新人ですが上司から仕事を丸投げされるので辞めたいです。どうしたらいいでしょうか?

新人なのに上司から仕事を丸投げされるということもありますよね。ベテランならともかく、まだ新人の段階で仕事を丸投げされるというのは、かなりきついものがあります。

「もう、仕事を辞めたい」という気持ちになるのも無理はありません。

そんな仕事の悩みを抱えているあなたへ、3つのことをお話ししたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

①遠慮しないで上司に質問する

新人というのは、まだ、職場に馴れていませんから、職場の人に遠慮があるに違いありません。特に上司には遠慮があって、なかなか積極的に話しかけられないものですよね。

けれど、上司から丸投げされた仕事について、わからないことやあいまいな点がある場合、それをそのままにしておいたのでは、仕事を進めることはできません。

任された仕事をあなたが正しく行うことは、セクションにとっても好ましいことです。セクションの責任者である上司にとっても、きちんとした仕事の成果物をあなたがあげることは、大きなメリットに違いありませんよね。

ですから、上司から丸投げされた仕事に関する不明点があるなら、ぜひ、積極的に上司に聞きましょう。

新人の部下に仕事を丸投げにするような上司なのですから、こちらから質問をするといやな顔をされるかもしれません。

しかし、だからと言って不明点を聞かないまま仕事をすると、間違った結果を生んでしまうこともありますよね。

それは、あなたにとっても上司にとっても好ましいことではないでしょう。

最初のうちは、上司に質問することは少しハードルが高いように感じられるかもしれませんが、人間、何度もくりかえせば馴れるものです。

また、あなたが何度も仕事の質問をすることによって、上司は丸投げをやめるかもしれません。部下から何度も質問されて、そのつどそれに答えるよりも、最初に仕事のやり方やポイントについてレクチャーし手しまったほうが、上司は楽にちがいありません。

それに気づいた上司は、丸投げすることをやめて、きちんと仕事のレクチャーをするようになるかもしれませんよね。

そんな効果も期待できますので、ぜひ、遠慮しないで、どんどん上司に質問しましょう。

②一人の先輩と親しくなる

「いくら積極的に質問しても、上司はイヤな顔をするだけで、まともに質問に答えてくれない」というケースもあるかもしれません。そんな上司は頼りにできませんよね。

そういう場合は、先輩を頼りにしましょう。新人では、まだ職場の人間関係もうまく作れていないかもしれませんが、ぜひ、頼りにできる先輩を作りましょう。

おすすめしたいのは、ある一人の先輩と親しくなるというやり方です。

新人のあなたにとっては、職場にいる人はみな先輩ですよね。その中から、話しやすい人、とっつきやすい人、やさしそうな人を一人選びましょう。そういうタイプの先輩なら、話しかけても嫌な顔をしないはずです。

そして、親しい関係にもなりやすいに違いありません。

一人の先輩とそういう関係になれたら、困ったときはその先輩に相談すればいいのです。上司は教えてくれなくても、先輩がその代わりに教えてくれるということもありますよね。

そうすれば、上司から丸投げされた仕事について、わからないこと、あいまいなことがあった場合、その先輩が解決してくれるに違いありません。

場合によっては、仕事を丸投げするような上司よりも、その先輩のほうが仕事についてよくわかっているということもありえますよね。

無能なために新人に仕事を丸投げする上司より、有能な先輩のほうが、あなたにとって有効なアドバイスを期待できるでしょう。

仕事を覚えながら、先輩とも親しくなれるのですから、一石二鳥の方法ではないでしょうか。

③自分を鍛えるチャンスだと考える

新人の時代は、ふつうは上司が仕事について丁寧にレクチャーするものです。そして、少しずつ仕事を覚えていくのが一般的なあり方でしょう。

しかし、上司がやさしくていねいな人だと、かえって仕事をなかなか覚えられないということも少なくないんですよね。

そういう上司に新人が甘えて、積極的に仕事を覚えようという気にならなくなるからです。仕事というものは、一度覚えてしまえばあとは楽です。ですから、できるだけ早く仕事を覚えることが、新人にとって最大のテーマと言っていいでしょう。

仕事を丸投げされれば、上司に甘えることはできません。これまでお話ししてきたように、上司に積極的に質問したり、先輩との良好な人間関係を作ったりといった努力を自分でする必要があるわけですよね。

これはつまり、あなた自身を鍛えることになっているのではないでしょうか。

受け身でいては仕事を覚えられない状況にあるあなたは、上司から仕事を丸投げされることによって、自然に鍛えられているということなんですよ。

「新人時代、上司から仕事を丸投げされたために、積極的に仕事をする習慣が身についた」と、将来思える時が来るかもしれません。ですから、自分を鍛えるチャンスだと考えてみることをお勧めします。

まとめ

最初にも触れましたが、あなたには「今の仕事を辞める」という選択肢もあります。

ただ、辞めてしまえばそれまでですので、その選択をするにしても、その前に上記のようなことを試してみてもいいと思いますよ。参考になさってくだされば幸いです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る