営業が向いていないから辞めたいは間違っている?それとも転職してもOK?

お客様に商品やサービスを提案する、営業は仕事の成果を実感しやすい、やりがいを感じやすい仕事です。商品やサービス、業界が違っても、営業のやりがいや面白さは共通しているでしょう。

しかし、営業は仕事の成果を感じやすい反面、上手くいかない事も多くあります。また、全ての人が営業に向いているとは限りません。営業をやってみたけど、上手くいかない。辞めたい。

そんな風に壁にぶつかる事もあるでしょう。そこで、営業が向かないから辞めたいと感じた時、それは間違っているのか、転職しても良いのか、答えを導き出すためのポイントを整理してみます。

①営業が向いてない人の性格の特徴

①-1.コミュニケーションが苦手

営業はお客様と直接関わる仕事ですから、コミュニケーションが仕事の基本と言えます。コミュニケーションにもいろいろとありますが、営業で大切なのは、相手に不快な思いをさせない事です。

これには、服装や髪型、表情、言葉遣い、行動、仕草など、あらゆる事が関係してきますが、最も大切な事は、場の空気を読む事です。余分な一言や言動のタイミングの悪さは、些細な事でも相手に大きな印象を与えます。

相手が不快な思いをしている、場の空気が白けた、相手に叱られた。しかし、何故なのかその理由が判らない。このような事が多くある人は、場の空気が読めていない可能性がありますので注意が必要です。

人付き合いが面倒に感じる。人見知りをしてしまう。会話を広げていけない。自分に自信がない。自分から話しかけるのが苦手。コミュニケーションが苦手に感じる事は、誰にでもあります。

しかし、それが精神的に苦痛になったり、なかなか克服できない状態が続く場合は、営業に向いていないと考えた方が良いでしょう。

①-2.自己管理ができない

営業の仕事は口が上手いとか、愛想が良いなど、外面的な印象が良いだけでは成果は出ません。営業で成果を出すためには、計画を立て、それを地道に実行する必要があります。

アポイントがバッティングしたり、時間に遅れたり、約束事が守れないなど、行動がルーズな人はお客様から信頼を得られません。営業にとって、スケジュール管理や商談の進捗管理はとても大切な事です。

そして、仕事の管理を徹底する上で欠かせないのは、自己管理です。翌日、大切な商談があるのに深夜までお酒を飲んでしまう。プライベートの悩みやトラブルを引きずってしまい仕事に集中できない。

仕事に遅刻したり、上司への報告を怠ってしまう。ミスを犯しても反省しない、同じミスを繰り返してしまう。このように自己管理ができない人は、営業はもちろん、どのような仕事でも成果を出すのは難しいでしょう。

営業が向いていないと感じた時には、自分の行動を振り返ってみて、まず自己管理ができているか考えてみましょう。

①-3.人に合わせる事ができない

物事に妥協しない。正しい事を貫き通す。間違いは許さない。嘘はつかない。このような考え方は本来は正しい事ですが、営業の仕事ではそう言い切れません。営業の場面では様々な局面があります。

提案型の営業では、相手の課題を理解し、それに対して適切な提案を行う必要があります。通常のルート営業や飛び込み営業でも、商品やサービスを売り込むだけでは、なかなか受け入れてもらえません。

まずは、相手の話を聴く事、相手を理解する事が大切です。そこで必要になるのは、相手に合わせる事です。自分の考えとは違う場合でも、一旦は受け入れる、相槌を打つ、理解しようと努力する事が大切です。

もちろん、間違っている事をそのまま受け入れる必要はありません。特に、法令違反やモラルに反する事、相手の利益を損なうような案件は引き受けるべきではありません。

大切なのは、自分の信条や主義、主張を優先するのではなく、まずは相手の話を受け入れる事ができる柔軟性、相手が悩みや困り事を打ち明ける事ができるような姿勢になる事です。

完璧主義、間違いが許せない、素直に謝れない、相手の話に合わせるのが苦手。要するに「人に合わせる事ができない」タイプの人は営業に向いていないでしょう。

②続けるためには何を改善したらいい?

②-1.プロ意識を持つ(営業という役割を演じる)

営業に限らず、仕事をする上では苦手な事や辛い事は沢山あるものです。個人的な感情を抑えて、仕事に徹する。いつもの自分から仕事をする自分へ、その役割を演じている事と同じです。

いつもの自分ではできない事、やりたくない事でも、仕事だからやる。これはプロ意識とも言えます。また、演じる事は辛いことや苦手な事から、心をガードする効果もあります。

営業が向いていないと感じる時は、何らかのスランプに陥っていたり、自信を無くしている、または仕事へのやりがいを見失っている状態が考えられます。

そんな時は、自分に与えられた役割、本来あるべき姿、理想の営業スタイルをイメージして、それをプロとして演じてみましょう。そうする事で、精神的にも楽になれるでしょう。

