派遣から正社員へ転職したいあなたへのアドバイス5つ

派遣でもいいかと思っていたけど、実際は生活が楽にならない。給料が上がらないことに不安を覚える。そんな経験、ありますよね?

無理に正社員になるよりも派遣の方が給与が高いことが増えているものの、一方で一度派遣になってしまうと収入が伸び悩みがちです。年月を重ねるほど不安が募っていく場合も多く、正社員へ転職を目指す人も珍しくないのです。

ただし、焦って転職しようとしても労働条件が悪くなることがあるため、しっかりと足元をみつめなおすことが重要になってきます。

①自分の適性を確認することが大切に

正社員を目指すのであればしっかりと適性を見つめなおす必要があります。これは正社員になっても給料が減ることがあるためで、長期で勤めて昇給を見込まなければ割に合わないと感じるケースが多いからです。

例えば、都心部であれば、時給1500円を超えるような派遣の仕事も見かけることがありますよね?

しかし、正社員でも募集がかかっているところは月給が20万円以下ということが珍しくなく、派遣の方がわりが良いと感じてしまう場合があります。

ボーナスがない企業もあるため余計に差を感じてしまい、派遣でいいと言う結論になってしまうことさえあります。実際に働き始めても派遣の方が割に合うと思ってやめてしまう人もいます。

責任や苦労の割りに給与が少ないと思ってしまう人は珍しくないからです。

しかし、数年後には年収が逆転するケースが増えてくるのがポイントで、そこまで耐えられるかどうかは忍耐強さよりも適性の高さが影響することが多くなるのです。

耐えられると思って神経をすり減らしてドロップアウトしていく人も多いため、まず自分がどんな仕事をしたいのか、実際に適性があるかはよく考える必要があります。

②正社員になって未来があるかも重要に

正社員へ転職を目指す場合は、トレンドを読むことも重要になります。IT化や効率化が進むことでかげりが見え始めている業界は珍しくなく、アウトソーシングやAIによる自動化が進んで仕事自体がなくなっているケースも増えているからです。

正社員になっても業界に未来がなければ次にどうするのかと言う課題に直面することになります。特に意識したいのが、就職活動時期との比較です。

就職活動をしていた頃の感覚を引きずって失敗してしまう人は多く、ニーズを読み違えることで待遇の改善が見込めない業界に就職してしまう人もいるからです。

企業自体が傾けば昇給やボーナスもありえないことを理解する必要があります。変化を受けやすい業界もあるからこそ、常に最新の転職情報を取り入れ、分析する冷静さが大切になるのです。

③いい転職先ほどすぐには見つからない

派遣の方が割が良いと感じてしまう人が多い理由の一つに、いい転職先が見つかりにくいという事情があります。

正社員になっても生活を維持できなければ未来は見えなくなります。

しかし、派遣から正社員になっても一時的に収入が落ち込むことは珍しくなく、正社員に転職するハードルになりがちなのです。

いい仕事が見つけにくい背景にあるのが、アクセスする媒体とタイミングです。良い求人ほど素早く応募する人が増え、早めに締め切られるケースが増えてきます。

正社員の経験や優れたスキルがあり、ヘッドハンティングを待つだけの状況でなければ、常に情報を確認しないと早い者勝ちで良い仕事が埋まっていくのです。

長く掲載される求人情報は、それだけ人が集まりにくい条件ということになります。結果として良い求人ほど埋まってなくなる確率が高く、外れの職場しか残らないと言うケースが出てくるのです。

表面上の条件が良くても、頻繁に人が辞めていくことで回らなくなっている企業があるのも現実です。

もっともわかりやすいのが、いい案件を見つけたらとりあえず応募し、後から企業などを調べてブラックな面が見えてきたら辞退をする方法です。

エントリーをする段階で迷っているうちに仕事を逃す確率が減り、ブラック企業などに就職して消耗するリスクも減らせます。どの道どこかで手間をかけなければいい仕事にめぐり合えないことを理解し、どこまで労力を裂くかが重要になってくるのです。

簡単に探せる範囲で条件が良い仕事は、何かしらの落とし穴が潜んでいることが多くなります。

しかし、調べる時間をかけすぎればチャンスを逃すため、工夫をしながら罠を回避していくことが大切になるのです。

④転職活動をする余裕があるかをチェックする

良い仕事を見つけるための努力をすれば努力をするほど、時間が足りないと言うケースは増えてきます。フルタイムの派遣は、内容が楽であっても時間の拘束が長くなります。

結果的に転職活動に避ける余裕も削られる傾向にあり、どのように活動するかが課題になるケースが多いのです。

焦って転職をし、正社員になっても適性などの問題で脱落すれば意味がなくなってしまいます。総合的なプラスを目指すためにも働き方や考え方自体を見直す必要があります。

出世の見込みがない派遣で全力を使ってしまえば、正社員になれる確率も減ってしまうのです。

まず、有給は有効に使う必要があります。有給が取れない派遣であれば、派遣である必要がなくなります。

労働基準法の意味合いでもブラックになるため、残業が少なく業務時間も短いアルバイトなどに切り替えて正社員を目指した方がマシな場合があるほどです。

短時間のアルバイトなどに切り替える場合は、貯金を使って何ヵ月以内に転職を決めるなど目標を決めて走りきることも大切になります。

時間的な余裕がないのであれば、資格などを取得して遠回りをするのは無駄になります。それよりも多くの企業にエントリーし、審査をパスする書類の作り方や、面接の場数を踏んだ方がプラスになる場合が多いのです。

正社員を目指すのであれば、本番への強さを身につけることや、自分を良く見せるためのプロデュース能力も磨く必要があるからです。

⑤転職エージェントに相談するのも方法

転職エージェントに相談し、自分の市場評価を知ることも大切です。転職エージェント経由でしか出会えない仕事は多く、より付加価値の高い市場にアクセスするための鍵になってくるからです。

一度も正社員についた経験がなければ転職エージェントに評価される可能性が低いのもポイントで、この場合は紹介予定派遣などを経由してキャリアアップを目指すのが早道になります。

転職エージェントによって重視する市場が違うことにも理解が必要です。第二新卒など若年層にターゲットを絞った転職エージェントや、ハイスキルな求人のみを扱う転職エージェントなど、それぞれに得意分野があります。

自分の能力に合わない転職エージェントに相談しようとしても、エントリー時点ではじかれるケースが多く、時間のムダになりかねないのです。

実際にエントリーしようとしても、断りのメールすらない場合もあります。駄目だった場合のことを考えて次々と手を打っていくことも重要で、短いサイクルで行動につなげた方が成果が出やすくなるのです。

また、同じような失敗が続く場合はパターンを見直す冷静さも必要になります。

まとめ

派遣から正社員に転職するためには、ある程度の余裕が必要になります。余裕を作るために時間の使い方を見直すことや、働き方を見直すことも大切です。

いい求人を見つけるためにはある程度労力を裂かなければならず、安易に決めるほど転職がうまくいかない可能性が増えるからです。

前もってブラック企業を避けることや、風向きが怪しい産業を避けることも大切です。失敗して学ぶ経験はあるものの、少し考えるだけで防げたミスが多いことに気づいて後悔することも多いのが現実です。

考えてから挑めば失敗から学ぶことも多くなるため、後は守りの姿勢にならずに挑み続けられるかが重要になります。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る