。これはその仕事を頼まれる前に自分でその仕事を開始して進めるということになります。

苦手意識を持ってしまっている仕事というのは依頼を受けてから開始すると進捗も悪く、失敗に終わる可能性が高くなります。だからこそ自分のタイミングで始め自分のペースで進めることが大切なのです。

自分のタイミング、自分のペースで進めることで失敗のリスクは軽減することができます。結果としては求められる結果を出すことも可能となる場合が出てきます。この成功が重要になると言えます。

失敗が原因となって苦手意識を持っている場合、その仕事や業務が自分でも出来るという実感を持つことが大切です。会社や周りのペースではなく自分のペースで最初の成功を得ることが必要です。

②指示系統

仕事や業務に対しての苦手意識というのが仕事が覚えられない場合の大きな要因となっています。苦手意識の原因となっている要素を解決することで苦手で仕事が覚えられない状況は解決に向かいます。

苦手意識の要素の1つとして挙げられるのが社内や業務に関わる指示系統です。つまり、仕事上の上下関係ということになります。あなたにも苦手なタイプの人というのがいますよね。

会社というのは組織が組まれ、そこには先輩や上司、同僚や後輩といった人間関係が形成されていきます。その人間関係の中にあなた自身とどうしても合わない人、苦手な人が居る場合があります。

それが先輩や上司であった場合に仕事へ取り組むモチベーションというのは著しく低下することになります。人は誰でも少なからずは嫌いな人や合わない人からの指示には反発するものです。

意識的に反発するということとは別に無意識に仕事への集中力がなくなったり、思った程の成果が出せなかったりということが起こります。苦手な人への拒否反応から起こることだと言えます。

当然ながらそのような人間関係の中で取り組む仕事というのは新しい業務が覚えられないというケースも多々生じてくるものです。仕事に集中できない環境がそうさせるということになります。

苦手人からの指示や指導というのは拒否反応が出るものです。子供が担当の先生が変われば成績が変わることがあるのと同じような現象だと言えます。しかし、仕事上の上司は簡単には変わりません。

それでも仕事を覚えないというわけにはいきません。そして覚えるのに時間がかかりすぎるのも問題です。この状況を克服するための対象法というのは意識の持ち方が重要になります。

苦手な人からの指示や指導を必要としない為の行動を取ることがポイントになります。指示については、その対象となる人物からの指示が出る前に自ら先に動き始めるということです。

指導については、自分自身が相手を選んで指導を乞うという事が先手を打つための行動だと言えます。会社という組織は簡単には変更や交代は起こらないというのが通常です。

その中での仕事が覚えられない状況というのはあなた自身の立場をより悪くする可能性があります。自らが相手を選んで指導を受け、そして自らが先に動くことで会社の指示系統と距離をおけます。

苦手な上司との関わり合いを最小限に抑えることができれば仕事の効率や成果への影響も最小限に抑えることが可能になるということです。

③向き不向き

仕事が覚えられないという状況でよく言われることがあります。「人には向きと不向きとがある」という事です。これは仕事に限らず色々な場面において当てはまる事実だと言えます。

「この業務は自分には向いていない」とか「このやり方は自分には不向きだ」といった感情を持ったことのあるという人は少なくはないはずです。その逆の場面に出会ったことのある人も同じです。

「今の仕事は自分に合っている」や「今の環境は自分に向いている」といった状況を経験したという人もいるのです。仕事という面から見るとその状況や環境は自分で選択できるものばかりではありません。

多くの人は与えられた環境で、与えられた役割をこなしていくという形で仕事にのぞんでいます。当然のことながらそれは自分に合っているものばかりだとは言えないということになります。

自分に合っていない、自分に向いていない仕事や業務というのはなかなか頭に入ってこないものです。仕事が覚えられないという状況はこのようにして起こるケースもあります。

この場合の仕事が覚えられないという状況に対処するには不向きな分野としっかりと向き合う必要があります。不向きな分野を自分に向いている分野とするということは現実的ではありません。

自分にとって不向きな分野の仕事を覚えるには得意な分野の仕事を覚えるよりも何倍もの訓練が必要となります。仕事上での訓練とは反復ということになります。実践での訓練にはリスクが伴います。

そこで重要になるのは擬似訓練ということです。経験した仕事や業務を振り返るということです。そして、振り返った結果として改善案をひねり出すという作業が必要となります。

その改善案が多くひねり出せれば出せるほど仕事を覚えるための近道に入っているということになります。克服はできなくても自分のペースで行えば覚えることは可能になります。

仕事をしていく中で、合わない仕事や向かない仕事と出会う機会というのは悩んでいる今だけではなく、今後も発生する可能性が十分にあるものです。対処法を知ることは大切です。

現実には不向きな分野に自ら進んで飛び込むという人は難しいものです。しかし、その仕事を、業務を覚えるということはあなた自身にとっても会社にとってもプラスになります。

難しい現実ではありますが、しっかりと向き合っていくことが重要なのです。

④優先順位

仕事をしていく上で人は無意識に優先順位というものを付けているものです。当然ながら優先順位の高いものほどその人の中で重要な位置づけということになります。重要なことに対しては集中力が高まるものです。