ただし、演じる事があまりにも辛い、どうしても仕事として割り切れないのであれば、営業という仕事が向いていないのかもしれません。

②-2.焦って判断しない(まずは経験を積む)

仕事には経験しなければ身につかない事があります。どんな仕事にも上手く行うコツや方法、知識があります。製造業など定型業務が中心の仕事では、マニュアルがありますが、営業の仕事は定型業務ではありません。

新規開拓の営業ではなく、決まったユーザーを訪問するルート営業でも、臨機応変に対応する必要があります。営業は人を相手にする仕事ですから当然の事です。

苦手な事を克服する方法の一つとして「慣れ」があります。誰でも経験が浅い時期には仕事を上手く進める事はできません。経験を通して、様々なコツをつかみ、慣れていくのです。

あまり経験を積んでいない時期に壁にぶつかったからと言って、営業が向いていないと判断するのは早計と言えるでしょう。物事を習得したり仕事を覚える時に、3日、3ヶ月、3年と言う言葉あります。

焦って判断するのではなく、ある程度の経験を積んでから、営業に向いているかどうかを判断しましょう。尚、3年経験しても成長を自覚できない場合は、営業が向いていない可能性があります。

②-3.冷静に考える(自分自身を客観的に評価する)

営業が向いていない。そう感じている時は、何かしら仕事に躓いていて、視野が狭くなっている可能性があります。そんな時は、何故、営業が向いていないのかを具体的に考えてみましょう。

営業の成果が出ない、お客様と上手くいかない、営業の仕事にやりがいを感じない。そんな時には、必ずそのように感じる原因があります。

自分自身の性格、職場の環境、業種や業界の特性、お客様との相性、一時的なトラブルなど、その原因がどこにあるのかを冷静に考えるのです。

そこから、仕事のやり方はどうか、姿勢はどうか、対応はどうか、何故上手くいかないのか、自分自身を客観的に評価してみましょう。営業に限らず、どんな仕事でもスランプはあります。

一時的な感情に流されると必ず後悔します。向いていないと感じたら、まずは冷静になって考える事です。原因や自分自身に問題がある場合は、まず、それを克服する事を考えてみましょう。

その上で、自身の努力ではどうしても改善しない、営業が向いていないと判断した場合は、転職を考えていきましょう。

③転職するなら営業以外、どんな仕事が適職?

③-1.製造・物流などの現場の仕事

営業以外の仕事は沢山ありますが、営業と異なる仕事として、まず挙げられるのは製造・物流などの現場の仕事です。

営業は企業や人に商品やサービスを直接提案したり販売する仕事ですが、製造・物流では人や企業では無く、モノを直接扱う仕事と言えます。

その為、人間関係やコミュニケーションが苦手な人や、正確に、地道に物事を進める事が好きな人、何かをまとめ上げたり、積み上げていく事が好きな人に向いているでしょう。

営業の仕事の中でも、商談や販売、交渉などの直接的な仕事よりも、営業活動の準備をしっかりと行う人や、提案や企画をまとめるプロセスにやりがいを感じたり、楽しめる人は向いているでしょう。

製造・物流などの現場の仕事にも、様々な分野や業種があります。それにより仕事内容は大きく異なります。また、現場で体を使う仕事もあれば、スタッフの管理や品質管理などの管理の仕事もあります。

仕事を選ぶ上では、仕事内容をできるだけ詳しく確認し、自分の性格や興味はもちろん、体力などの身体的な事も含めて、その仕事が自分自身に適しているのか、しっかりと考えましょう。

③-2.事務系の仕事

営業は基本的には外回りの仕事ですから、その反対は社内の仕事になります。その中でも、製造や物流などの現場の仕事を望まない人には、事務系の仕事が良いでしょう。

事務系の仕事といっても、受注、発注、電話応対、営業支援、文書作成など、様々な仕事があります。

事務の仕事を大きく分けると、営業のアシスタントやフォローをする営業系の事務と、経理や総務・庶務など管理系の事務、設計・企画などの専門系の事務があります。

管理系の事務や専門系の事務はある程度、専門的な知識や興味、その仕事を新たに身に付けようとする意欲が必要になりますし、性格的な適性も重要になります。

営業から事務系の仕事を目指す場合、特に営業の経験やスキルを活かそうと考える場合は、営業系の事務が良いでしょう。

営業系の事務は、電話応対や受注処理、在庫管理など、直接的、間接的にお客様と関わる事になりますが、あくまでも営業のサポート的な位置づけで仕事をする事が多くなります。

その為、例え営業に向いていない人でも、営業の現場を知っている事、営業を経験した事は、その経験が事務の仕事を行う上で大いに役に立つでしょう。

③-3.専門的な仕事

営業の仕事は一般的に商品やサービスを企業や人に提案したり販売しますが、営業のスキルを身につければ、業種や商品、サービスが変わっても営業として活躍する事ができます。

