無能でできる仕事がないとお悩みのあなたへのアドバイス5つ

無能でできる仕事がない。仕事が続かない、なかなか仕事が見つからない、そんな時には自分に自信を無くしてしまい、自分は無能だと考える事もあるでしょう。

しかし、世の中には沢山の仕事があります。

少子高齢化が進む中で、これから更に人手不足が深刻になる事が予想されています。あなたという人材に対する需要は必ずあります。

大切な事は、落ち込んだ気分に流されない事、自信を無くしたまま将来への希望を失わない事です。

そこで、無能でできる仕事がないとお悩みのあなたへのアドバイス5つをご紹介します。

①今までの自分自身を振り返る

転職には様々な理由や背景があります。どのような理由で転職する場合でも、共通して言えるのは、転職は新しい生活のスタートという事です。

今までよりも収入を増やしたい。休みをしっかり取って家族や自分の為に時間を使いたい。もっとやりたい仕事が見つかった。所謂ブラック企業から抜け出したい。リストラなど不本意な理由で退職する事になった。

など、退職理由に関わらず、転職に際しては、今よりも良い生活はもちろん、例え収入が下がったとしても、安定した生活を求めるなど、今よりも生活環境を良くしたいと考えるものです。

就職活動には精神的にも肉体的にもパワーが必要であり、不合格になるとダメージが大きく、それを繰り返すと疲弊してしまい、将来が不安になってきます。

仕事が決まらない期間が長くなると、自分自身の事を「無能」と感じ、自分にはできる仕事はない、自分に向いている仕事はない。そんな風に考えてしまい、悪循環に陥る場合もあります。

そんな時には、仕事が決まらない原因は何か、冷静に考えましょう。

仕事の改善に例えると、ミスが発生したら再発防止策を考えます。再発防止策を考える為には、ミスの原因を明らかにします。

その原因が正しくなければ、再発防止策の効果は無く、同じミスを繰り返します。つまり、仕事の改善で最も大切な事は、真の原因を掴むことです。

これは就職活動でも同じです。何故、仕事が見つからないのか。何故、自分は無能だと感じてしまうくらい自信が持てないのか。その原因を掴むのです。

それを考える上で大切なのは、今までの自分自身をしっかりと振り返ることです。何故なら、過去の行動や選択の積み重ねが現在の自分自身に繋がっているからです。

初めて就職した時や転職した時、なぜその仕事を選んだのか、その仕事によって何を学んだのか、仕事をして気付いた事は何か、嫌だった事は何か、楽しかった事は何か、など、しっかりと振り返りましょう。

頭の中だけでは無く、紙に書き出すと、より整理がしやすいでしょう。

仕事の選び方、人間関係、上司や同僚との相性、仕事の適性、賃金や休日などの条件、職場の環境、など、様々な原因が出てくると思います。

そして、仕事が続かなかった原因は、意外と仕事の能力とは関係の無い事が多いものです。「仕事が続かない」イコール「無能」でなければ、無能でできる仕事が無いと自信を無くす必要はありません。

適性や能力に原因がある場合は、どのような能力が足りなかったのか、何が合わなかったのか、しっかりと掴みましょう。

その上で、その仕事を目指すのであればそれを習得する事を考えます。

自分は無能だと自信を失う事は、就職活動で決してプラスにはなりません。まずは、漠然とした不安や自信の無さを解消する為に、しっかりと自分自身を振り返る、自分自信を知る事から始めましょう。

②自分にはどのような仕事が合っているのか(仕事の適性)を考える

仕事がなかなか決まらない時には、無能でできる仕事がないと悩む事があります。無能という言葉は文字通り「能力が無い」という意味ですが、果たして、そのような人は存在するのでしょうか。

仕事をする上で能力は必要ですが、必ずしも専門的な能力が必要ではありません。誰にでもできるような簡単な作業を正確に行う仕事もあります。

この場合、大切なのは正確に作業を行う事です。

その為には、集中力が必要であり、その集中力を保つためには、体力や気力が必要です。この集中力や体力、気力も仕事をする上での能力と言えるでしょう。

ただし、これらの能力を発揮する為には、動機が必要です。つまり、能力と同じように大切な事は、その仕事が自分の性格に合っているか、やりがいを見いだせるかという事です。

