新入社員で仕事を失敗したときの3つの対処法

8cb3b5f98951ea07f30902679eabccb9_s

新卒のあなたにとって失敗することは恐怖であり不安の種ですよね。

人間は誰でも怒られるのは嫌なもので、
失敗はその原因となるので避けたいことなのは当然です。

私自身も新入社員の時代は失敗を恐れることで、
臆病になったり消極的になったりしていた時期もありました。

そんな経験者だからこそ言えることがあります。
失敗したほうが覚えるのが早くなるという事です。

新入社員というのは失敗を経験して成長していくものです。
失敗をマイナスではなくプラスに変えていくために必要な考え方をまとめてみました。

①失敗は積極的に

新入社員の時期というのは当然、仕事への自信などありませんよね。

仕事を与えられると慎重にミスのないように、
その与えられた仕事を進めていくものです。

疑問は質問し、分からなければ確認し失敗しないように取り組みます。

それは当然のことで大切なことです。
それでも失敗は発生してしまうものですよね。

大切なのは自信を持って失敗するという事です。

「こう思ってこうしました」「前回より早くしようと思って」など、前向きな理由のある失敗はあなたを必ず成長させてくれます。

逆に「怒られないように慎重になりすぎて時間に間に合わない」「わからないから後に回して忘れていた」などといった消極的な失敗は、あなたを更に臆病に不安にさせてしまいます。

人間誰しも失敗はするものです。
だからこそ積極的な失敗をするように仕事に取り組むことが大切です。

②失敗をアピールする

「そんな事する人いるはずない」そう思いますよね。

アピールするというのは「私はこんな失敗をしました」と公表することではありません。
失敗を隠そうとしないという事です。

新入社員というのは失敗を自分だけで解決できないことが多いので、
失敗に対する恐怖感というのは他の先輩たちに比べて大きくなるものです。

失敗というのはバレなければ大丈夫というものではありません。

失敗を隠さずに公表することで解決策を覚えることができるのです。
だから失敗はしっかりと公表(アピール)しましょう。

その事で怒られても一時的なもので、解決策を覚えることはその先ずっと役に立つことなので、間違いなく成長したと言うことになります。

③失敗談を伝える

これも先ほどのアピールと近い考え方ですが、その効果は違ってきます。
自分自身の失敗というのは広まらない方が良いと考えるのは当然のことです。

ただし、新入社員の間は違う考え方をしてみましょう。

同期の新入社員や別の会社の友人に、
自分の失敗談をどんどん話をすることをおすすめします。

その理由は話すことで、あなた自身の中でその失敗を忘れることなく理解できるということです。

例えば、「こんな失敗して、先輩がこうして解決してくれた」という事を何度も話をしていると、失敗した内容も先輩がしてくれた解決策も忘れずに頭に入るのです。

失敗を話することは通常は恥ずかしいことかもしれませんが、その事で自分の中に1つの経験が刻まれることになり、成長の1歩を刻むことになるのです。

まとめ

失敗は出来ればしたくない、もし失敗したら極力広まって欲しくない。

そう考える人が多いのが当然ですが、
考え方を少し変えると失敗に対する恐怖心が少し和らぐはずです。

新入社員であるあなたも当然、失敗は嫌なはずです。

それでも失敗を重ねて成長するのが社会人です。

新入社員の間に沢山の失敗を経験することで、
後輩が出来た時にあなたの経験が役に立つことになるのです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る