同僚に仕事を取られる自分が情けないです。辞めたいぐらい悩んでいるのですが、どうしたらいいでしょうか?

仕事で成功するかどうかは、単純に能力だけで決まるわけではありませんよね。数々の根回しや上司に取り入る上手さなどを発揮し、仕事で成功をおさめる人もいます。

もしもそれがあなたの同僚だったら、あなたは仕事を奪われる立場です。露骨に仕事を取られてしまうようなことがあれば、泣きたくなるぐらい情けない気持ちにとらわれてしまうでしょう。

そして、そんな職場には誰でもいたくなくなりますし、どうするのが最適なのかわからなくなってしまいますよね。

そこで、同僚に仕事を取られるような事態に陥ったらどう立ち回れればいいのかを3つ提案していきます。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、「辞めて転職できるか」を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

①仕事を取られたら取り返す熱意を持つ

仕事には限りがありますので、割り振りもそれに合わせるのが一般的です。1つの仕事に何人も任せるのは人件費の無駄ですので、定員が決まっています。

もしも同僚の根回しによって仕事を取られてしまったら、とても悲しいですよね。また、あなたは「実力がなかった」と嘆くかもしれません。

そうした根回しも仕事のうちですので、上手く立ち回れなかったのは反省すべき点に違いありませんが、だからといって悔やんでばかりいても状況は変わらないです。

精神的にショックが大きければ辞める考え方に傾いてしまいがちですが、その前にもう1度仕事を取り返そうとする熱意を持ってみてはどうでしょうか?

そこで身を引いてしまったら、正真正銘の負け戦になってしまいます。

それであなたは納得できるのでしょうか?もしもあなたの中に少しでも反骨心が残っているのであれば、仕事を取り返す熱意を持ってみて下さい。

そこで取り返すことができれば、仕事の自信につながります。そうして同僚としのぎを削っていくことはお互いの能力向上にもつながることですし、仕事を取られたからといってそれで辞めてしまうのはもったいないです。

仕事をしていればそのような試練は必ずあることですし、良い経験だと思って乗り越えられるように力を注いでいきましょう。

②別の仕事で存在感をアピール

仕事を取られてしまったらそのことにばかりこだわってしまいたくなりますが、それではずっと悩み続けることになってしまいます。

悔しさは情けなさはもちろんあって当たり前ですが、その気持ちをネガティブからポジティブへと転換させ、別の仕事で存在感をアピールできるように思考を柔軟に切り替えてみるのはどうでしょうか?

同僚に仕事を取られたからといって、仕事がまったくなくなるわけではないですよね。あなたには別の何らかの仕事が割り与えられるはずです。

その仕事は、前にしていた仕事と比べて重要とは言えないような地味な仕事かもしれません。しかし、仕事である以上、成果を出しさえすれば存在感をアピールできます。

仕事は目に見えて華やかな仕事もあればそうでない仕事もありますが、どちらでも結果さえ出せば上司から評価してもらえます。たとえ仕事を同僚に取られてしまったとしても、それであなたの仕事のキャリアが完全に失われるわけではありません。

また、仮にキャリアから外れてしまったとしても、仕事のやりがいが消えてしまうわけでもありません。むしろ新たな仕事をする喜びを、発見できるかもしれないのです。

つまり、感情のままに辞めてしまうのはもったいない選択です。同僚に仕事を取られれば一時的にネガティブな考え方に心が支配されてしまいがちですが、それまでとは違う存在感のアピール方法があると心得ておきましょう。

③時間が解決してくれるのを待つ

どんなことでもそうですが、仕事はそのときの課題を乗り越えられないと苦しくなります。同僚に仕事を取られるというのは、とても屈辱的な出来事には違いありません。

あなたの心は大きく傷つき、立ち直れるかどうか不安になることでしょう。ただ、だからといって辞めなくても良いのではないでしょうか?時間が解決してくれるのを待つのも、立派な仕事への取り組み方です。

もしかしたら、仕事を取った同僚がその後失敗してしまうかもしれません。その場合、あなたは泥船に乗るのを回避できたととらえることもできます。

そうなれば、仕事を取られたけど結果オーライだったと、仕事を取られたことの屈辱感は和らいでいきます。目の前の結果だけがすべてではなく、災い転じて福となすこともあります。

同僚が仕事で大成功をおさめてさらに高みへとステップアップするということもあるかもしれませんが、それとて長い仕事人生の過程に過ぎないですから絶対に正解とは言い切れません。

仕事を取られたとしても慌てず騒がず、時間が解決してくれるのをじっくりと待つのも選択肢の1つですよね。

まとめ

同僚は一緒に仕事をする仲間ですが、その一方ではライバルでもあります。出世競争をしているならなおのことそうで、時には憎く感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、ネガティブな気持ちをそのままにするのではなく、熱意に変えたり、別の仕事へのアピールにつなげたりなど、必ずしも悪いことだけではないです。

仕事を取られれば情けないですし屈辱的なのは否定できませんが、そこで辞めることなく踏み止まれれば、仕事人としてあなたがワンランク成長することは間違いないでしょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、「辞めて転職できるか」を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る