必見!成功する管理職の3つの心得

8f248480d652b20b1d92f244744b95fb_s

管理職で日々悩んでいませんか?

管理職には「強制型」「協調型」「調整型」などの色々なタイプの人がいます。
それぞれのタイプによってはその管理職の心得も変わってくるものです。

実は、そうしたすべてのタイプに共通する管理職の心得があり、
それをベースに考える事で成功への道が開けるのです。

管理職という立場で悩んでいるあなたのために3つの「心得」をご紹介いたします。

①判断力を身に付ける

マネージメントでまず大切なのが判断力です。
部下をうまく操る為には個々の部下の性格を見抜かなければなりません。

  • 褒めて伸びるタイプなのか?
  • 煽って伸びるタイプなのか?
  • アドバイスを細かく言った方がうまくいくのか?
  • ヒントを与えてやれば自分で良い案を見出すのか?など。
  • 最終的には自分がまとめる「組織」の成果が問われるので、
    あなたは臨機応変に変化ができなければなりません。

    まさに「カメレオン」になることが大切です。

    そうすることで個々の能力を最大限に引出し、
    実績の向上、安定につながります。

    ②環境を整備する

    環境とは色々なタイプの部下達が、安心して働ける状況を用意することです。
    特にネガティブ思考の部下は、失敗を恐れ仕事が消極的になりがちです。

    そうした部下には「何かあったら俺が責任とるから任せろ」ぐらいの事を言って、
    安心して仕事をできる「言葉」が大切です。

    ネガティブな人は慎重なので、その言葉を言われても突拍子のない事はしないはずですし、
    その「言葉」を聞いた事で安心してあなたに相談がしやすくなるのです。

    それが最大の効果と言えます。

    ③叱り上手になる

    褒め上手の人は結構たくさんいますよね?

    「褒める」というのは、言う側、言われる側共に嫌な気分にならないからです。

    一方「叱る」というのは言われた方が「負」の気持ちになり、
    言う方も人によっては嫌な気持ちになると思います。

    その時は部下に教えて上げましょう。

    あなた
    「怒る」と言う意味は、お前のミスに対し感情をぶつけているだけなんだ。でも今お前にしていることは「叱る」なんだ。叱るとはお前のミスを今後しないように直してあげたい気持ちがあるから言っているのだ。だから怒っている訳ではない。

    管理職であれば部下のミスはつきもの。

    それをうまく立ち回るのがあなたの器量が重要です。
    うまく「叱ってあげて」今後のミスの確率を下げましょう。

    まとめ

    管理職とはあくまでも会社から与えられた立場であって、
    一般的に呼ばれている単なる「呼称」です。

    しかし「管理職=辛い」が先行してマイナスイメージばかりです。
    (ドラマとかの影響も大きいですよね)

    ですが、冷静に考え、部下は同じチームの仲間であり、
    経験が豊富なあなたがリーダーになるのは必然です。

    上や下を意識するのではなくスポーツで言うキャプテンみたいな考え方で、
    チームを引っ張っていくのが望ましいですよね!

    トピック!

    精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

    辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

    やりたい仕事を簡単に見つける方法
     

    関連記事

    コメント

    • トラックバックは利用できません。

    • コメント (0)

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

      仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

      精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

    ピックアップ記事!

    1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
      現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
    2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
      会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
    3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
    ページ上部へ戻る