つまり、営業は幅広い業界で求められる仕事と言えます。営業に向いていない、営業とは違う仕事に就きたい。しかし、どのような仕事があるのか、どのような仕事が良いのか判らない。

そんな時のヒントとして、幅広い業種で活躍できる営業とは対照的に、特定の業界や専門的な分野の仕事に目を向けるのも良いでしょう。

技術的な仕事では、エンジニア、プログラマー、メンテナンス、建築など、資格系の仕事では、弁護士、弁理士、公認会計士、司法書士、宅地建物主任士などがあります。

専門家の仕事としては、コンサルタント、カウンセラー、編集者、デザイナーなどがあります。また、企業内では、経理、労務、人事、企画、商品開発などがあります。

このように営業とは対照的な専門的な仕事は無数にあります。それだけ選択肢は広く、例え営業に向いていなくても、仕事が無いと悲観的になる必要は無いでしょう。

専門的な仕事に転職する場合は、その仕事の難易度、資格取得などの必要な準備、自分自身の性格や趣味趣向に合っているか、実際の仕事内容や将来性などをしっかりと考えた上で、挑戦しましょう。

④営業から転職するときの方法

④-1.営業以外のスキルを身につけた上で転職する

営業から別の仕事に転職する場合、未経験でのチャレンジになります。つまり、一から仕事を覚えていく事になりますから、基本的には今よりも苦労する事を覚悟しましょう。

その上で大切なのは、どのような経験をするのか、仕事を身に付けるまでに(今と同等に収入を得るまでに)どれくらいの期間が必要か、という事です。

資格系の仕事や専門的な仕事の場合は、予め資格を取得したり、職業訓練が必須になっているものもあります。

また、未経験で仕事をしながらスキルを身につける方法もありますが、予め専門知識を持っていた方が、早く活躍できる場合や転職が有利になる場合もあります。

職業訓練を受けたり、専門学校へ入学したり、資格を取得するなど、スキルを身につける努力は、少し回り道に感じるかもしれません。

しかし、何がやりたいのか明確であれば、その時間は無駄にはなりません。目標を決めたら、将来を見据えて、焦らずに取り組みましょう。

④-2.自分で探す(営業以外の仕事を探す)

転職先を探す方法としては、その仕事の経験の有無に関わらず、求人誌や求人サイト、ハローワークなどの求人情報から自分自身で探す事が基本です。

求人情報は企業のタイミングもあり、常に自分に合った求人があるとは限りません。つまり、就職は「縁」や「タイミング」がとても大切なのです。

その為、転職エージェントを利用したり、人から紹介を受ける場合や職業訓練等ですぐには転職しない場合でも、常に求人情報をチェックし、アンテナを伸ばしておきましょう。

また、転職サイトに登録しておく事で、希望条件に合った求人情報のメールが来たり、登録内容に基づき、企業側からスカウトメールが届く場合もあります。

転職サイトによって求人を出している企業も異なる場合もあるため、複数の求人サイトに登録しておくと、それだけ可能性が広がるでしょう。

転職サイトへの登録は無料ですし、いつでも登録でき、難しい操作や準備も必要ありませんので、積極的に活用しましょう。

④-3.転職エージェントを活用する

求人情報はできるだけ幅広く集めたほうが可能性が広がりますので、常に転職先の情報を集める努力が大切です。それと同時に、転職のプロである転職エージェントの活用をお勧めします。

転職エージェントは企業に対して人材を紹介し、その人材の採用後に企業から報酬を受け取る成果報酬型の仕事を行っています。企業へ紹介する人材は転職エージェントにおいても、とても大切です。

その為、求職者に対しては手厚いフォローが行われます。キャリアコンサルタントなどの専門家や経験豊富なスタッフからのアドバイスを通して、自分自身の適性や可能性に気づく事もあります。

他にも、応募、面接の指導や詳細な企業情報の提供など、求職者にとって転職エージェントは多くのメリットがあります。無料で登録、サービスが受けられるケースがほとんどですので、是非、活用してみましょう。

まとめ

営業に限らず、どのような仕事でも経験しなければ判らない事はあります。その経験によって気づいたり、成長できる事も多くあります。

壁にぶつかる度に方向転換していてはなかなか成長できません。成長する為には、辛いことを乗り越える努力は大切です。しかし、同時に人には向き不向きがあります。

我慢しているだけでは、成長のチャンスを失うこともあります。営業に向いていないと判断できたら、将来に向けて思い切ってチャレンジしてみましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、今の仕事を辞める前に転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仮想通貨・ビットコイン投資は今からでも遅くない!まだまだ上がる2018年が儲けるラストチャンス!

    お金持ちになってセミリタイヤしたい 仕事を辞めて好きなことをして生きていきたい …

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仮想通貨・ビットコイン投資は今からでも遅くない!まだまだ上がる2018年が儲けるラストチャンス!

    お金持ちになってセミリタイヤしたい 仕事を辞めて好きなことをして生きていきたい …
ページ上部へ戻る