就活の面接でのテクニック3つ

01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_s

面接は人によって程度の差こそありますが、緊張しますので満足できる面接で終わることはほとんどないですね。

言いたいことを言えなかったり、失言したり、緊張していて覚えていたことを思い出せなかったり、後悔することのほうが多いと思います。

特に面接が苦手で緊張して失敗する人は、面接に対する認識を考え直してみてはいかがでしょうか。

それは、面接で成功してポイントを上げようと考えずに、面接では失敗しないようにすることに徹することを考えることだと思います。

私も就活や昇格試験などでの面接を経験し、失敗も幾度となくしました。また、ある程度の年数が経ってからは、面接官として面接を行った経験もあります。

緊張するしないはあなたの先天的な資質ですので、努力しても勉強しても改善するものではありませんね。しかし、就活の面接の予備知識と、面接への取り組み方の事前認識があれば、失敗するのを防ぐことはできます。

今回は私の経験の中で得られた知識に基づいて、失敗しないための面接のテクニックを紹介したいと思います。

大手企業のような面接に何人も応募するような会社では、面接が一次面接、二次面接、三次(最終)面接と3段階ありますね。

このような会社ではそれぞれの面接の段階で、その主旨が異なる役割になっています。したがってあなたは、それぞれの面接に沿った質問を想定し、それぞれの面接に沿った回答をすることを心がけましょう。

①一次面接の役割とそれを乗り切るテクニック

一次面接は基本的に、会社が求める基準値に満たない人物を落とす面接です。面接官は比較的に若く、人事や教育関係の部署の担当者が中心で、他部署の人がいても課長クラスまでです。

この面接での面接官は1~3人程度で、面接の質問の内容もそれほと突っ込んだ内容はありません。

社会人としての基本的な常識、知識、言葉使い、態度などが面接の質問では中心になり、それほど緊張したり慌てる必要はありません。したがって回答の仕方も、一般的な概ねマニュアルに沿った回答を準備しておけば、失敗はしないと思います。

注意しなければならない質問は、第1志望はどこなのか?本気度はどれくらいなのか?に対しての回答ぐらいのものですね。

この質問に対しての正しい回答は、「もちろん第1志望です。他の会社も受けますが、採用通知がきたら即・就職活動を中止します」になります。

やってはいけないことは、あなたとそれほど年代も変わらない若い面接官が、「私も3年前の新入社員です」。とか言って、本音を聞こうと友達言葉で話してきますので、それに乗ってしゃべり過ぎないことです。

②二次面接の役割とそれを乗り切るテクニック

二次面接は、基準値を満たした人物の中から、我が社にとって必要なキラリ!と光る人材を発掘する面接です。面接官は各部署の部長や本部長クラスが中心となり、人事・教育の部署はサポートにまわります。

この面接は面接官が3~5人程度で、難易度は一番高いと思ってください。面接官は第一線のバリバリ!の社会人です。

人生経験も、実戦経験も、専門知識も、すべてにおいてあなたより優れていますので、回答でのごまかしはしないでください。中途半端な回答をしたり中途半端な知識を話すと、どんどんそこを突いた質問をしてきますよ。

今のあなたの立場だと、知らないことや分からないことがあっても当然で、肝心なのはそれをこれから習得しようとする向上心を持っているかです。

質問には「聞かれたことを簡潔に、結論が最初でその理由はその後で」の原則で回答してください。面接を受ける人が複数の場合は、他の人の回答も聞いていないと、「今の回答に対してのあなたの意見は?」と聞かれる場合があります。

自分の回答のことだけを考えていると、思わぬところで失敗しますので、他の人の意見もよく聞いておく必要がありますね。

ここでの面接官個人の採点基準は、あなたのような人材が我が部署に必要か?ですが、面接官チーフの意見が合否を左右する場合もあります。

面接官チーフはだいたい前面中央に座っていますので、その人の質門に対する回答には細心の注意を払ってください。他の会社の面接などでポイントが高かった回答は、できるだけその面接官チーフの回答のときにしたいものですね。

③三次(最終)面接の役割とそれを乗り切るテクニック

三次面接は、第一線の幹部社員が選抜した概ね合格点の人材を、そのまま採用していいのかの確認面接です。

面接官は役員クラスから会社によっては社長も出席する場合があります。ここでの面接会場は役員室などになり、今までの面接と雰囲気がかなり変わってきます。

質問の内容は、それほどシビアな内容の質問はこないと思います。

一次や二次面接と違って、実務的な質問よりはもっと大きな「夢」や「ロマン」に近い話しが多くなります。

できるだけ日本経済や業界情報、その会社の企業情報などの予備知識を準備しておいてください。また聞かれたことだけを短時間でまとめて、核心のみを回答することに徹してください。

やってはいけないことは、余分なことをダラダラ!と言って、最後にようやく結論を話すことです。

経営層は時間にシビアですから、不必要なことで時間をつぶすのを非常に嫌います。余分なことを言って、あなた自身で墓穴をほらないように注意してください。

ここでは、採用通知(内定通知)を出した場合のあなたの対応を聞かれる場合がありますね。その場合は「ありがたくお受けいたします」が模範回答になります。

また、希望以外の職種や実家以外のエリアでの勤務についての、確認質問もありますね。その場合は「希望の職種やエリアはありますが、どんな職種でもエリアでも採用して頂ければ頑張ります」が模範回答になります。

まとめ

以上のように、面接にはいろんな役割があることを理解して頂けたと思います。

それぞれの面接の意味を良く理解し、事前の対策と心の準備をしておくと、失敗することのリスクは低下すると思います。

トピック!

就活!1番最初にやるべきこととは?

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る