何故なら、人間は感情に左右される生き物です。性格に合わない事、嫌いな事を無理して続ける事はできません。

例え、仕事だから我慢すると言っても、精神的な負担が大きければ続ける事は難しいでしょう。

仕事を行う上で「能力」と同様に、またはそれ以上に大切な事は、その仕事に対する「興味」、「意欲」、「楽しいと感じる」、「やりがいを感じる」といった動機であり、やりたいという気持ちです。

つまり、やりたい事や好きな事、興味を感じている事であれば、精神的な負担は少なくなり、やりがいを感じやすくなります。

また、仕事上で難しい局面や大変な場面に遭遇しても、自分のやりたい事、好きな事であれば、それを乗り越える努力をするものです。

そこで、まずは、「自分のやりたい事」、「やってみたい事」、「好きな事」、「自分の性格に合っている事」を挙げてみましょう。

自分のやりたい事や、やってみたい事が思い浮かばない場合は、仕事に関わらず、興味のある事、楽しいと感じる事を考えて、そこからそれに関する仕事な何か、発想を広げていくのも良いでしょう。

自分の性格に合っている事については、まずは自分の性格を理解しなければなりません。

その場合は、第三者に自分の性格や印象について聞いてみると良いでしょう。思わぬ気づきが得られるかもしれません。

また、仕事そのものでは無く、人間関係や職場の環境が良ければ、仕事が続く事もあります。どのような状態であれば居心地が良いと感じるのか、落ち着いた気分で過ごせるのか、を考える事も大切です。

無能でできる仕事がないと悩む前に、どのような仕事なら、どのような環境なら、どのような条件なら、やりたいと感じるのか、仕事が続けられるのかを考えてみましょう。

それが掴めると、仕事探しの大きなヒントになります。

③仕事探しの視野を広げる

世の中には沢山の仕事があります。そんな事は当たり前だと思うかもしれませんが、自分の周囲を見渡すと、様々な仕事がある事に気付くはずです。

しかし、仕事がないと悩んでいる時は、精神的にも追い詰められ、焦りや疲れもあり、視野が狭くなりやすいものです。また、自分は無能だと自信を無くしている時には、余計に視野が狭くなるものです。

そんな時には、視野を広げる努力をしてみましょう。

いつもと違う職種や業種で仕事を探す、全く興味の無い分野、自分には無理だと諦めていた職種や業界、企業の求人情報を見てみると良いでしょう。

正社員の求人だけでなく、アルバイトや非正規社員の求人でも、社員登用制度など、将来的に社員になる道が用意されている仕事もあります。

企業の人事部門の目線では、非正規社員から社員に登用する場合、一定期間、仕事の適性や人間性を確認した上で社員に採用できる事がメリットになります。

同じように、求職者においても、一生懸命に頑張れる仕事なのか、将来を託すことができる仕事、会社なのか、正社員になる前に見極める事ができます。それにより、より定着率を高める事ができるでしょう。

仕事探しにおいては、人と仕事の話をする事もお勧めです。

仕事の楽しさや苦労、やりがいは、実際に働いてみないとわかりません。どんな仕事でも、そこでやりがいを感じて頑張っている人はいます。

友人や先輩、後輩、親類など、周囲の人に、どのような仕事をして、どこにやりがいを感じているのかを聞くことで、新たな気づきが得られる可能性があります。

また、仕事での失敗や苦労話を聞く事で、仕事に対する不安や自分自身の悩みを解消するヒントを得られる事もあります。

自分は無能だ、できる仕事がないと考えてしまうと、仕事探しの視野を狭くしてしまい、余計に仕事が見つからなくなります。つまり、自分に自信を無くす事で悪循環に陥ってしまうのです。

世の中には無能な人はいません。どんな人でも必ず活躍する場があるものです。

自分に自信を持って、仕事探しの視野を広げてみましょう。

④有能になる努力をする

無能でできる仕事がないと悩んだとき、それを直接解決する方法は、能力を身に付ける事です。つまり、有能になる努力をするのです。

自分は無能だからと諦めてしまう、無能を受け入れてしまうと、それ以上に能力は上がりません。どんな人にも有能になるチャンスはあります。大切なのは、能力を身に付けようとする姿勢と行動力です。

