新入社員で退職を考えたときの注意点7つ

b6e2dc8412e00f8470a914a7b71667ed_s

せっかく入社したのにもう会社を辞めたい・・・

これは決して珍しくない事ではなく、むしろ、新卒・新入社員にはよくある事です。

会社を辞めたくなる周期として、よく、「3日、3週間、3ヶ月、3年」と言われます。新入社員にあたるのは、この中の3日、3週間、3ヶ月でしょう。

それぞれのタイミングで辞めたくなる理由が出てくるという事です。

つまり、新入社員の間は、3日、3週間、3ヶ月という短い期間で辞めたくなるのは、珍しい事ではありません。逆に、この考え方でいけば、入社後3ヶ月続けば、その後の3年は続く可能性は高くなります。

入社から3年後と言えば、新卒・新入社員は卒業し、中堅社員に向かって成長している段階です。このことから、新入社員にとって入社後の3ヶ月は、このまま続けるのか、違う道へ進むのか、決断する大切な岐路と言えます。

もちろん退職して新たな可能性に向かうことは、決して悪い事ではありません。ただ、その人の状況によって、リスクとメリットがあります。

悩んだ時に道を誤らないように、新入社員で退職を考えたときの注意点として、次の7つについて考えてみましょう。

①新入社員がぶつかる壁

新入社員の入社後3年以内での離職率は高くなっています。

これは辞めたくなる原因以前に、先行きが不透明な世の中で、若い世代では転職に対する抵抗感が少なくなっている事も影響しているでしょう。

退職という決断は、決して悪いことではありません。

しかし、人によっては退職後、転職を繰り返してしまい、キャリアアップに繋がらず、理想の仕事から遠ざかってしまう場合もあります。

では、この差は何でしょう。

人は自分の姿を客観的に見れないものです。新入社員であれば当たり前である事を、特別な事だと思ってしまう事があります。

例えば・・・

  • 挨拶、身だしなみ、言葉遣いなど、社会人としてのマナー
  • 報告、連絡、相談、名刺の渡し方、電話応対、客先での作法など、基本的なビジネスマナー
  • 仕事の手順や社内規程など、その会社で決められているルール
  • これらは、業種や会社が違っても、新入社員であれば必ず身につけなければならない事です。これらが原因で仕事を辞めてしまうと、転職しても同じところで躓く可能性があるため、注意が必要です。

    また、新入社員で気をつけたいのは、自分の能力を高く評価し過ぎる事。つまり、自分の能力を過信し過ぎる事です。

    特に新卒の場合、勉強やスポーツ、サークルなどで活躍したり、成果を挙げた人など、成功体験がある人は特に注意が必要です。

    自分の能力を過信し過ぎてしまうと、初歩的な指導や、自分がイメージしていた仕事よりもレベルが低い仕事を依頼された時に、不満を感じやすくなります。

    社会や会社には、今までと違ったルールがあるという事を理解しましょう。

    自分は万能ではない事、人の能力の評価は自分自身では無く、周りが決めるという謙虚な気持ちが無ければ、新しい環境に適応するのは難しくなります。

    自分の能力を過信し過ぎてしまうのも、新入社員が壁にぶつかりやすくなる原因の一つです。

    新入社員で退職を考えたときには、まずその原因が「新入社員なら誰もが経験する壁」なのかどうか。退職後、別の会社に転職した時に、また同じ事を繰り返さないだろうか。

    しっかりと考えた方が良いでしょう。

    ②仕事を辞めたい理由1.理想と現実のギャップ

    会社を選ぶ理由は人それぞれです。

    憧れの業界、やりたい職種、仕事内容、会社のイメージが良い、給料が良い、休暇や旅行などの福利厚生が良い・・・。どんな理由であれ、入社前はその会社でいきいきと働く自分の姿を想像するでしょう。

    特に初めて社会に出る新卒者は、その期待も大きくなります。

    しかし、実際に入社してみると「想像していた仕事ではない」「イメージと違う」と感じる事も多いでしょう。当たり前ですが、どんな職種でも未経験者が実務を覚えるまでには、それなりの時間が必要です。

    また、経験者であっても、その会社のルールを覚える必要があります。

    それに加えて、新卒者は社会人としてのマナーや基本的なビジネスマナーなど、仕事の基礎を覚える必要があります。自分はできていると思っている事も、実はできていない、身についていない事は多くあるものです。

