常識?非常識?管理職の残業代って請求できるの?

f8ea3c108c8118491e6a32cf1d3eba6d_s

昇進おめでとうございます!今日から管理職ですね。給料も上がって奥さんから褒められますね!

なんて話があるかは置いといて、
管理職に昇給したら給料がドーンと上がったと言う人はもちろんいると思います。

ですが、下がったって人なんていないですよね?

・・・
・・・
・・・居るんです。実際に私がそうでした。。。

私は、中小企業の営業職なのですが、昇給し5名の部下を持つことになりました。

しかし、今まで(主任職)の時は残業代や実績給がついていたのですが、
課長に昇進したらその手当がつかなくなりました。

もちろん、基本給、役職手当は上がりましたが、手当の多くのウエイトを占める「残業代」がつかなくなったことで手取りが減ってしまったのです。

・・・・。

平たくすると会社から、課長という名札をもらって喜んでつけたけど、もうお前は会社側の人間なんだから手当つかなくても我慢しろ、部下の面倒みろ、部下がミスしたらお前のせいだぞ!と都合の良い事ばかりを押し付けられた形です。

こんな名札要らない。と外したいくらいです。

しかし、昨今のブラック企業問題などで騒がれているように、
会社側の都合を押し付けられ泣き寝入りしていなきゃいけないのでしょうか?

管理職の残業代はつかないものなのでしょうか?
少し、冷静に考えてみましょう。

残業とは?

「所定労働時間」を超えて行われる労働のことをいいます。

所定労働時間とは雇用契約上、労働者が始業時刻から終業時刻までの通常勤務することが義務づけている基本的な労働時間のことをいいます。

よって所定労働時間は会社によってまちまちです。
これに似た用語で「法定労働時間」という言葉があります。

法定労働時間とは労基法第32条で定められている労働時間の上限のことをいい、
1週40時間1日8時間を原則としています。

したがって法定労働時間は原則として各社同じです。

労基法では、原則として法定労働時間を上回る労働時間を設定することは禁止しているので、通常所定労働時間は法定労働時間と同じか、これを下回ったものとなります。

その結果、所定労働時間が法定労働時間を下回った場合には、同じ残業でも法定労働時間内で収まる残業とそうでない残業の2種類の残業が生じます。

前者「法内残業」といい後者を「法外残業」といいます。

例えば1日の所定労働時間が7時間の会社で3時間の残業が行われた場合、法定労働時間の8時間に達するまでの1時間は法内残業となり、それ以降の2時間は法外残業となります。それにより残業代の割増率が異なります。

この「残業」に対して支払われる賃金を「残業代」といいます。

ということは、請求できるじゃん!と思いきや、労働基準法を見てみると、
「管理監督者」には残業代を支払わなくても良い事になっております。

あなた
あ~、じゃあ諦めるか~

でも、ちょっと待ってください。実は「管理職」と「管理監督者」は全くの別物なのです。

管理監督者とは?

☆経営者と同等の立場で重要な職務を熟している。☆
⇒普通の課長クラスの管理職はそんなことありませんよね?

☆重要な責任と権限を持っている☆
⇒部下の管理は任されますが、重要な権限はありませんよね?

☆勤務時間を自由に決められる☆
⇒???全く該当しませんよね?

という事はあなたは「管理職」であって「管理監督者」ではないのでは?

としたら立派に残業代が請求できるのです!
良かったですね・・・。でも、微妙?ですよね。

まとめ

会社相手に賃金について個人で争うとなると、
勇気と覚悟が必要なのが現状だと思います。

もし会社と抗争になればその後の自分の立場や昇進にも影響を及ぼす可能性があります。

結局サラリーマンであり、雇い側、雇われ側では前者に有利が事が多々あります。

会社を辞める時などに訴訟を起こすのは有効だと思いますが、
その後も会社に残る前提であれば一度専門家に相談ほうが得策かもしれませんね!

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る