営業の仕事が地獄で辞めたいときの対処法3つ

入社前には魅力的な仕事に映って就職したものの、営業の仕事は会社の方針に左右されやすいので、ある日を境にノルマ制が課されたり営業方針がガラリと変わることも少なくありません。

営業の仕事に充実感を持って取り組めていても、地獄に感じてしまい辞めたいと思うこともあるでしょう。

すぐに転職を考えてしまいがちですが、次のことを考えて一度視点を変えてみることが重要です。

仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

①辞めるリスクを想定してみる

営業の仕事を続ける上で、なぜ地獄に感じてしまうようになったのか原因から思い出してみることが大切です。

経営者の交代に伴い営業方針が一度に変わってしまう状態ならば、次の経営者へ切り替わる見込みがあれば、また状況が変わるでしょう。

環境が変化をした時に、営業スタイルの変更が出来ないために辛いと感じているならば、考え方を改める努力をするだけでも感じ方は変わるものです。

報酬面で今までの営業方法では大幅に下がってしまうという事情があるならば、同僚も含めて同じ不満を抱えているでしょう。

退職者や離職者が出た時に、営業部が縮小するリスクが高まるならば、会社としても営業方針変更の理由と将来像を示して理解を求めてくるはずです。

転職を考えた際にも、外から見た会社像と実際はかけ離れている可能性があるので、何度も短期間で転職することは望ましいことではなく、本人の能力面を疑われる可能性があります。

辞めても現在よりも改善されて将来に渡って良いと考えられるだけの具体的な根拠を考えてから、行動に移さなければなりません。

辞めた後も数年間は困らないだけの貯蓄があり、次の就職先の確保に目処がついている状況以外では、辞めるリスクがまだ大きすぎると考えて、現状を変える努力を行なうことが先決だと分かるでしょう。

②ストレス発散方法を見つける

同じ営業の仕事であっても、以前は充実して取り組めていたならば、ストレスを溜め込んでしまっているために地獄に感じてしまっている可能性があります。

営業職で陥りがちなこととして、自らの成功体験を基にした営業スタイルを変更出来ずに、効率化された営業方針に合わせることが出来ないことをストレスに感じてしまっている人が少なくありません。

ストレス発散方法を複数持っていないならば、仕事とプライベートを明確に分けてストレス発散を心掛けると良いでしょう。

仕事が趣味といった昔ながらの考え方をしている真面目な営業一筋の社員ほど、新しい手法や経営方針について行けないケースが目立ちます。

営業が天職だと感じているならば、思い切って営業方針を変えて残業を一切せずにリフレッシュ時間として充てることも大切です。

上司に相談した上で実行すれば、優秀な社員ほど理解を示してもらえるでしょう。

従来は自由裁量が与えられていたにも関わらず、いつの間にかノルマ制による叱咤激励方針に変わってしまった場合など、意識の切り替えに時間がかかると知っておくだけでも気持ちは楽になります。

③会社の支援制度や福利厚生をフル活用してみる

様々な努力をしたにも関わらず、営業職に辛さを感じてしまう場合には、思い切って働きながら転職活動を行ってみると良いでしょう。

他社で自分の実績がどのように評価されるのか、客観的な目線で見ることが出来ます。

転職エージェントを利用して、自己分析を行ってみることも重要です。

他社で通用する実力がまだ不足しているならば、会社が行っている資格取得支援制度や福利厚生を積極的に利用して、いつでも転職出来る環境を作り出してしまえば気持ちが楽になります。

資格を何も持たずに転職を行っても、給与水準が下がってしまい家族に迷惑をかける事態になりかねません。

在職中にただ営業成績を上げることだけを考えることはせず、第三者から客観的な評価を受けられる資格取得と実績積み上げを行えれば、今まで地獄に感じていた仕事も自分磨きの一部として充実感を持って取り組むことが出来るでしょう。

社内での評価が上がれば、部署異動や昇進の可能性も出てくるので、今は辛いと感じている営業であっても、将来に向けて努力が報われる可能性があります。

今出来ることに全力で取り組みつつ、一歩引いた立場から見た時に貴重な人材となるように計画的なスキルアップを行なうことが重要です。

まとめ

営業職として入社した時に扱っている商品が、定年退職まで全く同じ方針で販売され続けることは、老舗であっても保証されているわけではありません。

営業方針が変わることを前提として、どのような場面であっても対応出来るようにスキルアップを常に行っておけば、仕事が地獄に感じてしまうことが無くなるでしょう。

営業の仕事が辛すぎると感じる時には、視野が狭くなっている状況が想定されるので、目線を変えたり一歩引いた立場から見つめ直すことで、早まった行動をしないように注意する必要があります。

柔軟性が求められる営業の仕事は、顧客に合わせて自分の考え方も修正出来る総合力が求められているわけです。

仕事とプライベートを明確に分けて、ストレスを溜めすぎないように工夫することも大切です。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

仕事を辞めたいと思ったらまずはプロに相談!

もし、1人で悩みが解決できないなら転職エージェントに相談して、アドバイスを貰いましょう。

自分の市場価値含め、辞めるべきか、転職すべきかをプロの視点から教えてもらえます。今のあなたに大切なことは、今の仕事を辞めたとして、探せば転職先は見つかるかという点です。

リクルートグループのリクルートエージェントなら最大手ですし、転職を無理強いしないと宣言しているので安心して相談できますよ。

とりあえず、リクルートエージェントに相談してみる

※転職時期は未定を選択してOKです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る