エントリーシートの「10年後の自分」の書き方のポイント3つ

220e2e0dfccf3f7405f44f153e107da7_s

エントリーシートで聞かれる項目の中にあるのが、10年後の自分や10年後の目標についてです。

今の自分の立場も良くわからないのに、10年後の自分を想像するのは大変ですよね。

私もあなたと同じように、エントリーシートの書き方ですごく悩んだ経験があります。

そこで私の経験をふまえて、エントリーシートの「10年後の自分」の書き方のポイントを3紹介したいと思います。

Unistyleに登録して内定者ESを参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、エントリーシートに通過するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、ES通過には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

①なりたい自分を素直に想像する

エントリーシートではあくまでも、今あなたが思い描いている理想を知ることが目的です。

背伸びをして突拍子もないことを書いたとしても、何の評価にも繋がりません。

私はエントリーシートに書いたことを、入社後にすっかり忘れていました。

研修会の時に私だけが何を書いたか思い出せずにいたので、恥ずかしい思いをしました。

他の人は自分の理想を素直に書いているので、その夢に向かって仕事を頑張っていました。

企業に受かりたいという気持ちもありますが、素直な気持ちで記入することが大切です。

②具体的にスキルや資格取得を目指す

10年後に自分がどうなっているかは誰にも分かりません。

なぜエントリーシートでわざわざ聞くかとというと、中期目標を持つことの大切さを教える為です。

あなたも今だけをがむしゃらに頑張っても、ある時何の為に頑張っているのだろうと思う日が来るかもしれません。

私もとにかく覚えるのが苦手なタイプなので、人よりもたくさん練習して覚えていました。

仕事をしても毎日クタクタになるまで頑張っていたのに、何でプライベートの時間も削って頑張っているのだろうという疑問が湧きました。

中期目標があれば、目的を達成させるために頑張ることができます。

そのため10年後の自分を想像して、なりたい自分のイメージを作ります。

そのイメージに近づくために、毎日努力することができるのです。

イメージを現実にするためには、具体的なスキルや資格取得を目指すことを書けば、より目標に近づくことができます。

それが入社後の目標にも繋がるので、仕事のやりがいに繋がっていくのです。

あなたの10年後の自分のイメージを想像するには、できるだけ具体的な資格取得を目指せば、なりたい自分に近づくことができるでしょう。

③数年ごとの段階を踏んみながら10年後まで書く

いきなり10年後の自分を想像しても、その目標にたどり着くまでのプロセスがなければ、ただの夢に終わってしまう可能性が高いです。

子供の頃にプロ野球選手になりたいと言っているのと同じなので、そこに行きつくまでのプロセスを書きましょう。

あなたが10年後の自分を想像した時に、なりたい自分の理想像があるはずです。

1年後、3年後、5年後、7年後、10年後など、それぞれ段階を踏んで将来の自分を想像してください。

私もエントリーシートには3年後、5年後、10年後と段階を踏んで、今想像できる自分を記入しました。

実際に3年後には取得したい資格を取ることができ、5年後には目標が達成できなかったですが、6年後に達成することができました。

10年後には思い描いていた頃よりも、充実した仕事をすることができたので、短期の目標を書くことで、その都度その目標を達成しているか確認することができます。

エントリーシートはただあなたの夢や理想を記入するのではなく、いかに想像力を駆使して理想の自分を想像し、その目標を実現できるように頑張れるかが大切なのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

エントリーシートは今のあなたにはただのアンケートかもしれませんが、将来のあなたにとっては初心に帰る時に大切なものになるかもしれません。

10年後の自分を想像して、10年前に思い描いていた理想の自分になれるように努力しているか、答えは10年後に分かります。

エントリーシートには素直な自分の夢と、それを叶える為に思い描いているプロセスをそのまま記入すれば大丈夫です。

Unistyleに登録して内定者ESを参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、エントリーシートに通過するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、ES通過には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 何から就活を始めればいいか分からないあなたへ

    そろそろ就活を始めなくちゃと思いつつも何から始めれば良いのか・・・と悩んでいませんか? …

人気記事!

PickUp記事!

  1. 何から就活を始めればいいか分からないあなたへ

    そろそろ就活を始めなくちゃと思いつつも何から始めれば良いのか・・・と悩んでいませんか? …
  2. やりたい仕事が見つからないあなたへ

    やりたい仕事や、やりたいことが見つからない。 誰しも一度は悩んだことがあるのではないでしょ…
ページ上部へ戻る