仕事をしたくない時の5つの対処法

b794029c49692a72630dd626568cb8c0_s

仕事をしたくない。

誰もが斯様な“仕事をしたくない病”にかかったことがあるのではないでしょうか。勿論、私もその一人です。しかし現実問題として、多くの人は仕事をして収入を得なければ、生きていくことができません。

仕事をしたくないという一言で仕事から逃れられるほど、現実は甘くないのです。

そこで今回は、仕事をしたくない時に是非試して頂きたい5つの対処法についてお話していきたいと思います。

①仕事をしたくないレベルとはどのくらいのものなのか?

0460c96f2cc6dbb1e141f68afdece560_s

①-1.今すぐ辞めたいというレベル

では5つの対処法について話をする前に、
仕事をしたくないレベルについて見ていきたいと思います。

先ずは、“今すぐ辞めたい”という最も重度のレベルから見ていきましょう。

このレベルは、精神もしくは肉体にも支障がでている非常に危険なレベルと言えます。

現在の仕事に対してマイナスな面しか思い浮かばない。
仕事のことを考えると気分や体調が悪くなる。

斯様な特徴があるのがこのレベルです。

緊急性や危険性が非常に伝わってくると思いませんか?

お察しの通り、このレベルに至った場合は、迅速に対応策を講じなければならないのです。

①-2.面倒くさくてしたくないというレベル

次のレベルは、先程のような緊急性や危険性のあるものとは打って変わって、“面倒くさくてしたくない”というレベルです。

毎朝職場に出勤するのが面倒くさい。職場の人間関係が面倒くさい。

仕事内容云々というよりかは、仕事に行くというアクションそのものや、
人間関係において不満があるというパターンが特徴です。

しかし緊急性や危険性は無いとは言いながらも、仕事に対するモチベーションの更なる低下が懸念される為、こちらについても同様に対処が必要となってくるのです。

①-3.仕事がつまらないのでしたくないというレベル

最後は、“仕事がつまらないのでしたくない”というレベルです。

働くことに対して意欲はあるものの、現状の仕事内容に何らかの不満があるがゆえに、仕事をしたくないという気持ちになってしまっているのです。

単調な作業ばかりで飽きてしまい、つまらない。
自分のやりたい仕事をさせて貰えないのでつまらない。

例としては斯様なものが挙げられます。

このレベルの場合、放っておくと仕事のモチベーション低下だけでなく、
その人のスキルアップチャンスの妨害にもなりかねません。

したがい、こちらについてもやはり対処が必要なのです。

②なぜ仕事をしたくないという気持ちに陥ってしまうのか

c2b7dc69a3ce2b5c1319b6848993f4b9_s

②-1.劣悪な労働環境

仕事をしたくないレベルについて整理をしたところで、
次にそれぞれのレベルに陥ってしまう原因について見ていきたいと思います。

先ずは“今すぐ辞めたい”というレベルに陥ってしまう原因ですが、
最も代表的なものとしては“劣悪な労働環境”が挙げられます。

課せられる仕事量が多すぎる。ノルマが厳しい。
これはほんの一例ですが、斯様なものが主となっています。

私の元職場でも、膨大な仕事量が原因で、
精神的にも肉体的にも危険な状態に陥ってしまった方はおりました。

彼は特に精神的に弱い方でも何でもなく、寧ろ明るく仕事熱心な方であったといえます。

しかし斯様な方であったにも拘わらず、精神も肉体も病んでしまったのです。
彼の例からわかるように、労働環境が与える人への影響は非常に大きいのです。

②-2.通勤手段・時間に問題あり

次に、“面倒くさくてしたくない”というレベルに陥ってしまう原因についてです。

こちらについては、“通勤手段・時間に問題あり”というのが先ず挙げられるでしょう。

勤務先までは満員電車に乗らなければならない。
通勤時間が非常に長くしんどい。

職場に行って帰るだけでも一苦労という状況ですと、
ついつい通勤そのものが面倒に感じてしまいがちですね。

雨等の天候によっては更なる悪化が予想される為、尚更でしょう。

仕事内容や労働環境同様、通勤手段・時間についても仕事をするうえでは重要なものである為、仕事に対するモチベーションへも直結する原因となるのです。

②-3.職場の人間関係が複雑

“面倒くさくてしたくない”レベルに陥るもう一つの原因として、
“職場の人間関係が複雑”であることが挙げられます。

職場内に派閥が存在する。苦手な上司・同僚が存在する。
例としては斯様なものがあります。

仕事内容に関するストレスではなく、職場の人間関係に関するストレスばかりが溜まっているなんてことになっている人は、世の中少なくはないのです。

