派遣が辛いときの5つの対処法

5cacdae9b08c204436389306b3923ad1_s

派遣が辛い、辞めたいと思う時ってありますよね。派遣には正社員とは異なるプレッシャーや悩みが多いため、辞めたくなる人は少なくありません。実際、辞めてしまう人も非常に多いです。

実は私も派遣で働いていた時に辞めたくなったことがあったので、その気持ちはよく分かります。会社の福利厚生の制度を利用できるのは正社員に限定されているなど、正社員との差が多く悲しくなることが多かったです。

また立場が弱いと考えているため、常に周囲を気にして緊張している状態が続いていました。表面上は仲が良さそうに正社員の人と話していても、心中は穏やかではないことが多かったです。

そのように常に心にゆとりがない状態だったので毎日が非常に辛かったです。そのため派遣を辞めたいと考えるようになりました。

しかし、私はいくつかの方法でその危機を乗り越えることができたのです。同じ境遇にいるあなたにもその方法をお伝えしたいと思います。

①心にゆとりを持つ

派遣で働いていて心にゆとりがなくなると辞めることばかり考えるようになってしまいます。そのため多少強引な方法であったとしても、心にゆとりを持たせることは非常に大切です。その方法とは手紙を書くことです。

真心を込めた手紙を書くことにより、自分の心にゆとりを作り出すことができるのです。手紙を書くにはいろいろなことを思い出す必要があります。

手紙を書こうとすると、これまでの楽しかった経験や好きの人との思い出を沢山思い出しますよね。心を込めた手紙を書く相手がいる場合はその人に向けて書くと良いです。

もしそういう人がいない場合は知らない人が相手でもいいのです。自分が好きな芸能人や過去の有名人でも構わないというわけです。どんな人が相手であれ、心を込めて手紙を書くとそこには感謝の気持ちが生まれます。

実際に、その手紙を相手に送る必要はありません。手紙を書くこと自体が目的であるからです。そのため字の綺麗さや文法など、細かいことにこだわる必要はありません。

しかし、もし素晴らしい手紙を書けたら相手に送っても良いでしょう。

そうすることにより、手紙を受け取った相手は嬉しいと感じ、あなたとの間の関係がさらに友好的なものになると考えられるからです。そうすれば、あなたの中にさらに大きなゆとりが生まれることでしょう。

②先を見通す

派遣を続けていて、先のことを不安に思う人はとても多いです。いつまで続けられるか分からないので、そう思うのも無理はありません。

その不安が精神的なプレッシャーとなって辞めたい気持ちを誘発しているのです。

派遣として働いてきた自分を見つめ直したときに、常に緊張していたと感じる人は少なくないでしょう。そういう場合は自分の葬式をイメージしてみると良いです。

突拍子もない提案だと思われるかもしれませんが、これは非常に有効な方法です。自分が人生の最期を迎える時、派遣で働いていたことを正しいと思えるかどうかを想像してみると良いのです。

派遣を辞めて正社員として働く道を選べば良かったと思う人もいるでしょう。しかし、派遣の良いところを見つけて、派遣で働いたことを後悔しなかったと感じる人もいるはずです。

自分の最期を想像することは、今の自分を見つめ直す良い機会になるのです。最後を想像することが悲しい気持ちを招くこともありますが、生き方を見直すには大変有効なのです。

③派遣は普通だと考える

派遣で働くことを大変だと考えているために、プライベートや友人関係をないがしろにしている人も少なくありません。

例えば、派遣で働いていることを恥ずかしいことだと思い、正社員の友人との交友を遮断した人もいます。また派遣である自分は、趣味に時間を使うことなど許されず、常に勉強しなければならないと考えている人もいます。

このような人たちは派遣は正社員と比較して駄目な存在であると信じ込み、自分をノイローゼのような状態に追い込んでいるのです。

人間は、自分に関することは、どんな小さな事でも大きな問題に仕立てしまう傾向があります。働くことを人生の目標として真剣に考えている人は、派遣であることを恥ずかしいと思ったり、駄目なことであると思ったりするのです。

これは、非常に大げさなことであると言えます。その大げさな妄想を作っているのは自分自身だと気づくことが何より大切です。

もし派遣が恥ずかしいことや駄目なことではないと気づけば、辞めたい気持ちは少なくなるでしょう。

④悩むのは頭の片隅にする

派遣で働くことについて、真正面から受け止めて悩んではいけません。そのように悩み出すと非常に大きなストレスになってしまうからです。

そのため、悩むときは頭全体を使うのではなく、頭の片隅を使うのがコツであるといえます。つまり、物事を自由に考えられる暇な時には派遣で働くことについて考えないようにしなければなりません。

そう時に頭全体で考えると、どんどん深みにはまって抜け出せなくなってしまうからです。まさに悩みのループに陥っている状態であるといえます。

そのような状態になると、振り払えないほどのストレスを抱えることになってしまいます。そのため、強制的に思考を遮断せざるを得ない状況が来ると分かっているときに考えるのです。

例えば、仕事が終わって最寄駅で降りてから家に帰るまでを考える時間に割り当てると良いです。歩いている時は、道路や通行人などを確認する必要があるので、とっぷりと思考に浸ることはできません。

また家に到着するとしなければならないことが沢山あるので、思考を中断せざるをえません。つまり派遣で働くことについて、悩める時間を強制的に有限にするのです。そうすることにより、悩みのループに陥らなくて済みます。

⑤感謝の気持ちを持つ

派遣で働いていると、いろいろなことを恨めしく思ってしまいがちです。自分より優遇されている正社員に対して妬みの気持ちを持ってしまうことが多いですよね。

また、そのような境遇でしか働けない自分自身に対しても恨めしく思ってしまう人も少なくありません。そのような恨めしい気持ちを持ってしまうと、派遣で働くことが嫌で堪らなくなってしまいます。

最初は我慢できていても、段々と辞めたい気持ちが高まってしまいます。その気持ちが高まり過ぎると辞めたくなってしまいますよね。

そういう時は、ほんの少しの時間で良いので、感謝の気持ちを持つようにするのです。感謝の気持ちは心の安定と直結しています。今の自分の状態に感謝することによって、派遣で働くことに対する心の乱れがなくなるのです。

自分の職場の人に対して感謝することが最も有効ですが、中にはそれは難しいと言う人もいるでしょう。そういう場合は、誰に対して感謝をしても構いません。

例えば、街を歩いていて、自分に道を譲ってくれた人に対して構わないのです。感謝の気持ちは肯定の感情です。派遣で働くことに関する否定の感情を中和することができます。

色々な人に感謝できるようになると、職場の人に対しても自然と感謝できるようになってきます。そうすると職場が好きになってくるので、そこで働くことに対して否定的な気持ちがなくなります。

まとめ

今回紹介した方法は、どれもとても単純なものだと思われることでしょう。

確かにどの方法も非常にシンプルですが、実に効果があるのです。どの方法も特別な準備は入りません。派遣を辞めたいと悩んでいる人はぜひ気軽に試してみてください。

トピック!

派遣を辞めたいときはとにかくこれをしなきゃまずい
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る