やりたい仕事が見つからないあなたは必見です!

120def697f48ab695e43eff403307195_s

やりたいこと、やりたい仕事はどうやったら見つかるのか?

誰もが、一度は悩むことかもしれません。
私も当然ながら悩みました。

一番悩んだのは、学生時代の就活でしたね。

ただ社会人になり脱サラしたりした今でも、
自分が本当にやりたいことって何なんだろと考えるときがあります。

ですが、やりたいこと、やりたい仕事というのは簡単に見つかるものではありませんよね。

そこで、体験談を元にして、やりたいこと、やりたい仕事に出会える方法をいくつかご紹介したいと思います。

①とにかく、行動すること

茶花さん、24歳、女性、歯科助手

元々の性格が災いしてか職場に慣れることができず、何度か転職を繰り返したものの失敗。

具体的にどの職業に就きたいのか、どの職業が自分に合っているのか分かりませんでした。

闇雲に面接を受け続けるも自分が楽しく働けているビジョンが浮かばず、このままつまらない人生を送るのだと絶望しきっておりました。

そんな時に舞い込んだのが、母が勤めている歯科医院で人手が足りないので、歯科助手として手伝って欲しいという話。

仕事もせずに家にいる生活に苦痛を感じていた私は、考えた末に働かせてもらうことにしました。

これをきっかけとして歯科の仕事を体験することで、私はやりたい仕事に出会えたのです。

最初は他人の口の中を見たり、手袋越しとはいえ触ったりするなんて考えられませんでした。

人の唾液や血液を見るのさえ躊躇していた私を尻目に、黙々と治療を続ける先生に心底感心したものです。

しかし月日が経って慣れてくると、歯科医療の面白さが分かってきました。

虫歯をどのように治療していくのか、入れ歯の作成や修復、歯の生え方など。

歯科について学べば学ぶほど楽しく感じ、あんなに触るのをためらっていた他人の口の中でさえ簡単に触れるようになりました。

今はまだ未熟でできないこともありますが、いずれは先輩方のように手早く完璧に仕事をこなせるように頑張りたいです。

やりたい仕事を見つけるためには、まず経験してみることが大切です。

まずはバイトでもなんでもいいので、様々な職種を経験してみること。

実際に働いてそれが自分に合っているか、やりがいはあるかを確かめることが、やりたい仕事を見つけるために重要だと思います。

茶花さんは、行動することが大切だとおっしゃっていますね

私はサッカーが好きなんですが、
最初からサッカーが好きだったわけではありません

何となく始めたらいつのまにか好きになっていたんです

仕事もその感覚かも知れませんね

②ふとしたきっかけで、やりたい仕事に出会う

フレルさん 36歳 男性 老人福祉施設

私は学校を卒業してからずっと飲食関係の仕事を生業にしてきました。

飲食関係のなかでも、外食産業の中核ファミリーレストラン系の和食屋さんで働いて気ました。

もともと料理が好きで入って、最初は自分が作った料理を子供たちをはじめとして、喜んで食べてくれることに嬉しさ・やりがいを感じたものでした。

しかし飲食業といっても、決まったメニューを決められた通りに作るルーティーンワークとなっていってしまったことや、そしてそこからお客様の喜びも薄れていった感じを受けていき、だんだんその仕事が楽しくなくなったどころか、苦痛になっていきました。

そんなことを思い、自分が本当にやりたいことを真剣に考え始めました。

そんな時に、お店の仕事として訪れた老人ホームへのボランティアで食事を提供するという機会を得ました。

その中で高齢者の方々と触れ合ううちに、こんなに人に喜んでもらえる・やりがいが持てるような仕事があるのだということに気が付きました。

そして、もう一度人生の再出発を誓い、ホームヘルパーの資格を取得して、老人ホームで働くことになりました。

ニュースなどでは、日本の少子高齢化の時代に、必ず介護士不足の時代が来ると言われており、そんなこともあり比較的簡単に就職できました。

最初は高齢者支援に関して戸惑うことが多かったのですが、次第にこれこそが自分が望んでいた仕事であることが解ってきました。

介護はやっぱり大変な仕事の部類に入ると思いますが、前職の飲食業と比較して、体力的には楽であるし、また実際に目の前で喜んでくれる高齢者がいることが、なにより私のやりがいにつながっていっていると思っております。

働き始めて4年たちますが、毎日、仕事が楽しくて仕方がありません。

もちろん、大変なこともありますが、それ以上に自分に与えてくれるものの大きさに気が付く毎日です。

福祉の仕事は大変だと思っている方、もちろん、これは他の仕事にも該当する気持ちではありますが、まずは興味を持ったら飛び込んでみることをお勧めします。

思っているよりも、隣の芝生は青いです。

高齢者福祉の仕事は、この先ますます需要が高まっていくだろうし、人材を求める声は間違いなく大きくなることでしょう。

私の場合をとってもそうですが、意外と福祉業界では、異業種で働いていた人の発想が、支援に役立つことが多く、その点でも私は上司から褒められております。

自分の親をはじめ、自分もいつか通る道であるのだから、自分が実際に働いて、高齢者の居場所をより良くしていくことも、この仕事に就いたものの役割であると考えています。

また高齢者の気持ちが解るということで、年配の方への転職先としても門戸を開いているところが多いので、年齢を気にせずに取り組めると思います。

興味があるなら、「考える前に跳べ」とはよく言ったもので、思ったよりも青々した芝生が生えていることが多いのではないでしょうか。

フレルさんは、ふとしたきっかけからやりたい仕事に出会えたようですね

やっぱり、とりあえず行動することが本当に大切なんだと思います

行動しないことには、ふとしたきっかけにも出会えないわけですからね。
なので、頭で考えるだけでなく、しっかり行動するようにしてください

また、やりたい仕事を見つけても、それで食っていけるかは別問題です。
次の方も、やりたい仕事で食って行けず苦労されたようですね。

③諦めないこと

Tさん、47歳、女性、フリーランス

やりたいことが仕事として成り立っていかないこともあります。

私の場合はそうでした。

若い頃はずっとやりたい仕事を探していました。

ようやくやりたい仕事を見つけても、それだけでは生活していけないことに気が付きました。

その時は愕然としました。

しかし、特にやりたい仕事でなくても、生活の糧を得るために仕事を続けていけば、やりたいことは副業でやっていこうと思いました。

とりあえず、生活の糧を得るためにやった仕事は、肉体労働でした。

数年後、私は身体を壊しました。

しばらく休業を余儀なくされました。

その時に、もう一つのやりたい仕事が見つかりました。

その後はやりたい仕事を現実にしていくために、学校に入って勉強しました。

数年かかりましたが、なんとかその道の仕事に就くことができました。

人間、何が幸いするかわからないものです。

気が付けば続けてやっていた、なんてものが案外やりたかった仕事なのかもしれません。

本人自身が気が付かないでやっているだけかもしれません。

どんなに遠まわりをしても道は繋がっています。

諦めずに自分の道を探し続け、追い続けた方が良いと思います。

今までの道のりが全て、自分のやりたい仕事へ繋がっていくと思います。

自分の道を追い求め、貫き続けていくことが大切だと感じています。

Tさんは、諦めず自分の道を追い求めたようですね

問題は、あなたがどれほど本気でやりたい仕事を見つけたいか?
やりたい仕事で食っていきたいか?です

結局、想いがなければ途中で挫折してしまいます

あなたには本気の覚悟がありますか?
どうでしょか?

トピック!

就活!1番最初にやるべきこととは?

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る