エントリーシートの「会社でチャレンジしたいこと」の書き方のポイント3つ

ec31644def198d47dd24b7cdc2ce5d65_s

エントリーシートでよく聞かれるのが、「会社でチャレンジしたいこと」に関してです。でも、今いちどのように書いていけばいいのかわかりませんよね。

私もあなたと同様に、就職活動をしていた時期がありました。その時にエントリーシートの「会社でチャレンジしたいこと」の欄にはどのように書いていけばいいのか全くわかりませんでした。

ですが、ポイントを押さえれば簡単に作成できます。そこで、この「会社でチャレンジしたいこと」の設問を書く際のポイントを3つご紹介していきたいと思います。

Unistyleに登録して内定者ESを参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、エントリーシートに通過するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、ES通過には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

①具体的に何がしたいのかを書く

1つ目は、あなたが会社に入ってから具体的に何をしていきたいのかはっきりと書くということです。私は、会社に入ってから営業マンとして活躍していきたかったので、そのことを書いていきました。

どのような文章を書いていったのかというと、

営業マンとしてお客様とたくさんコミュケーションをとり社会から信用されるような営業マンになっていきたいです。営業マンになってから、社会に貢献できるようになれば、成績は後からついてくると思います。だから、最初はお客様第一に考えられるような営業マンになり、貴社の評判を挙げていきたいと思います。そしていつの日か、ナンバーワンの成績をとってから表彰されるように頑張っていきます。

このように私は書いていきました。なので、あなたは具体的に入ってから何をしていきたいのかを書いていけばいいでしょう。

この時に重要なことは、どのような仕事で、そこからどのような利益を出していけるのかということです。

それを意識してからエントリーシートを書いていけば、文章が生き生きとした文章になっていくと思います。そのような文章が書くことができたのであれば、エントリーシートの段階で高い評価を売られると思います。

②無難なことを書く

2つ目は、無難なことを書いていくということです。やはり「会社でチャレンジしたいこと」を書くのはなかなか難しいことです。なので、無難なことを書いていけばいいのです。

どのようなことを書いていけばいいのかというと、

社会人一年目なので、社会人の常識を身に着けながら、先輩から言われたとおりに働けるようにいつも集中して働いていきたいと思います。そして、働いていくうちに余裕ができてきたら、自分で新しい仕事を見つけてから、それにチャレンジしていきたいと思います。

このように書いていけばいいでしょう。そうすれば新人社員としての立場をわかっていると、エントリーシートを読んだ人事は思うでしょう。

③大きなことを書く

3つ目は、新しいプロジェクトを立ち上げるなど、大きなことを書いていくことです。最近の社員は自主性がなくて指示待ち人間が多いといわれています。

なので、自分から自主的に動いていけるという意味で、プロジェクトを立ち上げるという文章を書いていくのは得策だと思います。

そしてプロジェクトを立ちあげてから、具体的にどのような方向に持っていくのかまで書くことができれば、オリジナリティーのあふれたエントリーシートが書けると思います。

まとめ

ここまで、3つのポイントを書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

エントリーしートを書くときには、やはり集中できるような環境でこれらのポイントを意識してから書いていくことが大事です。集中できるような環境で書いていけば、あなたなら素晴らしい文章が書けると思います。

また、エントリーシートを書くことで、新しく自分のチャレンジしたいことや自分が知らなかったことが見つかっていく可能性もあるので、楽しんで書いていくことが大事ですよ。

Unistyleに登録して内定者ESを参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、エントリーシートに通過するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、ES通過には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PickUp記事!

  1. 何から就活を始めればいいか分からないあなたへ

    そろそろ就活を始めなくちゃと思いつつも何から始めれば良いのか・・・と悩んでいませんか? …
  2. やりたい仕事が見つからないあなたへ

    やりたい仕事や、やりたいことが見つからない。 誰しも一度は悩んだことがあるのではないでしょ…
ページ上部へ戻る