新入社員を指導する上で大切な3つのポイント

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s

新入社員の指導をすることになったあなたは何に注意したらよいのか、
どのくらい厳しくしたらよいのか等等の、いろいろな疑問や不安を持っていますよね。

甘やかしすぎるのもダメで、厳しすぎると続かないかもしれないという葛藤は私も経験したことがあります。

そこで新入社員の指導にあたる時に注意するべき点をいくつか整理してみました。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①与える仕事の量

まずは、新入社員に与える仕事の量には注意が必要です。

あなたの新入社員の頃を思い出してみてください。
あまりにも与えられる仕事が少ないと手が余ってしまいます。

逆に仕事量が多すぎると忙しさと時間に追われるプレッシャーで仕事が苦痛になります。

新入社員というのは誰かの指導や助言がなければ、
1人でできる仕事と言うのは限られています。

そんな新入社員が手を余すことなく、
過度の負担を感じない仕事量を見極めるのがあなたの役割になります。

②個人業務と連携業務

新入社員を指導する立場にあるあなたは当然知っていますよね。

会社の仕事の中には個人で完結する仕事と、
周囲の上司や先輩や同僚と仕事が繋がっている連携を必要とする仕事とがあります。

新入社員の多くはまずは自分で行う仕事を覚える必要があります。

これは他の周囲と連携するためにも、
自分自身で仕事を消化出来るだけの能力が必要になるからです。

ただ、あなたのように指導する立場の人は必ず頭に置いておく必要があります。

新入社員のうちから周囲との連携が仕事では大切だということを教えておくべきだということを。

個人業務だけを覚えて、どれだけ仕事量をこなせても周囲との連携する業務ができなくては、会社の中では十分な仕事をこなすことは出来ないということを教えてあげるのは指導役のあなたの役割です。

③任せてみる

新入社員もある程度の期間が経過すると、
社会人としての責任感を持ってもらわなくてはなりません。

これは後に先輩となる新入社員にとってはとても重要なことで、
必ず通らなくてはならない道だからです。

その為に必要なことは仕事を任せてみるという事です。

まずは、自己完結型の仕事を任せてみることが大切です。

その時にあなたが注意することは、
過度なプレッシャーとならない期日を設定するということです。

期日内に終わる進み方をしているかどうかを、
確認しながら助言するのがあなたの役割です。

期日内に終わらせなくてはならない仕事を任せることで、
その仕事を成し遂げる達成感と責任感を身につけてもらいましょう。

まとめ

新入社員とは会社にとっては希望の星であると同時に、
非常に脆い存在でもあります。

あなたのような指導する側の立場の人の接し方は重要になります。

あなた自身が新入社員であった頃のことを思い出しながら、
新入社員の指導をすることが大切です。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る