要は、人が複数名関わることで世の中の多くの仕事が成り立っているからです。

一人だけで全ての仕事が完結できるのであれば、
ぶつかり合う相手もいませんので、斯様な問題にはなりません。

しかしながら仕事の多くは人が複数名関わり合うことで成り立つ為、
この原因が消滅するということは残念ながら難しいと言えるでしょう。

②-4.ルーティーンワーク

続いては“仕事がつまらないのでしたくない”という原因ですが、
これは“ルーティーンワーク”が原因として挙げられます。

毎回毎回同じようなことの繰り返しを行う為、
刺激や新鮮味が無く、結果として飽きてしまうのです。

仕事に対するモチベーションがぐっと下がってしまい、
折角あった仕事への熱意も薄れてしまうのです。

仕事のモチベーションが上がらない原因と対処法

業界、職種問わず、どんな仕事にも“ルーティーンワーク”は存在します。

全部が全部新しい内容の仕事なのではなく、定期的に繰り返し行わなければならない仕事もあるのです。

しかしそれでもやはり同じことの繰り返しは単調作業でつまらなくなってくるのも事実。

非常に困った問題なのです。

②-5.人事・組織運営上の問題

“仕事がつまらないのでしたくない”というレベルにはもう一つの原因が存在します。

それは、“人事・組織運営上の問題”ということです。

要は、希望部署や希望する業務内容があるものの、人事・組織運営側に自身の希望が通らない為、結果として現在の仕事がつまらないものとなっているのです。

組織の一員として企業で働いていると、どうしても人事・組織運営上、自身の希望通りにならないことが多いです。

現在の組織形態で上手く運営がなされているのであれば尚更ですね。

幾ら手を上げても希望が叶わない、そして自身のスキルアップのチャンスを逃してしまうなんてことは日常茶飯事とも言えるのです。

③具体的な5つの対処法

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s

③-1.転職を視野に入れてみる

仕事をしたくないと感じてしまう原因を整理したところで、
いよいよ具体的な5つの対処法についてお話していきたいと思います。

先ずは、劣悪な労働環境が原因で今すぐ辞めたいレベルに陥っているケースへの対処法です。

対処法としては、“転職を視野に入れてみる”というアクションが効果的です。
誤解しないで頂きたいのですが、あくまで転職が正解と言っているわけではありません。

今すぐ辞めたいという状態になってしまうと、どうしてもマイナス思考や且つ目の前のことばかりに目がいきがちです。

ゆえに視野を広げる為にも、一度現職だけでなく外の世界にも目を向けて欲しいのです。
具体的には、転職サイトへの登録や転職イベントに参加してみる等。

他企業、他業種で働く友人と会って彼らの話を聞くのも良いですね。

斯様な形で今の自分の状況と比較をすることで、今後の仕事に対する選択肢を広げることができるでしょう。

また人事等に相談や改善要求をする際にも、独自で調査・比較検討した結果は十分活用できます。

と言いますのも、相談や改善要求をするにも、客観的な立場からの意見や他社の実態を説明できなければ、ついつい感情的な訴え方になりがちだからです。

仮に労働環境が改善できたとしても、相談や改善要求の場での訴え方や態度等に問題があれば、後々社内で肩身の狭い思いをしてしまう可能性が十分あり得ます。

あいつはヒステリックだ、オーバーな奴だなんてレッテル貼られたくないですよね?

しかしながら嫌な思いをした人が泣きを見る結果となってしまうことは、
残念ながら現実問題として存在しているのです。

したがい、転職するにしろ、現職の環境改善を要求するにしろ、
自身の視野を広げ冷静にさせてくれるこの対処法は非常に有効なのです。

③-2.引っ越しを検討してみる

続いて、通勤手段・時間の問題から面倒くさくて仕事をしたくなくなっているケースへの対処法です。

本件への対処法はずばり、“引っ越しを検討してみる”です。

引っ越しだなんてそう簡単に言うな!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、至って大真面目です。

ほとんどの方は一週間のうち5日以上は職場へ出勤することになる為、
職場と住居の距離・時間は非常に大切な問題なはずだからです。

それにこの引っ越しですが、別に、必ずしも職場の近くに引っ越しをせよとは言っておりません。通勤手段・時間が自身にとって最も気持ちの良いものとなるように住居を決定することがベストと思っております。

