仕事がつまらないときの解決策!辞めたいとお悩みのあなたへ!

c2b776fbad904355a22d351f36b88b1c_s

毎日会社に行って働く。働かないとお金が入らない。
そうすると食べ物、着るもの、住む所が確保できない。だから働くしかない。

それでも、体が不自由で働き口がない人、仕事があっても不利な条件ばかり。

生まれつきの病気の人も居れば、不運にも交通事故で体の自由が利かなくなった人など、周囲を見渡せばそんな方が沢山います。

私は幸運にも今のところ体だけは丈夫です。
また、やっている仕事も楽しいです。(稼ぎは悪いですが笑)

それだけでも恵まれているのかな?とも感じます。

ところで、あなたの仕事は楽しいですか?

楽しいか、楽しくないかは、まずは、あなたがやりたい業界に入ったかどうかで根本が変わってきます。

全く興味がない業界だけど、会社の安定性、給与が良いとかの理由だけだと、
なかなか仕事が楽しいと思える環境ではないと思います。

また、配属された職種によっても異なります。

例えばそのような人が営業職になって責任ノルマのある環境で、売りたくもないものを売らなければならないとなると、苦痛の日々を送らなければなりません。

同じ給料であれば内勤で与えられた仕事をルーチンでこなし、
時間が来たら上がる。こちらの方が楽で良いと考えるでしょう。

まあ、どちらにしても「仕事が楽しい」には直結しないと思います。

ではどうしたら、仕事が楽しくなるのでしょうか?
まず、上に挙げた例で現状を整理しましょう。

  • 給料は良い
  • 会社の安定性もある
  • しかし興味のない業界
  • そして仕事がつまらない
  • 項目数でいえばメリットとデメリットが2個ずつの半々です。

    しかし、項目ごとに重要度のウエイトを掛けたらどうでしょうか?

    そのウエイトは本人次第ですが、給料が良い、安定性のある会社というのは、
    求職者からすれば魅力的で人気が高い狭き門の会社だと思います。

    また、いくらやりがいがあっても会社の安定性が低く、給料が安いでは、いくらやっても評価されない、会社が突然傾いて転職しなければならないなんて状況に陥る可能性が高いのです。

    やりがいだけで仕事を選んでも給料、会社が安定していなければ、
    継続してやりがいの仕事ができなくなり本末転倒です。

    やはりずっと続ける仕事とは全体像を総合的に判断することが必要となります。

    なので、楽しいか、楽しくないかを考える前にまずは上述の事を検討しましょう。あなたはどれだけ恵まれた環境にいるのか?自分は贅沢ではないのか?など、一度自分に問いかけてみて下さい。

    しかし・・・

    本当は身を投げ出してしたい仕事に飛びつきたい!と思っていても、
    逆に今の会社の「魅力」が分かるので辞める訳にはいかない。

    だからこそ身動きが取れず、この会社に留まらなければならないという現状に地団太を踏んでる人も多いかと思います。

    家族のためにも仕事を頑張って続けなければならない

    など、男としての宿命みたいなものですよね。

    そこで、このような良い会社なんだけど、仕事がつまらない、しかし、生活を考えたら辞めて新しい会社に行くべきではない環境に置かれている人のために仕事がつまらない時の対処方法をご紹介したいと思います。

    まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

    もし、今の仕事を辞めたいなら、「辞めて転職できるか」を調べてみましょう。

    (以下のように診断結果が出ます)

    転職力診断

    @typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

    (無料会員登録後にテスト診断できます)

    ※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

    仕事を楽しくする=「目標」を立てること

    a3bca224a2bb04f62965d743230b4c29_s

    私は常にそう思っていますので、仕事がつまらない時には、
    タスクにゲーム性を持たせて仕事をしています。

    ①内勤のルーチンワークの場合

    仕事といっても多種多様にありますので人それぞれの実務まではわかりませんので、大枠として考えて下さい。

    このルーチンワークの場合、目の前にこなす仕事があり、それを行う。

    そこで私がやっているのは目標時間の設定です。

    この量なら何時までに終わらせたら早いなみたいな、
    ちょっと集中すれば達成できそうな目標をたてます。

    また、逆にその量を必死にこなしたら何時に終わるか?のタイムトライアル的な事をやったりもします。(あくまでも仕事のミスがない程度に)

    そうすることで、つまらない仕事もゲーム感覚でできますので、
    集中して時間が経つのも早く感じます。

    たまに同僚と競争したりしたこともありました。

    若い頃はゲーム感覚でやっていることが上司にバレて怒られたこともあります(笑)

    また、PCの入力作業などの場合、集中することでタイピングスキルもアップできるので一石二鳥です。

    ②営業職の場合

    売りたい物じゃないとか、売れないとか色々ありますよね?

