新入社員で失敗しない有給取得術3選!

7f41397390c734746c90976dfab86d42_s

新卒社員として社会人生活をスタートしたあなたにも有給の取得資格が発生します。

ただ、新入社員にとって有給をどのようなタイミングで使用していけば良いのかは悩みますよね。

私自身も有給消化についてはタイミングもわからずなかなか取得をためらったものです。

有給とは新入社員であっても取得する権利を持っています。
とは言っても、あなたを含めてすべての従業員は業務を遂行するという義務もあります。

義務を果たした上で有給を取得するための注意点をまとめてみました。

①自分の仕事を残さない

有給消化というのは権利はありますが、
業務への影響を考慮して取得するという条件があります。

つまり、あなたが有給で休むことによって仕事に出る影響は最小限にしなくてはいけません。

その為に大切なことは、日々の業務において仕事を残さない、繰り越さないということです。

休む当日のフォローについてはお願いすることで、
先輩を始め同僚や上司が行ってくれるはずです。

ただ、お願いするうえで繰越ややり残しの仕事というのは相手の心象が良くありません。
有給を取得しやすい環境を自ら作るためにも仕事を残さないことは大切です。

②早めの申請で重複を避ける

有給を取得するのはあなただけではありません。
すべての従業員に同じように権利が与えられています。

予定があって有給を取得したい場合は、
わかり次第早めに申請して許可をもらうことが大切です。

周りの先輩や同僚と日程が重ならないようにする為にも、
これは非常に重要なことになります。

どれだけ事前に準備をしたとしても、
やはり少なからずのフォローをしてもらうことが必要になるものです。

その人たちの準備もあるので、早めに申請して、
関係する人たちには早めに連絡をしておくことが大切です。

また、先に申請をすることで誰かが休むから取りづらいという事もなくなります。
複数人が同時に休むとなると仕事への影響も出てきます。

取りたい時に有給を使用するには先に申請をしておくことがポイントです。

③周囲の有給時にはフォローをする

あなたが有給休暇を取る時には誰かがあなたのフォローをしなくてはなりません。

有給は新入社員に関わらずすべての従業員が取得するものなので、
フォローを受けることはお互い様になります。

そこで重要なことはあなた自身も誰かの有給消化の日には、
フォローをする必要があるということです。

新入社員であるあなたにはできるフォローは限られてきますよね。
だからこそ出来るフォローをしっかりと行うことが大切になるのです。

出来ないことをフォローのために要求されることはないと思いますが、
フォローの為に新しい仕事を覚えるという事は発生します。

それも前向きに捉えて成長につなげましょう。
その事で自分自身が有給を取得する際のフォローをお願いしやすくなります。

まとめ

有給消化というのは権利でありながら、現実は消化するには色々と気を使うものです。

それでも権利を行使することは悪いことではありません。
しっかりと自分に課せられている義務を果たした上で上手に有給を消化してください。

あなたを含めた新入社員をはじめ、
少しでも多くの人が有給を消化できると会社は働きやすい職場となっていきます。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る