エントリーシートの「意気込み欄」の書き方のポイント3つ

f34afc343e26139d08364981f396d041_s

就職活動でのエントリーシートで、「意気込み」について課題が出されることもあると思います。もちろん、内定が欲しい企業なので、熱意は十分あるのですが、実際文章にして書き出すことを考えると、どう書いて良いのか分からなくなってしまいますよね。

私も、あなたと同じように、エントリーシートで意気込みを伝える時は苦労しました。ですが、その中で何点かここを押さえておけば、より相手に伝わりやすくなるのではないかと思えるポイントもありました。

そこで、私が考えるポイントを3点書き出していくので、是非、エントリーシート作成の参考にしてみてくださいね。

Unistyleに登録して内定者ESを参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、エントリーシートに通過するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、ES通過には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

①会社のリサーチをする

まず一つ目は、志望している会社を徹底的にリサーチすることです。読み手である人事の方は、あなたの他にも何百人のエントリーシートを読んできています。

その方たちは、文章を読んであなたがどれだけ自分たちの会社についてリサーチしているか、必ず見抜くことが出来ます。ですので、企業研究は徹底的に行うように心がけましょう。

どんな事業をしているのか、今後どんな事業を展開しようとしているのか、ライバル社との違いと魅力は何なのか?など、しっかり調べましょう。

もし、分からないことがあれば、事前に説明会などで積極的に質問をして、実際にエントリーシートの記入の際には愚問点が無いようにするのが良いと思います。

関連の新聞記事を読むことも、知識を深めることに繋がるので、是非実践してみてくださいね。その熱意と努力は、必ず文章となって相手に伝わると信じて、取り組んでいきましょう。

②貢献できることを書く

二つ目は、自分の能力が、志望企業に貢献できるという根拠を具体的に説明することです。あなたは、希望している会社に就職できたとして、どのような仕事をしていきたいと考えていますか?

また、自分のどの部分が貢献できると考えているのでしょうか?それを読み手にしっかりと伝わるように、自分の中でイメージを膨らませながら書き出していくことが大切です。

例えば、「初めは○○の仕事で役に立ちたい、〇年後には〇〇になりたい。」という書き方で、目標を書き出すのも、意気込みとして伝わりやすいのでオススメです。

ここは抽象的でアバウトな書き方ではなく、より具体的に書いた方が説得力が増します。その点を意識しながら、細かく書き出していきましょう。

③自分の価値観を伝える

三つ目は、自分の価値観や考えを伝えることです。

志望している会社のどんなところに共感できるのか、自分に合っていると思える根拠は何なのかを書いて、より相手に納得をして貰いましょう。

例えば、あなたも学生時代にアルバイトやサークル活動、ゼミなどで多くの経験をしていると思います。その学生時代にした経験がキッカケで、志望している企業に興味を持った、という書き方でも良いと思います。

「自分は仕事に対して〇〇という考えを持っていて、○○と考えているから、貴社で働くことが出来れば、全力で頑張れる」といった文章でも良いと思います。

ただ一つ注意点があります。それは、自分の意見や価値観を伝える時は、常に謙虚な姿勢を心がけるということです。

自分の話をする時、そういうつもりはなくても、知らないうちに文章が偉そうになることがあります。傲慢な人間だと思われないよう、気を引き締めて記入しましょう。

まとめ

以上、私が考えるエントリーシートの「意気込み欄」の書き方のポイント3つでした。

色々書きましたが、意気込みを記入する時に一番必要なのは自分の熱意だと思います。あなたがどれだけ、志望している会社で働きたいと思っているのか、相手に伝わるように、熱意と誠意を持ち、書くことを心がけましょう。

心を込めて丁寧に書いた文章は、必ず相手に伝わるはずです!あなたが、志望する会社で自分らしく働ける日が来るよう、応援しています!

Unistyleに登録して内定者ESを参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、エントリーシートに通過するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、ES通過には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PickUp記事!

  1. 何から就活を始めればいいか分からないあなたへ

    そろそろ就活を始めなくちゃと思いつつも何から始めれば良いのか・・・と悩んでいませんか? …
  2. やりたい仕事が見つからないあなたへ

    やりたい仕事や、やりたいことが見つからない。 誰しも一度は悩んだことがあるのではないでしょ…
ページ上部へ戻る