    でも営業の場合、数字を上げていれば会社から文句も言われないだろうし、
    商材によって会社の受注方針も変わってきます。

    もし実績が低くても、営業報告で上司に期待感を持たせる報告ができれば、
    翌月に引き伸ばしことが可能な場合もあります。

    営業の場合、常に数字との隣り合わせなので、
    仕事にメリハリをつけないと行き詰ってしまいます。

    なので、うまく息抜きができる営業マンが「できる営業マン」だと私は考えます。

    また、その息抜きの時に良い案が浮かんだりするもんなんですよね。まさに好循環です。

    なので営業がつまらないけど、会社を辞める訳にはいかないと言う人は、
    まずは実績を上げて、空いた平日の時間に何して遊びたいか?考えて下さい。

    私の場合は釣りが好きで仕事をさぼって東京赤坂の弁慶堀でスーツのまま釣りをしたり、ショッピングしたり、ビデオ鑑賞等など。平日の昼間はどこも空いてるのでゆっくりできます。

    色々サボってますし、話題が増えますよ!

    まずはサボってしたい事を考えて下さい。
    そして目標が決まったら、営業成績を上げる!ことを必死に考えて下さい。

    さっさと終わらせる感覚でOKです(笑)

    自分の頭のなかでやりたい遊びの目標が明確にあるので、そこに行きつく前の邪魔な物事(仕事)を必死にクリアしようとすると案外うまく行くこともあります。

    私なんて17:00で閉店してしまうラーメン屋にどうしても行きたく、早く終わらせようと、必死にお客さんを説得していたら、「君の熱意に負けたよ」と言って車の注文をもらったこともあります。

    本当はラーメンが食べたかっただけなんですけどね。
    ちゃんとお客さんのアフターフォローをしましたよ(笑)

    あなたもこのように自分個人の目標と仕事を絡めてはいかがでしょうか?

    ③モノづくりの現場作業の場合

    製造業の機械にすいて行う作業って大変ですよね?

    日本の製造業、ましてや中小企業となると仕事の取り合いで薄利でも仕事を受けなければならない状況で、しかも品質は厳しい。

    作業員の見落としで不良品の流出なんてことがあれば信用問題になり兼ねません。

    単調で繰り返しの作業をしないといけないので集中していないと眠気が襲ってきたりしますので、基本的には規則正しい生活習慣をしないと仕事に影響がでてしまいます。

    私も経験がありますが、どうしても同じ行動の繰り返しは飽きてしまい、
    集中力がかけてしまいます。

    そこで私が頭の中で考えていたことは「効率化」です。

    自分で作業をやっていく事で段々スキルアップし、「こうやった方が確実だな」「こうやった方が早いな」「こうしたら綺麗だな」など常に品質を良くしようと考えながらやっていました。

    またその考えを会社に提案すると評価にも繋がるのでやりがいにつながると思います。

    同じ職場の作業員でもあくびをしながらやっていたり、たまに船漕いでいる人が居たり。製造現場では危険と隣り合わせなのでこういう状態では事故に繋がる可能性もあるので注意が必要です。

    自分で目標を立てて、実行できる人は良いですが、現場全体を活性化させるには会社主導でインセンティブなどを設けて、個人のアイデアを用いてやる気を起させるのも手だと思います。

    ④サービス業(接客業)の場合

    接客と言っても業種によって異なります。

    コンビニの店員のようにレジ打ちメインであったり、アパレルの様に浮遊客層へのアプローチ、電機屋の様な見込み客への商品説明など様々です。

    接客業をやっている人は基本的に「人」とのコミュニケーションが好きな人が多いと思います。人嫌いでは会話になりませんからね。

    しかし、私も色々店をブラブラして接客態度などを観察するのが好きで良く感じるのですが、つまらなそうにしている店員さん、きちんと説明してくれない店員さん、身だしなみがだらしない店員さんなど色々です。

