エントリーシートの「強み」の書き方のポイント3つ

50c3353154ec53094b90f1bf6e776032_s

エントリーシートのテーマで、「強み」に関する記述を求められることは多いですよね。多い分、どう書いたら良いのか分からず、悩みがちなテーマだと思います。

私も、過去に就活であなたと同じようなテーマを書きましたが、その時はどう書いて良いのか、どうしたら相手にもっと伝えられるのか、悩みながら書いていました。

その時、実際に私が工夫した書き方をお伝えするので、あなたのESに役立ちそうなことがあれば、参考にしてみてくださいね。

Unistyleに登録して内定者ESを参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、エントリーシートに通過するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、ES通過には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

①自分の強みを見つける

まず一つ目は、自分の性格を見つめ直し、強みを見つけることです。あなたは、自分がどんな性格でどんな長所があると思いますか?

それをもう一度、しっかり見つめ直してみましょう。

自己分析は就活の基本とも言えますが、徹底して行うと、深いところまで自分を知ることが出来ると思うので、この項目に対しての自己分析もとてもおすすめです。

性格の強みは、例えば「コミュニケーション力があり、誰ともすぐに仲良くなれる」や、「聞き上手だとよく言ってもらえる。よく人から相談を受ける」というようなことです。

自分自身の意見でも、周りから見た自分でも構いません。自分の特徴をしっかり振り返って、書き出していきましょう。

②経験から得た強みを考える

二つ目は、経験から得た「強み」を考えることです。一つ目の、自分の性格をしっかり見つめ直せたら、次に自分が今まで経験してきた出来事を振り返ってみましょう。

あなたは学生時代に、どんなことに取り組んできましたか?

サークル活動やアルバイト、ゼミでの活動など、多くのことを実践してきたと思います。その経験を通して、あなたはどんな勉強をしましたか?

一度冷静になって振り返ってみると、たくさん出てくると思います。例えば、

「誰とでもすぐに仲良くなれる」⇒「居酒屋でのアルバイト経験で、○○の工夫をして多くのお客様が常連になってくれた。(売上が上がったなど)」⇒「持ち前の明るさに加え、アルバイト経験を通じて、一層コミュニケーション力が身に付いた」

というような、経験を交えて書き出すと、エピソード的な伝え方となるので、相手にもより伝わりやすくなるので、おすすめです。

③企業との接点を考える

三つ目は、その強みを希望している企業でどう活かしていくのか、具体的に記入することです。ここで重要なのは、より具体的に書き、相手に納得して貰うということです。

例えば、さきほどのコミュニケーション力で説明をさせていただくと、

「私は居酒屋でのアルバイト経験を通じて、一層コミュニケーション力が身に付きました。人と話すことがもともと好きなので、積極的に仕事も伝えたことが評価されて、〇名の新人教育も行ってきました。お客様に対しても、○○という独自のプラスαのサービスを心がけ、集客も〇%上げることが出来ました。もし、貴社で働かせていただけるなら、このコミュニケーション力は、〇〇の分野で即戦力として活かせると確信しています。」

というような書き方です。

具体的な数字を上げたり、あなたの経験を通して、独自に工夫している点などがあれば、一緒にアピールしていきます。

具体的に書くと、文章はより深みを増して、相手からも信頼して貰えます。

せっかくあなた独自の経験を通して、磨くことが出来た強みだと思うので、少しでも具体的に書き出し、相手に関心を持って貰いましょう。

まとめ

以上、私がおすすめするエントリーシートの「強み」の書き方のポイント3つでした。

自分の性格の強み+経験を通しての強み+それをどう活かすかを、自分なりに言葉でまとめるだけで、相手により伝わりやすくなると思います。

強みを書き出すESは多いと思いますが、あなた独自の経験を、自信を持って書き出していきましょう。誠意と熱意を持てば、必ず相手にも伝わります。

あなたが、希望している企業で働けるよう応援しています!

Unistyleに登録して内定者ESを参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、エントリーシートに通過するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、ES通過には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PickUp記事!

  1. 何から就活を始めればいいか分からないあなたへ

    そろそろ就活を始めなくちゃと思いつつも何から始めれば良いのか・・・と悩んでいませんか? …
  2. やりたい仕事が見つからないあなたへ

    やりたい仕事や、やりたいことが見つからない。 誰しも一度は悩んだことがあるのではないでしょ…
ページ上部へ戻る