    仕事を辞めたいと思った時、今の自分はどの位置にいるのか、客観的に振り返ってみましょう。

    入社後、会社の悪いところが見えてくる場合があります。

    常に残業をしている、会社の愚痴をよく言う、楽しそうに仕事をしていないなど、周りの先輩や上司の姿を見て、自分の将来に不安を覚える事もあるかもしれません。

    また、入社前に聞いていた処遇と違う、と感じる事もあるかもしれません。

    そんな時に大切なのは、それらは改善の見込みがあるのか、また、自分の努力で直せる可能性があるのか、ということです。

    会社の方針、組織、風土はどうか、法令に違反しているかどうかを、しっかりと見極めましょう。法令に違反している、俗に言うブラック企業など、転職を決断した方が良い場合もあります。

    ③仕事を辞めたい理由2.人間関係

    新入社員が退職を考える原因として、多く挙げられるのは職場の人間関係です。しかし、これは新入社員だけではありません。

    既存の社員、ベテラン、幹部でも人間関係で悩み、退職する人は多いものです。同僚、先輩、上司、取引先など、職場にはいろいろな人間関係があります。

    人と一緒に仕事をする限り、人間関係は常にあります。

    新入社員の場合、慣れない環境に入っていくのですから、緊張するのは当たり前ですし、本来の自分を出せないものです。そして、受け入れる側も、どういう人が入ってきたのか興味津々です。

    そこで大切なのは第一印象です。

    明るく挨拶ができているか、表情は暗くないか、返事は気持ち良いか、立ち振る舞いは颯爽としているか。そこまでいかなくても、相手に好感を持たれるような態度で日々を過ごしているか。

    それにより受け入れ方は変わってきます。

    新入社員で人間関係が原因で退職を考えたとき、入社当初、そして現在に至るまでの自分自身の姿を振り返ってみましょう。もし、自分自身に落ち度がある事に気づけたのなら、それは自分自身を変えるチャンスになります。

    人には合う、合わないがありますので、どうしても苦手な人ができる場合があります。しかし、これは誰でも同じです。

    これを克服するコツとしては、その人の良いところ見つける事です。

    誰でも一つや二つ、必ず良いところがあります。そして、仕事として割り切れるかどうか。人間関係を上手く乗り切る事も仕事の一つだと考えて、ドライに対応する事も大切です。

    いずれにしても、人間関係は転職しても続く問題であり、自分なりの解決方法を探る事が大切です。

    ④仕事を辞めたい本当の理由は何か

    新入社員で退職を考える主な理由として、「理想と現実のギャップ」、「人間関係」を挙げましたが、他にも様々な理由があります。

    仕事を辞めたい時は、既にその会社に魅力を感じなくなっています。

    そのため、仕事を辞めたい理由を聞かれたら、一つだけじゃなく、次から次へと理由が浮かんで来るものです。

    そこで注意したいのは、仕事を辞めたい本当の理由は何か、はっきりさせるという事です。

    なぜなら、その理由によっては、退職を考え直す事ができます。また、退職を決断した場合も、その後の選択が変わってきます。

    例えば「やりたい仕事ができない」という理由の場合。まずは、自分のやりたい仕事とは何か、それに対して今はどうか、具体的に説明できるくらい明確にします。

    その上で、配置転換の可能性はないか、今はできないのなら将来的にはどうか、上司に相談する事で、解決策が見つかるかもしれません。

    退職を決断した時も、改めて専門分野の勉強をするのか、希望に近い仕事を探すのか、よりやりたい仕事に近づく選択ができます。

    何となく辞めたい、とにかく辞めたい、といった漠然とした状態で退職すると、同じような転職を繰り返す可能性があります。

    そこで、お勧めしたいのは、友人、同僚、先輩、上司など、人に相談する事です。
    できれば複数の人に相談できると、それぞれの立場で答えが違い、気づきが増えるでしょう。

    何より、人に話すことで、自分自身の考えが整理できます。

    じっくり話す事で、自分でもはっきりしていなかった「仕事を辞めたい本当の理由」が見えてくるかもしれません。

    ⑤仕事を辞める事のリスク

    新入社員で退職を考えたとき、まず浮かぶのは仕事を辞める事のリスクではないでしょうか。

    仕事を辞める事の主なリスクとしては次の事があります。

  • 転職した場合、今よりも条件が悪くなる
  • 就職先が決まらず、無職の期間が続く
  • 無職の期間はローンが組めないなど、社会的信用が下がる
  • 転職の回数が増えると、就職活動時の印象が悪くなる
  • もう一度、就職活動が必要
  • では、この中で就職活動について考えてみます。

