中間管理職に求められる5つの役割とは?!

9d2a267c906373f65d8ad3bb638638c9_s

あなたは中間管理職になってどのくらい経ちますか?

管理職といっても会社によって求められる事や厳しさも異なると思います。

たまたま部下が良い人材であれば良いですが、
悪い人材の場合は余計な労力を費やさなければなりません。

また取り持つ人数が増えれば増えるほど気苦労が増えるものです。

ここでは最低限「これだけはやっとけ!」的な役割を紹介したいと思います。

会社が求める中間管理職とは?

会社が中間管理職に求めることは、ただ単に「与えられたポジションの仕事をこなすと言うだけでなく、積極的に「自分でやるべきことを見つけ出す」という経営側の姿勢が基本になります。

中々サラリーマンでそこまでの感覚を持つことは難しいかもしれませんが、自分のやったことにおいて会社の業績が上がればもちろん対価にも繋がりますし、モチベーション維持にもなります。

まずは会社側とのよいリレーションを築くことが肝心です。

流れとしては、自分に与えられた管理部門において仕事の分担をします。
誰に何させるのかを明確にし、そのスパンの目標達成するように組込み、仕事を流します。

日が経つにつれ、業務における課題や問題点が出てくると思いますので、その解決策を考える。

中間管理職には、こうした「ソリューション型」の判断を持つことが求められます。

部下が「思うような仕事ができない」、とか「ミスが多い」などの実情があったとしても何かしらの「原因」があるのでそれを放置するのではなく、改善してあげられる能力を持った人が真の管理職と言えます。

しかし「真の管理職」になるためには、意識の強化だけでは十分ではありません。
組織をまとめ上で強力な「武器」となるものを身につける必要があります。

常日頃経営側に居ると思い、周囲にアンテナを張り、良いものをどんどん吸収し、真似てみて、自らの業務の中に取り入れ組織として拡大することで強い「武器」を身につけましょう!

ではこの「武器」を身につける5つの役割を紹介しましょう!

①課の目標を立てて管理する

まず課の業績目標を立て管理することが管理職の大事な仕事のひとつです。

管理職には課の業績を上げる様に管理する事が求められます。
営業部など数字に直結する課では特に重要になります。

総務課や経理課などの間接部門であっても課の成果の管理を任される事は勿論あります。

一定のスパンで課の目標を立て、部下を鼓舞する。業績が悪い場合は原因を解決したり課の社員をフォローしたりするのが課長の役目となります。

部長などその上の管理職でも勿論業績管理をすることになりますが、課長の場合は、自分がまとめる課に限定した視点で業績を管理することとなります。

まず課の業績目標を立て管理することが課長の大事な仕事のひとつです。
他の課と比較して自分の課との違いを見てみる事が大切です。

②人材を育成する

人材育成は課長として特に重視される仕事です。

人材育成の基本的なプランは経営側に近い人間が立てることが多いと思いますが、
それを基に人材育成するのは、一番近い課長となります。

具体的には、目標や育成計画の管理、定期面談でフォローアップ、部下の能力開発や評価なども行います。

そのためには自分の教育スキルが必要になりますので、
セミナーなどに参加して自分を磨くのも課長の仕事のひとつとなります。

③部下の責任をとる

部下が何かミスを起こしたら責任を持つのも課長の役割です。

部下が問題を起こしたり、上手く成果が上がらず会社に悪影響を及ぼすなどの責任は、当人だけでなく「管理者」がしっかりしていないからと会社側は判断し責任を取らされます。親みたいですね。

もちろんそうなる前の過程としてトラブル発生時には、
部下の担当するクライアントに出向き火消しをするのが第一です。

④人材採用や異動時には退職の対応も

大きな企業ですと採用活動は人事部や採用が行いますが、中小企業ですと人材採用も直接その部署で行いますのでそこで任されるのは課長になります。

また大きな企業でも、企業説明会や選考面接では課長が出向く場合が多く、
採用活動が盛んな時期には忙しくなります。

異動や退職時の対応も課長の役割となります。

部下の異動の面談や手続きのフォロー、退職するという部下に対して、
まず最初に面談し悩みを聞いたりするのも課長の役目です。

最終的にはその上の部長、人事部へと役割は流れていきますが、
まず最初の対応をするのは課長の仕事になります。

⑤コミュニケーションを図り課を取り仕切る

課長は課の中心であり、雰囲気を作るのも課長の大事な役目です。

定期的にミーティングを開いたり、飲み会や社外活動でコミュニケーションなどを展開し皆が働きやすい環境を整えることが必要です。

また、他の課と交流したり情報交換したりなどして、
社内で自分の課の立ち位置を良くするのも課長の役目であり手腕が問われます。

まとめ

このように中間管理職の役割は多く大変な職業です。

上と下の板挟みになるのが辛く、部下には強靭な態度を見せる管理職が多いですがあれは自己防衛なんです。

攻撃して自己防衛するよりも自分が努力して部下と一緒に乗り切る方が会社や自分たちにとって良いと思いますね。

無数にある会社の中でたまたま同じ会社で一緒に仕事しているというのは何かの「縁」だと思います。その折角の縁を大切にしたいですね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る