人は集中した状態で何かに取り組むと、その吸収は早くなることが多くなります。子供の頃に一夜漬けの勉強で試験を乗り切る人というのはこの集中力によって吸収しているのです。

逆に考えると優先順位の低い仕事については集中ができず、吸収が遅くなってしまうということになります。それでは仕事の優先順位とはどのような基準で決めるのでしょうか。

人によって多少の違いはありますが、上位層からの指示を受けているものや期限の近い仕事というのは優先順位が高くなります。発生頻度の高い仕事についても同様に優先順位は高くなります。

そう考えると優先順位の低い仕事というのは上位層からの指示によるものでなく、期限も特には設定されていない仕事である場合が多いと考えることができます。重要度を感じない仕事と言えます。

重要度を感じていないと仕事が覚えられないという現象が起こりやすくなります。この対処として仕事の優先順位を変えるという方法もありますが必要度の低いものを無理に上げる必要はないものです。

この場合に必要なことは仕事の優先順位とは別に覚える必要のある仕事の優先順位を考えて設定するということになります。自分自身が覚え方が曖昧な仕事については仕事の優先順位とは別で考える必要があります。

仕事の優先順位とは関係なく自分自身が覚えることができていない仕事というものは覚えることを優先に考えることで仕事が覚えられないという状況から脱することができます。

仕事とは覚える必要があるものです。個人の判断でそこに影響が出るようでは問題です。それぞれの立場や役割において優先順位というのは変わってくるのが当然のことです。

しかし、優先順位とは先にすべき順番をつけるということで、順位の低いものはやらなくて良い仕事ということではないのです。いずれやる仕事であれば早く覚えておくことがプラスになります。

その考え方を持って、いざ取り掛かる時に自分自身を苦しめないようにすることも大切なことになります。

⑤会社に対する不信感

不信感や不安を抱えた状況で何かに取り組んでいる時というのは集中力が欠けて吸収が遅くなるものです。あなた自身やあなたの周りにも会社に対して不信感や不安を抱えている人はいませんか。

その人たちは仕事に対しての吸収や仕事を覚える速度というのはどうでしょうか。多くの場合は決して仕事の吸収に優れているとか仕事を覚える速度が速いなどということはないはずです。

会社に対しての不信感や不安というのは、その場所で行う仕事に対してのモチベーションを大きく下げてしまいます。当然のことですが不信感を持った会社での仕事を前向きにはできないものです。

会社に対しての不信感や不安を持ってしまった場合に、それが原因で仕事が覚えられないという状況になってしまった場合、その状況を克服するための対処法というのはどうすれば良いのでしょう。

不信感を持っている会社を離れ転職をするという方法もあります。会社に対して真意を確かめるために追究するという方法も1つです。しかし一社員の立場では困難なのが現実です。

このような場合に対処する方法としては、社内に明るい話題を見つけるということになります。会社に対して不信感を持っている人というのは会社のイメージが悪いということになります。

そのイメージを完全に払拭してしまうというのは現実的ではありませんが、そんな会社においても良い面や明るい話題というのは必ず存在しているものなのです。それを見つけましょう。

些細なことかもしれません。その事で会社に対する不信感が消えるようなことではないのかもしれません。それでも、「うちの会社にはこんな良い一面がある」と思えるということが大切です。

「こんな会社でも取引先からは必要にされている」や「こんな会社だけど、プライドをもって働いている社員が居る」等といったことでも良いのです。悪い面だけではないことを知るということです。

そのことによって少しずつでも仕事への意識を前向きに変えていける要素が見つかります。それは仕事へのモチベーションや集中力の改善につながっていく事になります。覚える速度も改善されます。

どんな会社にいても、全ての面において文句なく優れているというような事はないと考えるべきです。どの会社にも良い面もあれば悪い一面もあります。それが通常の状態なのです。

その現実を受け止めておくということも重要です。それでも不信感や不安を持ってしまった場合には社内に明るい話題を探してください。社内での見る視点が変わり仕事への取り組み方が変わります。

まとめ

仕事とはそれぞれの立場や役割において、たくさんの覚えなくてはならない事があります。その中には覚えられないと苦しんだり、悩んだりするような事象や状況もあって当然と言えます。

しかし、会社に属して仕事に望む以上は覚える必要のあることは覚えなくてはなりません。そして、覚えるなら早いほうがあなた自身にとっても会社にとってもプラスになるものです。

様々な原因や要因があって、「仕事が覚えられない」と悩むような状況に陥ることがあるのは誰にでも起こっている、今後も起こることです。解決策というのは見つかるものなのです。

自分自身の今の状況や立場、役割というものをしっかりと理解した上で、「仕事が覚えられない」という状況の抜け出し方を知ることが大切になってきます。

あなた自身の「仕事が覚えられない」という状態になった原因をしっかりと自分自身の中で振り返りながら、その原因に対しての対処法を講じることがとても大切なのです。

そして少しでも多くの項目を、少しでも早く覚えることで自分自身の仕事を少しでも楽しくすることが仕事をしていく上ではとても重要な対処法となると言えるのです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る