フリーターですが辛いです。将来を考えるといい人生が想像できずどうしたらいいでしょうか?

アルバイトも立派なお仕事です。今のアルバイト業務にしっかりと取り組みながら、並行して何か資格を取るとか、キャリアを積むなど、少しずつでも努力を重ねていけば人生は開けていくものです。

しかしながら今のご時世ですから、将来を考えると悲観的にもなりますよね。

明るい人生を始めるためにも、今できることを一緒に考えていきましょう。

①自分に自信をもつ

「フリーターで辛い」とのことですが、「フリーターからの出発、今から頑張ろう!」と前向きに思えたら、人生はとても楽になります。

世の中には、「辛い」から、なかなか逃れられない人がいます。

つまり、「フリーターが辛くて正社員になったのに、今度は独身であることが辛い。そしてなんとか結婚したのに、子どもがいないから辛い。ようやく子どもに恵まれた、今度は社宅生活が辛い。切り詰めてローンを組み、マイホームを持ったが、次第に両親の介護が辛い、自分の老後が辛い、子どもの進路と教育ローンが辛い、自宅の老朽化が辛い、病気になって辛い・・・」

なんだか振り返ったとき、人生の大半が「不安だった」「辛かった」というような状態です。

「辛い」という動機で闇雲に突き進んでも、人生は好転しません。そればかりか、「手に入れても手に入れても雪だるま式に不安が増えていく」これでは好転どころか、逆回転です。

ですから、「フリーターが辛い」とのこと、具体的に「何が辛いのか」「どうなれば安心できるのか」「自分はどうなりたいのか」現状と目標を明確にしてから動き始めましょう。

②人生設計を立てる

人生なんて予測不可能なものですが、大まかな夢の地図は持っておいたほうが良いです。

そして、大まかな目標に向かって進み、何かあればその都度修正したり、方向転換しながら少しずつ進むことが必要です。

まず、今あなたがフリーターである理由はなんでしょうか?

もし、時間の制限や健康上の理由等で止むを得ずフリーターしかない、ということであれば、今は多様な働き方がありますから、短時間正社員・在宅就業やフリーランス・障がい者雇用・独立起業・何か自分に合った働き方がないか探してみましょう。

正社員は安泰でフリーターは先行き不安と思いがちですが、やる気とスキルを基盤に、フリーランスで生計を立てている人もいますし、資金も少ないまま起業したのに、夢と情熱をもって日々走り回っている人もいます。

要は、自分が主体的に人生を切り開いているときは、多少不安があっても、人はそれを自分自身で吹き飛ばしながら進んでいけるものです。

ですから「フリーターだから辛い」というより、「自分に自信がもてないから辛い」と言ったほうが、より正確でしょう。

夢があり、自信もあるときは、フリーター・正社員など関係なく、人は頑張れます。逆に夢も自信も持てないときは、フリーターだろうと正社員だろうと、先行き不安に陥るものです。

「フリーター」であることを何とかしようとする前に、まず「自分に自信をもつ・夢や目標をもつ」ことが大切です。

その上で、自分に合った働き方を探し、検討しましょう。

また、特に制約はなく、「正社員を目指して就職活動しているが、結果的に不採用が続きフリーターをしている」ということでしたら、「不採用が続いている原因」を客観的に検証して、対策を立てることです。

50件100件も応募して不採用が続くということでしたら、特に客観性が必要になります。

自分のやり方だけにとどまらず、プロのキャリアコンサルタントに相談して他者の意見を取り入れる等、思い切った方向転換が必要になるでしょう。

就職活動の意欲が持てず、なんとなくフリーターを続けている人もいますね。なんとなくフリーター、なんとなく不安、人生の多くを「なんとなく」が支配している状態です。

これは決して悪いことではありません。一見、日々をなんとなく過ごしているようで、実は心身が気力を貯めているのです。いわゆる「充電中」の状態です。この場合、時期が来れば自然と何かしたくなるものです。

このような状態だとしたら、今回、ご質問をされたことがむしろ「時期」と言えるのではないでしょうか?

何か今と違う人生を歩みたくなったからこそ、自然とご質問が湧き出たのではないでしょうか。

未来を変えたくば、今を変えることです。

10年後を想像してください。10年後も今と同じ生活をしています。Yes/No、もしあなたがNoと感じたなら、今が変わるチャンスなのです。

③行動に移す

人生設計に従って、行動計画を立てます。

この段階では、具体的な目標がさだまっています。

  • フリーターから起業
  • フリーターから正社員2
  • フリーターから在宅就業
  • フリーターを続けながら資格をとる
  • フリーターのまま、もうしばらく夢を追う決心をした自分に、自信を持って生きる
  • フリーターから正社員は難しいので、まずは契約社員をめざす

他にも色々あるかも知れませんね。あなたの目標は決まりましたか?

目標ができれば、必ず行動に移すことです。行動が自信を更に大きく育てます。最初は、小さな課題から始めて下さい。

たくさん項目を持っても構いませんが、最初は一つクリアしたら次に進む、というようなスモールステップで取り組みましょう。

「今日は、人材会社に登録し、履歴書を作り、職務経歴書を作り、写真を撮って、応募する」というような計画の立て方はNGです。

やることリストの項目は沢山あっても構いませんが、課題は、例えば「人材会社に登録する」ことです。

それが終われば、「写真を取りに行こう」写真が取れたら、「履歴書を作ってみよう」結果的に一日でできる人もいますし、三日ぐらいかかる人もいます。

大切なのは、ひとつ出来たら、自分に花丸をつけてから次に進むことです。

「あれもできなかった、これもまだしてない」ではなく、「今日はこれができた、あれもできた」どんなに小さなことでも、できた自分を盛大に讃えましょう。

実は、人間は元々「なかなか行動に移せないもの」です。あなたの周りにもたくさんいらっしゃるでしょう?

「やせたい・食べてしまった」「筋肉をつけたい・寒いからスポーツジムに出かけるのが億劫」等々、そんな人は沢山いて普通のことですから、行動できなかったからと言って自信をなくすほどのことではないのですが、最初の頃はとかく自信を失いがちです。

「フリーターですが辛いです」と悲観している、真面目なあなたなら尚更です。

一つ一つ着実に動くことで、「実は色んなことができている自分」「実はとても、とても、とっても!頑張っている自分」に気づいてください。

まとめ

「将来が不安だから正社員になりたいです」これが実情だと思います。

ただ、不安から始めたことは長続きしません。

「将来になんの保証ももてないが、わたしはこれがやりたい!」「先々はわからないけど、わたしはこれが得意なんだ!」と思えるほどの出会いが、あなたに訪れることを願います。

もしかしたら、今のあなたの葛藤こそが、あなたの貴重な経験・糧となり、あなた自身が適職の道を切り開くのかもしれません。

一度きりの人生、どうか悔いのないように!ご健闘祈ります。

やりたい仕事を簡単に見つける方法

就職shopは正社員就職の強い味方!

就職shopでは20代の正社員就職を、キャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートしてくれます。

求人も未経験歓迎が中心で、書類選考なしで面接からスタートできるもの大きなメリットです。

無料で利用できるサービスですので、就職を前向きにお考えの場合は、相談されることをおすすめしますよ。

とりあえず、就職shopに相談してみる

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る