バイトがだるいときの対処法5つ

220f11a7d9945619f7463b99ae42752d_s

誰でも仕事をしていてその日の気分や体の調子によってやる気が起きないことってありますよね。私はほとんどだるいなと思ってバイトをしていた時期もありました。

バイトだからといってサボる訳にはいきませんが、あなたもそんな思いをしたことがあるはずです。そんな時に使えるバイトがだるいときの対処法5つを紹介しましょう。

①今できることからやってみる

なんだか気分が乗らなかったりすると、すごくだるく感じて仕事のやる気が無くなってくることってありますよね。

それでも自分の仕事をしなければバイト代は貰えないですし、他の人やお客さんにも迷惑をかけてしまいますよね。

だるいながらもなんとか仕事をしていけば、少しはやる気スイッチに火がつくかもしれません。簡単な作業やできる仕事からやってみると、意外とその流れで仕事ができてしまうことがよくありました。

私もどうしてもだるくてバイトをしたくないと思った時には、少しずつでもできることからやっていました。

もちろんダラダラ仕事をしていたら怒られるので、見つからないように隠れながら仕事をしたりして、自分ができることからやっていましたよ。

だんだん体が慣れてくるとだるさも無くなってきて、本来のやる気モードになったりするので、とりあえずはやってみるようにしていました。

あなたもバイトでだるいときを経験していると思いますが、いずれはやらなければならないので、だったら少しずつでもやっていけばいずれはやる気になるかもしれませんよ。

気分が乗らなければやる気も起きないので、だるいときにはそれなりの仕事をして、やる気になってから仕事をすればいいと思います。

初めから全力スタートよりもスロースターターだと思えば、気も楽になるでしょう。

②新しいことに挑戦してみる

だるいと感じるときには、自分がやったことのないことに挑戦してみるのもいいでしょう。人間は毎回同じことをしていると、段々と脳が退屈になれてしまってパフォーマンスも低下してしまうことがあります。

常に刺激を与えておくと、脳が活性化されるのでやる気スイッチが入りやすくなるのです。私はだるいと思ったときには、その仕事をしないで全く違う仕事をするようにしていました。

労働作業ならば事務作業をするなど、違う仕事をすることで頭をリセットしていましたし、だんだんと慣れてくるとその流れで仕事がはかどったりしていました。

あなたも同じ作業ばかりをしているのでだるさを感じているのかもしれません。特にバイトは単純作業が多いですし、毎日同じ仕事をするのでだるくなりがちでしょう。

たまには違う仕事をしてみて頭をリフレッシュしてみると、意外とだるさもなくなって仕事に身が入るかもしれません。

③バイト後の楽しみを考えてみよう

仕事をしている人はみんな大変でも、仕事だから仕方なくやっていますよね。あなたもバイトが楽しくてやっていることもあると思いますが、結局はお金を稼ぐ為にやっているはずです。

バイトをだるくてもやっているのは、やらなければバイト代がもらえないからだるくても働いているのです。

結局はみんなだるくてもやらなければならないので、やっているという感じでしょう。なにか楽しみがあればバイトも頑張れるかもしれません。

私の楽しみはバイトが終わってから、みんなで飲みに行くことでした。

週に1回バイト終わりにみんなで集まって、飲みに行くことが楽しみで働いていましたよ。その日は上司や社員はいないでバイト仲間だけで飲むので、本当に楽しく飲むことができました。

バイトの愚痴や上司の悪口も言っていましたし、みんなでその後飲み歩いたりするのが楽しみで働いていたといっても過言ではありません。

普段あまりしゃべらない人とも話ができましたし、年齢差がある人でも仲良くなりました。バイト後の楽しみは人それぞれですが、やっぱり楽しみがなければ何事も頑張ることはできませんよね。

バイト後にデートするのが楽しみだったり、ビデオを観るのが好きだったり、ゲームも楽しいでしょう。

自分なりの楽しみをバイトが終わったら思いっきり楽しめると思えば、だるいときでも頑張って仕事をすることができるようになるでしょう。

④休憩をとりながら作業をしてみる

だるいときには生産性やパフォーマンスも低下しているので、いくらやっても作業が進まないことがあるでしょう。

バイトの始まりには特にだるいと思うことが多いものですが、バイトが終わるにつれてだるさも無くなっているはずです。

体が慣れてくるとだんだんとだるさは解消されていくものですが、やる気になるまでには人によっても時間差はあります。

そんな時には思い切って休憩してみましょう。

やる気が無かったりだるいときには休憩をして、少し落ち着いてから仕事に向かうと良いかもしれません。

私もよくだるいときには休憩をいつもより早くもらったりしていましたし、その分後からしっかり働いていたので上司も理解してくれていました。

あなたも毎日同じようにやる気を持ってバイトをしていると思いますが、たまにだるい時があるはずです。

そんな時には無理をしないで休憩してみてはどうでしょうか。

一度そういった普段ではしないような方法をしてみて、その後パフォーマンスが戻れば試してみる価値はあると思いますよ。

⑤思い切って休む

誰にでも体調不良や病気をして休むことはありますが、無理をしてでも働かなければならないのが現実ですよね。

バイトも同じですが、正社員とは違って少しは大目に見てもらえることがあるでしょう。もちろんずる休みなどはいけませんが、もしだるくて仕事の効率が著しく悪くなるようでしたら、みんなに迷惑をかけることにもなるので休んでみてはどうでしょうか。

もちろん休む理由やだるいから休みますは通用しませんが、体調が優れないといえば考慮してもらえるでしょうし、実際に体調が優れないのでやる気が起きないのかもしれません。

あなたも一度だるいときには思い切って休んでみてはどうでしょうか。

たまには気分転換も必要ですし、リフレッシュ後にはパフォーマンスが著しく上昇することも良くあることです。

だるいのは毎日あなたが知らぬ間に溜まったストレスが原因かもしれません。リフレッシュすることでそのストレスも無くなり、だるさも一気に無くなるかもしれませんよ。

私はだるいと思ったときにはまとめて休みをとるようにしていました。

自分が好きなことをすれば気分も良くなるので、だるいと思ったら2日間はどこか旅行に行って1日は家でゴロゴロしていましたよ。

ずっとだるいと思いながらいつまでもバイトをしていてもつまらないですし、バイト自体がつまらなく思えてきてしまいます。

バイトや仕事は楽しくても、調子ややる気が起きなくてだるいとも考えられるので、そこは自分がしっかりと気分転換をして一新させることが大切です。

私は3日間の休みをもらってリフレッシュしましたが、その後はしっかりと気分良く働くことができました。

自分なりの気分転換方法があると思うので思い切って休みをとって、気分を一新してからまたバイトを頑張ってみてはどうでしょうか。

まとめ

バイトがだるいと感じるときは誰にでもありますが、それでも働かなければならないのが現実ですよね。

私は自分なりの気分転換方法でだるい気分を吹き飛ばしましたが、あなたも自分にあった気分転換でだるいときを乗り越えていきましょう。

バイトがだるいときの対処法5つを紹介しましたが、自分にあった方法でぜひだるいときを乗り切って頑張って仕事をしましょう。

トピック!

バイトを辞めたいときはとにかくこれをしなきゃまずい
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る