    本気でこの客に買わせ様と思って接触してくる人が少なく感じます。

    私の場合、車の販売員でしたので一般消費財の販売とは異なりますが、
    価格が高額なため、見込み客をそのまま見過ごすなんて事はありませんでした。

    あまりしつこいとお店のイメージにも影響がでますが、もう少し仕事に楽しみを持ってやられた方が会社も客も本人も良いと思い、書かせてもらいます。

    恐らく店での日々の目標売上があると思いますが、店員さんに明確にインセンティブがはっきりしている店とそうでない店で店員さんのアプローチが違います。

    前者はガツガツ来過ぎるし、後者はやる気がなさすぎる。
    結局は会社のためより自分優先になってしまっているからなのです。

    いいものを作ってもリアル店舗販売であれば店員さんがその会社の窓口になり、
    その態度が悪いと会社や商品のイメージ簡単に落としてしまいます。

    まずは顧客と接触する店員さんの教育が最優先になります。

    そこで仕事がつまらないと思っているあなたに、対処法として良いのは「人間観察」です。

    これはこれから同じ仕事を続けて行く上でも重要で、
    観察力が付けば販売の武器にもなりますし、とても大切な事です。

    電車の中の行動パターンは?というアンケートで、人の行動を見てるのが好きっていう人も沢山いますが、ここではただ見てるだけでなく、この人はどういう人物か、何が好みなのかどういう行動をするのか?色々分析すると人の行動パターンが見えてきます。

    また、どの商品を買うか予想しても楽しいですよ。

    それを自分なりにデータベース化することにより、
    大体の人のセグメントが出来る様になります。

    そうなると販売員にとって必要なタイプ別の攻め方(接客手法)ができる様になりますので、実績アップに繋がり仕事も楽しくなると思いますよ!

    ⑤新卒・新入社員の場合

    正直、入社したばかりの新入社員が、仕事をつまらないと思うのは当然です。
    新入社員で仕事が面白い!なんてのは、滅多にないです。

    なぜでしょうか?

    それは、仕事を覚えていないからです。
    仕事に慣れていないからです。

    仕事に限らず何でもそうですけど、
    やり始めというのはきついですし、大変なんです。

    スポーツだってそうだと思います。

    最初は上手にできなくて何も面白くなかったけど、
    上手くなるにつれ、だんだん面白くなり好きになっていくんです。

    仕事も本当にこれと同じなんです。

    なので、新入社員で仕事がつまらないと嘆くのは早計です。

    石の上にも三年ではないですが、目安として三年やってもつまらなければ、
    転職を考えよう!という気持ちで仕事を続けてみてはいかがでしょうか?

    ⑥管理職の場合

    部下の育成、管理を行うあなたが仕事がつまらない環境では会社自体に悪影響を及ぼしますので、早く対策を打つことが必要です。

    ただ、あなたがつまらないという環境に追い込まれているという事は、
    余り良い会社ではないかもしれませんね?

    と言っても辞める訳にもいかないので何とかしなければなりません。

    管理職のあなたがつまらないのは「部下が思うように成果を上げないから」であれば、
    あなたのやることは沢山あるのでつまらないなど言ってる暇はないはずです。

    おそらく、部下の成果も遜色なく、あなたの指示がなくても普通に機能する。あなたの役割、必要性が見えない。ただミスが起きた時はあなたが責任をとならければならないというジレンマ。

    組織の土台作りをしっかりできていないと途中から立て直すのは難しく、
    放置に近い状態の部署は沢山あります。

    みなサラリーマンなので中々先頭に立って改革をしようとする人が居ないので、
    このような状態の会社は沢山あるのです。

    では、このような状況を打開するにはどうしたら良いでしょうか?

    このような状況に陥るっていうことは、
    部下とのコミュニケーションはうまくいっていますでしょうか?