私の友人を例に挙げましょう。

彼女は都心にある職場で勤務をしていた際、比較的アクセスのし易い都内に住んでいました。

電車の乗換や通勤時間には特に問題は無かったものの、如何せん電車の混み具合が酷く、
毎回毎回通勤の度にストレスが溜まっていました。

そこで彼女は都内では無く郊外の町に引っ越しをすることを決意。

通勤時間は以前よりも長くはなるものの、行きも帰りも座って通勤ができるという快適さや、住居の周辺環境の心地よさに惹かれ引っ越したのです。

結果、通勤に対する面倒くささやストレスは激減。

元々自身の仕事内容に関しては全く不満が無かった為、通勤へのストレスがなくなったことで、更に仕事へのモチベーションがUPしたとのことでした。

一概に引っ越しと聞くと費用や手間の問題だけで避けてしまいがちですが、働いている以上かなりのウェイトを占める部分ゆえ、引っ越しは決して間違いではないのです。

③-3.相手の立場に立った行動を取る

職場の複雑な人間関係が面倒くさくて仕事をしたくないというケースの場合、
“相手の立場に立った行動を取る”ことを心掛けると効果的です。

自分にとってその相手が苦手であればあるほど、この対処法は非常に効果的です。

要は相手から信頼を勝ち取り、自然とその相手を自分の味方になるようにしてしまえば良いのです。

例えば私が苦手なAさんに仕事を依頼しなければならなくなったとします。Aさんは非常に忙しい人なので、ストレートにお願いすると嫌な顔をされてもおかしくありません。

そこで私は、“Aさんは一体どんな形で仕事を依頼されれば快諾してくれるか”について考え、一番煩雑な部分は私の方である程度処理し、Aさんには残りだけを依頼しました。

結果、Aさんは煩雑な部分は既に処理済みであった為に快諾。
嫌な顔ひとつせず実行してくれました。

これでは私が面倒な仕事をしているばかりではないかと思うかもしれませんが、あくまでこれはAさんとの関係づくりの為の基盤です。

地道ではありますが、相手から信頼を勝ち取る為には、少しずつ相手に歩み寄るアクションをとらなければ実現は不可能なのです。

まさに急がば回れではありますが、相手に配慮し、相手の立場に立った行動を取り続けることで、面倒な人間関係に振り回されることは減らすことができます。

そして困った時はいつでも相手を味方につけられるというメリットまで得られますよ。

自分の味方が増えれば増えるほど、困った時にはいつでも誰かしらが助けてくれる為、仕事をしたくないなんてことも自ずと激減させることができるのです。

③-4.更に効率的な方法がないか考えてみる

ルーティーンワークに飽き飽きし、つまらないので仕事したくないというケースには、
“更に効率的な方法がないか考えてみる”ようにしてみましょう。

要は同じことの繰り返しが、飽きやつまらなさを助長させています。

ゆえに従来の方法よりも更に効率的な方法がないかを模索し、
やり方を変えることは非常に効果的と言えるのです。

そのルーティーンワークの内容が、煩雑でストレスフルなものであれば尚更です。

簡素化・効率化が図れないかどうかを検討し、そしてそれを実践することでかなり軽減できると思いますよ。

また簡素化・効率化を検討するに当たり、自身の力ではどうにもならないことであれば同僚・上司に提案・相談するのも手です。

誰だって必要最小労力で処理できれば最高と考えています。

損益やコスト管理等を任されている管理職や経営層であれば、更に関心のあることです。

現状と改善策を提案した結果、自身の案が採用されたり業務改善がなされたりすれば、仕事をしたくないという気持ちから一転、更に仕事に対して熱意が生まれることでしょう。

③-5.客観的に自身を考察してみる

最後は、人事・組織運営上の問題から希望通りの仕事ができずつまらない思いをしているケースに対する対処法です。

これについては、“客観的に自身を考察してみる”ことを強くおすすめします。

ついつい感情的になってしまいがちですが、冷静に考えれば、今自分が希望通りのポジションや職種に就けないでいるのには必ず人事・組織側に考えがあるわけですよね。

もし自身の希望ポジションや職種が本当に自身にとっての適材適所であれば、
人事・組織側は恐らく100%既に配置転換を済ませているでしょう。

配置転換をしていないのには、自身の能力に不足があるか、もしくは現在のポジションこそが適正と判断しているかといった理由があるのです。

ただただ感情的に○○のポジションに就きたいだの、□□がやりたいだの主張しても、人事・組織側を納得させられる理由がなければ絶対に希望は叶えられません。

したがい、自分自身の能力や性格等を客観的に考察し、何故現在このようになっているのかを、自分なりに答えを出してみて欲しいのです。

そのうえで、現状をどうするかアクションを取って欲しいのです。

希望が通らずつまらないので仕事したくないと思う気持ちは暫し落ち着かせ、先ずは自身を客観視してみましょう。

そして客観視した結果、人事・組織側に再度思いを伝えるか、気持ちを改めて現在の仕事に臨むか、それとも転職に踏み切るか。それは自由です。

焦らずに先ずは斯様な行動を取ってみましょう。

まとめ

いかがでしたか。

このように仕事をしたくないという状況や原因は様々ではありますが、
それらを整理してみると対処法としては5つ挙げることができます。

冒頭申し上げた通り、多くの人は仕事をしたくないからといってそう簡単に仕事を投げ出すことはできません。

自身が生きる為、家族を養う為、何かしらの仕事には就かなければならないのです。

ゆえに今回挙げたような対処法を取り、少しでも事態を改善させたり考え方を変えたりして、また仕事に取り掛かるしか他ありません。

今回挙げた対処法はあくまで一例です。

したがいここに挙げたもの以外で自身にマッチしたものがあれば、是非それを積極的に取り入れてみましょう。

上手に対処することで、あなたの仕事人生をより良いものにしていってくださいね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る