仕事に必要な能力としては、まず、その仕事を行う上での技術や技能が挙げられます。

また、業種や職種に関わらず、どのような仕事をする上でも必要になるビジネスマナーも能力の一つです。

技術や技能については、資格を取得したり、職業訓練を受ける事で得る事ができます。専門学校や通信教育、公共の職業訓練など、学ぶ方法はいくつもあります。

特に公共の職業訓練は無料で利用でき、失業保険の給付を受けながら学べる為、是非、活用しましょう。また、職業訓練学校でも求人情報が得られる場合もあり、そこから仕事が見つかる可能性もあります。

他には、職人など、一定期間、その仕事を経験する事で身につける方法もあります。

将来の目標を立て、その技術や技能を身につける為の修行を目的に、仕事を選ぶのも良いでしょう。

技術や技能の他には、ビジネスマナーも仕事に必要な能力です。これは、挨拶や名刺交換など、新入社員が教育を受ける基本的なビジネスマナーや、報告・連絡・相談といったコミュニケーション力などがあります。

特にコミュニケーション力はどのような仕事をする上でも必要になり、特別な技術や技能が無くても、コミュニケーション力があれば仕事が上手く進むケースは多くあります。

人見知りや性格的に人と接するのが苦手な人でも、コミュニケーション力を上げる事は可能ですし、それを身につけるためのセミナーや書籍など、学習方法はいくつもあります。

無能でできる仕事がないと悩んだり、自分に自信を失うと、ますます仕事から遠ざかります。

無能だと感じたら、能力を身につければ良いのです。能力が身に付けばそれが自信に繋がりますし、就活の武器になります。

自分に自信があれば、前向きに仕事探しに取り組む事ができます。採用する側も、自信が無くて消極的な人よりも、自信を持って前向きにアピールする人材に魅力を感じるものです。

⑤アルバイトや非正規社員の仕事をしてみる

退職後、仕事が決まらない期間が長くなると、日々の生活や将来に不安を抱くものです。なかなか仕事がみつからない、やりたい仕事があり、応募してみたが受からない。

そのような事を繰り返すうちに、自分は無能であり、自分にできる仕事は無いのではないか。と、考えてしまいます。

それにより自信を失い、将来への不安が更に大きくなっていきます。

そんな時は、アルバイトや派遣社員など、非正規社員での仕事をしてみましょう。正社員になりたいのに、仕事探しの時間が少なくなり、就職への道が遠のくように思えるかもしれません。

しかし、仕事をしない生活が、焦りや不安を大きくする事もあるのです。例え失業保険を受給したり、貯金などで金銭的に余裕がある場合でも同じです。

仕事をしていないという事が、精神的に満たされない、落ち着かない気持ちにさせる原因になる事もあります。

まずはどんな仕事でも良いので、仕事をしてみましょう。

本当にやりたい仕事が見つかるまでの一時的な仕事だと思えば、仕事に対するこだわりも薄れて、仕事の選択肢も広がるでしょう。

まずは継なぎの仕事をしながら、ゆっくりと仕事を探す、じっくりと将来について考える、今よりも少し力を抜いてみましょう。

無能であれば、仕事はできません。仕事をするという事は、その仕事をする能力があるという事です。どんな仕事であっても、仕事ができるという事は、その人の能力の証明なのです。

アルバイトや非正規社員での仕事が例え自分の求めている仕事では無くても、仕事をする事そのものが、能力がある証であり、自分自身に自信を取り戻すきっかけになります。

また、アルバイトや非正規社員での経験が、仕事のやりがいや自分の適性を発見する機会になる場合もあります。

人生にはどこに出会いやチャンスがあるのか解りません。

仕事がみつからないと悩むよりも、まずはやれる事をやってみる。悩んだ時や、壁にぶつかった時には、立ち止まらず、動く事、環境を変えてみる事も大切です。

まとめ

無能でできる仕事がないと悩んだときのアドバイス5つに共通しているのは、自分の自信を取り戻すという事です。

自分の事を無能だと考えてしまうと、自分に自信を持つことはできません。

自分に自信がない人は、自然と負のオーラが出てしまい、初対面の人にもネガティブな印象を持たれてしまいます。

企業の採用担当の多くは、ネガティブな人ではなく、ポジティブな人を求めています。つまり、就職活動は前向きな姿勢で臨まなければ成功しないでしょう。

自分自身を無能だと考えてはいけません。誰にでも必ず能力はありますし、活躍できる場はあります。自分の能力や可能性を信じて前向きに取り組む事で、悩みから抜け出しましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る