    部下は目上の人には気を使いますので、表面上はうまくやっていることは多々あります。
    ただ、本心で話ができる関係か、裏で愚痴を言われていないか?そこがポイントです。

    いきなり関係も作らずあなたが何か新しい事をしようとしても、
    なかなか素直に部下はついてきてくれません。

    まずは部下との良いリレーション構築が必要です。

    会社では他の目がありますのでできればあなた主催の「飲み会」や「食事会」を設けて、
    素直な意見交換的な催しをするべきだと考えます。

    今まで会社では見せなかった部下の姿が見れるはずです。

    ここでのポイントはテーマを決める事です。

    何についての「会」なにかをはっきりしとかないと、
    ただの集まりで内容が薄くなってしまいます。

    また、上司のあなたが主催なので多少の出費は覚悟の上で、
    自分の仕事への投資だと思って割り切りましょう。

    辞めたいときの対処法4つ

    ①キャリアアップを仕事の目的にしてみる

    最初に押さえておいていただきたいのは、仕事を辞めること自体はむずかしくないけれど、その後のことを考えれば、かんたんには辞めない方がいいということです。

    転職には時間も労力もお金もかかりますし、転職先で、また同じ悩みを持たないともかぎりませんよね。

    ですから、今の仕事を続けながら、「つまらない」という悩みを解消できればそれがベストではないでしょうか。

    その前提に立って、おすすめ方法をお伝えします。

    まずは、「キャリアアップを目指す」という方法。仕事で結果を出し、スキルを磨けば、キャリアアップにつながるでしょう。

    キャリアアップすれば、今とは違う仕事に変わるわけですよね。

    今と同じセクション内での昇進というケースでも、立場がまったく変わるわけですから、当然、仕事の内容も変化します。

    そこには「部下のマネジメント」という新しい仕事も加わりますから、今と同じように「つまらない」と感じることはなくなるのではないでしょうか。

    キャリアアップして地位が高くなればなるほど、責任は重くなりますが、同時に仕事のやりがいも増していくものなんですよね。

    「『仕事がつまらないから辞めたい』と悩んでいる社長」は、ほとんど存在しないのではないでしょうか。

    社長の重責を感じつつも、人一倍大きなやりがいを感じながら仕事をしているのが、企業のトップなはずです。

    ですから、今の仕事のつまらなさはそのまま置いておいて、キャリアアップを日々の仕事の目的にしてみてはいかがでしょうか。

    それだけで、仕事のモチベーションがアップすることは間違いありません。

    そして、実際にキャリアアップできれば、その瞬間、「つまらない」という悩みは解消されるというわけなんですよ。

    ②高い目標設定をしてみる

    キャリアアップ以外の目標設定も、今の悩みを解消するために有効な方法です。

    日々の仕事について、できるだけ高い目標設定をしてみましょう。たとえば、数字に残る種類の仕事なら、現在の1日の仕事の成果の5割増しぐらいの目標にするのです。

    1割増しや2割増しぐらいなら、それほどの努力をしないでも達成できるかもしれません。けれど、現状より5割も成果をアップさせようとすれば、相当な努力が必要になりますよね。

    単に「がんばる」というだけでは、達成はむずかしいでしょう。

    仕事のやり方を変えてみたり、より効率的な仕事の方法を模索してみたりといった、頭を使った工夫も必要になるはずですよね。

    そうした工夫をしながら仕事をすれば、「つまらない」と感じることがなくなるのではないでしょうか。

    つまり、今までと同じ仕事をしていながらも、工夫をする楽しさ、それがうまく行った時の喜びを経験することができれば、つまらなかった仕事がおもしろく感じられるようになるというわけなんですよ。

    単純作業の仕事であっても、「いつもは1時間かかる仕事を、40分で仕上げてみよう」という目標設定すれば、モチベーションはアップします。

    事務作業の場合でも、「資料を完璧に仕上げる」とか、「ミスをまったくしないようにする」という目標を立てて、モチベーションを上げることができます。

    仕事にミスはつきものなだけに、それをゼロにするというのは、高い目標設定になるわけですね。

    ③上司に移動や配置転換を申し出る

    勤めている会社の規模にもよりますが、同じ会社にいながらでも、他のセクションに移ったり、違う種類の仕事に配置転換してもらえれば、今の「つまらない」という悩みはなくなるわけですよね。

