泣くほど仕事に行きたくないときの対処法

cadb36a8c35429c5462ccfba8f685f4a_s

仕事をしてると泣くほど仕事に行きたくないときってありますよね。

私も仕事に行きたくなくて泣いていた時期があるので、あなたの気持ちがよくわかります。

そこで泣くほど仕事に行きたくないときの対処法について、私の経験を踏まえてアドバイスしたいと思います。

①泣くほど嫌な事の原因を考えてみる

泣くほど仕事に行きたくないときは、まずはその原因を考えてみましょう。

あなたが泣くほど仕事が嫌で会社に行きたくないのには、何かしら原因があるはずです。

しかし時間が経つとその原因がうやむやになって、結局はすべてが嫌になってしまうこともあります。

私の場合は人間関係と仕事のミスによって仕事が嫌になり、会社に行きたくなくて泣いていました。

泣きながらも会社では普通の態度で仕事をしていましたが、ある時ちょっとしたきっかけで突然社内で泣いてしまったことがあります。

原因とは全く違ったことでしたが、嫌なことや不安なことがあると、すべてに対して嫌だと感じてしまいます。

ストレスが溜まってしまうと、情緒不安定になってしまいますよね。

あなたもきっと泣くほど仕事に行きたくないという時には、いろいろなことが嫌に思えてきているはずです。

まずはあなたが泣くほど嫌だということについて、しっかりと考えてみましょう。

②原因を追究して解決できることか考える

あなたにとって会社に行くのが泣くほど辛い原因が分かれば、それを自分で解決できることか考えてみます。

仕事で泣くほど嫌なことは、仕事自体のことか人間関係が多いでしょう。

私の場合は人間関係が辛くて、会社に行くのが辛いと感じていました。

私は上司との関係が悪く、毎日怒られていたことが原因です。

職場では素直に謝って仕事をしていましたが、理不尽なことでも謝ったりしていたので、悔しい気持ちが多かったです。

それを思い出すと会社に行くのが泣くほど辛く感じます。

私はできるだけ目立たないようにして、仕事も人並みにこなしていましたが、それでも怒られることに納得できませんでした。

私にとっては自分だけで解決できなかったので、さらに上の上司に相談をしたりして解決しましたが、あなたも泣くほど辛いことがあったら、それをどうやって解決するか考えましょう。

あなた一人では難しくても、仲間や上司に相談を知れば解決できるかもしれません。

相談をするためにも、辛いことを具体的に考えておくことが大切です。

③仕事に対して何を重視しているか考える

あなたが仕事をする時に、何を重視して働いているか考えてみましょう。

仕事に行くのが泣くほど嫌なら、大抵の人は転職すればいいと考えるかもしれません。

しかしあなたがもし何か踏み出せないとすれば、仕事に対して重視していることがあるのかもしれません。

生活するために給料のいい仕事、仕事のやりがい、チームワーク、会社の大きさや将来性など、仕事をする上で重視することはたくさんあります。

あなたにとって泣くほど辛いことがあっても、それより重視することがあれば、どちらを選択するかはあなた次第です。

私にとって重視することは仕事のやりがいでした。仕事のやりがいや重視することは、人によって様々ですよね。

その人にしか分からないことなので、あなた自身で重視していることを考えましょう。

後は辛いことと天秤にかけて、どちらを重視するかを考えるだけです。

もしも泣くほど辛いことに耐えられないと思えば、すぐに転職することを考えられますし、重視していることがあれば我慢して解決策を探すしかありません。

人の価値観はその人にしか分からないものなので、泣くほど辛い仕事を続けるか、続けるだけの価値がその仕事にあるのかを考えることで答えを出しやすくなります。

④ストレスが溜まっているので少し休みを取る

いろいろと辛いことの原因や解決策を考えてみても、ストレスが溜まっていることは間違いありませんよね。

ストレスは溜まると体調にも悪影響なので、しっかりと発散させることが大切です。

しかし泣くほど仕事に行くのが辛いと感じているときは、かなりのストレスが溜まっていますし、情緒不安定かもしれません。

あなたは自分で大丈夫だと思っていても、精神的や体調面などは不安です。

そこでストレスを発散させるために、有給休暇などを利用して少し長い休みを取ってみてはどうでしょうか。

私は実際に泣くほど仕事に行くのが嫌だったとき、有給休暇を利用して1週間旅行に行きました。

私はその時とにかく会社から離れたかったので、ついでに日本から飛び出してハワイまで旅行に行きました。

日本にいる時とは全く違った日常を味わうことで、仕事でのストレスを一気に発散することができました。

日常から少しでも飛び出すと、日頃の嫌なことやストレスはすぐに発散できますよね。

私はたまたま旅行が趣味だったので海外まで行きましたが、あなたもストレスが溜まっているはずなので、休暇を利用して普段とは違った生活を送ってみてはいかがでしょうか。

山や海に行って自然を感じたり、夜中に普段行かないような街中を探索するだけでも構いません。

あなたにとって仕事のことを一切忘れて、ストレス発散できればそれが一番です。

⑤転職活動をして辞める勇気があるか確認する

泣くほど仕事に行きたくない状態になると、仕事に行くのが辛いので辞めたいと思いますよね。

あなたが泣くほど辛いと感じているなら、無理をしてその会社で働くこともないので、転職活動をするのもひとつの方法です。

あなたが転職活動をしてみて、本当に会社を辞める決意ができたら、転職するのもあなたの自由です。

私の場合は実際に転職活動をしたことによって、新しい職場を見つけることができました。

しかも泣くほど辛いと思いながら仕事をしていたのが、バカらしく思えるほど良い会社へ転職できたので良かったです。

私の場合はたまたまかもしれませんが、泣くほど辛いと思っている会社で仕事をすることもありませんし、働くか辞めるかを決めるのは本人が決める事ですよね。

あなたも転職活動をして他の会社を見てから、実際に転職するかしないかを決めることをおすすめします。

仕事では泣くほど辛いことはたくさんありますが、これはどの仕事でも一緒ですよね。

誰でも辛いことがあっても、それを何とか乗り越えながら仕事をしているものです。

私も転職して良い会社へ就職したからといって、辛いことが無いとは言えません。

むしろ仕事的には辛いことが多くなりましたが、人間関係が良好なので仕事をしようと思えたのです。

仕事は辛いことがあるものですが、それを我慢できるかどうかが問題です。

あなたが泣くほど行きたくない会社よりも、良い会社はたくさんあるはずです。

あなたが実際に転職活動をしてみて、良さそうな会社があれば転職することも考えておきましょう。

泣くほど嫌な会社にしがみつくよりも、あなたに合っている会社がきっと見つかるはずです。

まとめ

以上、泣くほど仕事に行きたくないときの対処法を紹介しましたが、参考になったでしょうか?

私は結局は転職をしましたが、会社を辞める前にもやるべきことはたくさんあると思います。

後で後悔しない為にも、あなたにはじっくりと考えてから行動してもらいたいと思います。

泣くほど辛い仕事をするよりも、楽しく仕事ができれば言うことはありませんよね。

あなたには対処法を参考にして、楽しく仕事ができる日が来ることを願っています。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    仕事を辞めたい、もう仕事に行きたくない・・・と思っても、まず頭によぎるのが、以下の様な不安で…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る