    誰でも今の会社に入社するまでに、就職活動を行っています。

    特に新卒の就職活動では、長い時間と手間をかけて悩み抜いた結果、その会社を選択したのではないでしょうか。

    中途採用でも、前職での経験やキャリアを少しでも生かせるように一生懸命考えた結果、その会社を選択したのではないでしょうか。

    景気が悪い時期であれば、就職先が少なく、何とか就職できたという人もいるでしょう。いずれにしても、就職活動には大変な労力が必要です。

    仕事を辞めたいと考えている時、特に思いつめている時は、その就職活動の苦労を忘れてしまいがちです。

    新入社員で退職を考えたときは、改めて、その時の苦労を思い出してみましょう。

    もう一度就職活動を行う大変さと、今の会社に就職が決まった時の喜び、当時の意欲を思い出して、考えが変わるかもしれません。

    仕事を辞める事のリスクをしっかり考える事は、それに備える事に繋がります。
    また、仕事を辞める事のリスクをクリアできれば、退職の決断がしやすいと言えます。

    ⑥今の仕事を続けるためには

    ここまでは、新入社員で退職を考えたときの注意点として、仕事を辞めたい理由やリスクについて考えてきました。

    しっかりと考えた結果、今の仕事を続けるという選択もあります。

    ここで大切なのは、仕事を辞めたい理由は、すぐに解決しない場合があるという事です。つまり、今の仕事を続ける為には、仕事を辞めたい理由と上手く付き合う必要があります。

    しかし、これは単純に我慢するという事ではありません。

    新入社員のあなたは、まだその仕事の経験が浅く、本当の意味で、その仕事の苦労や魅力を知らないと思った方が良いでしょう。

    また、新卒のあなたは、社会経験や仕事の経験が少なく、仕事の悩みに対して客観的な判断ができていないかもしれません。

    そこで、今の仕事を続けるために、次の事を心がけると良いでしょう。

    時間が経てば状況は変わる

    石の上にも3年といいます。何事も3年の経験を積まなければ、物事を習得できないという例えです。仕事でも3年の経験がなければ、本当の意味で仕事の楽しさや仕事のやりがいを実感する事はできません。

    新入社員の期間は下積みの期間です。その下積みの期間をどう過ごすかで、その後の仕事が変わります。

    3年後、あなたは新入社員ではありません。今とは違う視点で物事を見ることができているはずです。今は感じる事ができてない仕事の楽しさや苦労、仕事のやりがいを、3年後のあなたは感じている事でしょう。

    ⑦仕事を辞める時の心構え

    考え抜いた結果、それでも仕事を辞めることを選択した時には、次の心構えが必要です。

    退職を前向きにとらえること

    悩み抜いて決断したら、あとは気持ちを切り替えることです。将来に希望を持てない環境で我慢し続ける事は、決して良い事ではありません。

    特に、精神的、肉体的にダメージを受けているのであれば、自分の身を守ることが先決です。

    後ろ向きな気持ちでは物事は好転しません。未来には希望がある。自分の決断を信じて、前向きな気持ちで次の選択をしてください。

    必ず経験を生かすこと

    人生に無駄な事は一つもありません。たとえ新入社員という短い期間で退職しても、その経験は決して無駄ではありません。

    その会社で学んだこと、仕事を辞めたいと悩んだこと、決断したこと、辛い経験も含めて、必ず将来の役に立ちます。

    この経験を必ず生かすという強い気持ちを持ち、次に進む事が大切です。

    立つ鳥跡を濁さず

    会社との出会いも縁です。

    新入社員という短い期間であっても、その会社にお世話になった事には違いありません。どのような理由で仕事を辞めたとしても、それはあなたにとって貴重な経験です。

    貴重な経験をさせてもらったという感謝の気持ちを持つことです。退職の手続きや引継ぎなど、これまでの感謝の気持ちを忘れずに、丁寧に行いましょう。

    まとめ

    新入社員で退職を考えたとき、気をつけなければならないこと。それは、新入社員であるあなたは、経験が少なく、判断を誤りやすいという事です。

    この事を謙虚に受け止めて、できるだけ自分自身を客観的に見つめましょう。

    仕事を辞めたいと思うときは、感情的になりやすいものです。そんな時は、一時的な感情に流されないで、冷静になるように心がけて下さい。

    • 同じ仕事を続ける決断をすること。
    • 退職を決断して新たな可能性に向かうこと。
    • リスト3

    どちらが自分自身の将来にとって最良の選択なのか、徹底的に悩み、考え抜いてください。このこと自体が、あなたの将来にとって貴重な経験になるでしょう。

    トピック!

    精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

    辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

    やりたい仕事を簡単に見つける方法
     

    関連記事

    コメント

    • トラックバックは利用できません。

    • コメント (0)

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

      仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

      精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

    ピックアップ記事!

    1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
      現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
    2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
      会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
    3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
    ページ上部へ戻る