    ですから、その可能性を模索してみるというのも、悩み解消のためにやってみていい方法だと思いますよ。

    一度、上司に相談してみましょう。ただし、「今の仕事はつまらないので、他の部署に異動させてください」というのはNG。

    その理由では、異動難しいでしょうし、上司に嫌な顔をされるだけです。

    ここは、前向きな理由にしましょう。

    たとえば、「○○部の仕事に大変興味があります。わがままな希望だとは思いますが、○○部で新しい仕事に挑戦することはできないでしょうか。○○部の仕事で、会社に貢献したいんです」というように説明するのです。

    ポイントは「会社に貢献したい」というフレーズ。このフレーズを加えることで、「わがままな申し出」という印象が薄まるわけですね。

    こうした前向きな異動希望理由なら、上司も「考えてみようかな」という気持ちになってくれるかもしれません。

    複数の部署のある会社や組織であれば、社内の異動はつきものです。あなたがそのように上司に申し出ておけば、異動のタイミングを早めることもできると思いますよ。

    異動の可能性をアップさせるために、試してみてはいかがでしょうか。

    ④「稼ぐため」と割り切る

    今の仕事がずっと続いたとしても、あなたの意識を変えることで、「つまらない」という悩みを軽減することは可能です。

    かつての私がそうだったのですが、今のあなたも仕事に期待しすぎているところがあるような気がするんですよ。

    「仕事にやりがいを感じたい」と思い、「仕事を生きがいにしたい」という期待があるから、今の仕事のつまらなさに耐えられないのではないでしょうか。

    仕事していて、「つまらない」と感じている人の中には、あなたや私のように「辞めたい」と思い悩んでいる人もいれば、そうでない人もいますよね。

    「つまらないけど、辞める気はない」という人も少なくないわけです。

    あなたや私は「辞めたいけど、決断できない」と悩んでいるわけですが、そういう人は悩みを抱くことはありません。

    ですから、あなたも、「仕事はつまらないけど、辞める気はない」という意識を持てれば、今感じている仕事の辛さは解消できるわけですよね。

    そこでおすすめしたいのが、「仕事にやりがいを求めず、稼ぐためと割り切って仕事をする」という対処法です。

    たとえば、「つまらない趣味」を無理に続けるのは、時間とお金の無駄以外の何ものでもありません。

    けれど、「つまらない仕事」の場合は、それを続ければ、まちがいなくお金になるわけですし、時間の無駄でもありませんよね。

    「給料はつまらない仕事をするガマン料」と考えてみてもいいでしょう。そして、その仕事で得たお金で、プライベートを充実させることを考えるのです。

    「今度の長期休暇は、どんな風にして過ごそうか」と考えれば、楽しい気持ちになりますから、仕事の辛さも薄れるに違いありません。

    その楽しいプライベートを実現してくれるのは、仕事で得たお金にほかならないわけですね。

    そのように割り切って考えることができれば、「つまらない」と感じながらも、「辞めようか」と思い悩むことはなくなると思いますよ。

    そして、そのうち、キャリアアップしたり、社内異動になれば、お話ししたように、仕事の内容が変わってくるわけですね。

    まとめ

    いかがでしょうか?

    少しでも参考になり、つまらない仕事の改善のきっかけになれば嬉しく思います。

    改善策の基本は「目標設定」です。

    何事も目標を持っていないと自分の目指す物事が見えず、惰性になりがちです。
    些細な事でも目標を持つ癖をつけると自然と楽しみを見つけれるようになります。

    但し、仕事とは一人でやることではなく、
    人と人との繋がりがあって組織として成り立つのです。

    その人とのコミュニケーションがうまくいっていないと、
    結局はつまらなくなってしまいます。

    なかなかつまらない環境から脱出できない人は、
    周りの同僚からつまらない環境を分かち合える仲間を作ることが大切です。

    トピック!

    精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

    辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

    やりたい仕事を簡単に見つける方法

    まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

    もし、今の仕事を辞めたいなら、「辞めて転職できるか」を調べてみましょう。

    (以下のように診断結果が出ます)

    転職力診断

    @typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

    (無料会員登録後にテスト診断できます)

    ※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

     

    関連記事

    コメント

    • トラックバックは利用できません。

    • コメント (0)

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

      今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

    ピックアップ記事!

    1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
    2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
    3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

    PickUp記事!

    1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

      今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
    ページ上部へ戻る