エントリーシートの「形式自由欄」の書き方のポイント3つ

a9fd54d6b7ca33e3659a9235afd7348b_s

エントリーシートで必ずあると言っても良い欄が「形式自由欄」です。

形式自由と言っても何を書いていいか分からないですよね。あなたが何を書いていいか迷っているのと同じ経験を、私もしたことがあります。

ただ、ポイントをしっかりと把握しておくと、比較的簡単にテーマを決めることができます。

そこで私の経験を踏まえて、エントリーシートの「形式自由欄」の書き方のポイント3つを紹介したいと思います。

Unistyleに登録して内定者ESを参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、エントリーシートに通過するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、ES通過には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

①面接官の気持ちになって考えてみる

まずエントリーシートで知りたいことは、あなた自身がどういった人なのかです。

面接官にとっては数多くいる面接者の中から、あなたという人がどういう考えなのかを知りたいと思っています。

面接時間が30分あったとしても、たった30分であなたの魅力を伝えることは難しいですよね。

そこで面接やエントリーシートの形式に沿った質問以外に、形式自由にすることであなたが考えている事を知ることができるのです。

私はエントリーシートは全員同じような回答になると思い、あえて会社に対する思いや、自分の得意なことなどをアピールしました。

いかに会社に入社したいか、何をしたいか、会社には採用するとどういったメリットがあるのかを知りたいものです。

面接官の立場に立って考えれば、何を書けばいいか考えもまとまってくるはずです。

②自分をアピールする絶好のチャンス

「形式自由欄」はその通り何を書いても良いので、自分をアピールする絶好のチャンスと考えましょう。

あなたの魅力を会社に売り込むとき、面接の短い時間やエントリーシートの解答だけでは、あなたの魅力を全部わかってもらうことはできません。

いかに短い時間で自分を売り込むことができるかが大切なので、ここぞと思うばかりに自分をアピールしましょう。

あなたにとって自分の長所やアピールポイントは必ずあります。

面接でも聞かれることが多いですが、より詳しく記入してもいいでしょう。

私は自分をアピールする時に、私を採用するとどれだけ会社に貢献できるかをひたすら書きました。

どこからそんな自信が湧いてくるのかと言われそうですが、自分を短い時間でアピールしなければ、採用されることはありません。

結局は採用されるかどうかが勝負です。「形式自由欄」を使ってできる限り、自分を会社に売り込むように必死でアピールしましょう。

③熱意を伝えて綺麗に締めくくる

エントリーシートだけでなく、履歴書もそうですが、初めと終わりはとても目につきやすい場所です。

あなたがもしエントリーシートを読む時も、初めはしっかりと読みますが、中断になるにつれて形式的な読みになり、最期の締めになるとやっと読み終わったと思えるでしょう。

そこで印象に残るのは最後の文章です。私は自由形式では会社に入りたい熱意を伝え、自分をできるだけアピールする文章を書きました。

文章に自信はありませんでしたが、最期の文章には会社への思いや入社後にやりたいことなどをまとめ、締めくくりを簡素にまとめました。

文章がヘタでも最後は印象に残りやすいので、丁寧にしっかりとまとめあげれば、好印象になりやすいです。

あなたがもし採用者になった時に、数百枚のエントリーシートを見ることになれば大変でしょう。

しっかり見ているつもりでも、だんだんと飽きてしまうので、できるだけ印象に残るようにすることが大切なのです。

文章が苦手だから諦めるのではなく、熱意を伝えて最期をしっかりまとめれば、面接官に好印象を与えることができるでしょう。

まとめ

エントリーシートの「形式自由欄」の書き方を紹介しましたがいかがでしたか?

「形式自由欄」はおまけ程度に考えるのではなく、自分をアピールできる欄だと考えましょう。

形式的な質問だけではあなたの魅力を伝えるのは難しいので、会社への熱意や意気込みをしっかりと伝えてください。

Unistyleに登録して内定者ESを参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、エントリーシートに通過するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、ES通過には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PickUp記事!

  1. 何から就活を始めればいいか分からないあなたへ

    そろそろ就活を始めなくちゃと思いつつも何から始めれば良いのか・・・と悩んでいませんか? …
  2. やりたい仕事が見つからないあなたへ

    やりたい仕事や、やりたいことが見つからない。 誰しも一度は悩んだことがあるのではないでしょ…
ページ上部へ戻る