第二新卒の定義とは?年齢的にいつまでが第二新卒で通常の転職とどう違う?

39807d4127b678b3c8cb398660ab755f_s

転職を考える時、第二新卒・・・という言葉をよく耳にするようになります。

しかし自分が第二新卒なのか、違うのか、具体的な第二新卒の定義はわからないものですよね。

そこで、第二新卒について、3つのポイントでご紹介させて頂きます。

①第二新卒とは25歳前後の人達です

第二新卒に対して、確実に定義といえるものはありません。

しかし多くの場合第二新卒とは、学校を卒業してから1~3年で転職する人達のことを言います。

つまり、全てストレートで合格・卒業してきた人達で四年制大学の場合、22~25歳の人達のことを差すことになります。

中には浪人した場合や、短大に通っていた場合など、色々な人達がいるため、25歳前後・・・と思っておくことが一番近い答えでしょう。

また場合によっては、働いていなくても留学後の就職活動であれば、第二新卒とみられることもあります。

25歳前後ということは、通常の転職者との大きな違いは、その若さにあります。

また、比較的、通常の転職者よりも仕事への熱意、将来への熱意が高い人が多いです。

それはやはり若さゆえに様々な夢をみる傾向にあること、また、長年働く職場を見つけたいという強い気持ちがあるということが理由にあるでしょう。

②社会人経験が求められます

第二新卒に一番求められるものは、社会人経験です。

第二新卒の良さは先程も述べたように、その若さにあります。

ですが若さだけであれば新卒のみを雇えば良いわけです。

しかしそれでも第二新卒を求めることには理由があります。

それは、若い上に社会人経験があるということなのです。

社会人経験があることで、採用後すぐに働いてもらうことが可能になります。

新卒の場合、まずは社会人としての基礎的な力を身に着けてもらわなければならなくなるため、働き始めるまでに時間が必要なのです。

つまり第二新卒の場合は、社会人経験がない人、つまり、社会人としての基礎的な力が身についていない人は落とされてしまうということになるのです。

因みに、社会人としての基礎的な力とは、簡単な事務作業だったり、コミュニケーション能力だったり、急な変更に対応できる能力だったり、ストレスに強い心だったりといったものがあげられるでしょう。

また、社会人経験のみで考えれば、第二新卒よりも通常の転職者の方がたくさん持ってはいますが、第二新卒は若くて率先力になるというところがポイントなのです。

ですから面接の際には、社会人経験ばかりをアピールしていても、通常の転職者に勝つことはできません。

社会人経験のアピールももちろん必要ですが、若さのアピールもしっかりできると良いですね。

③将来への期待が通常の転職よりも高い

第二新卒はその若さゆえに、期待をもたれやすいです。

通常の転職者を雇うよりも長年働いてもらえる上に、やる気のある人が多いため、期待をもたれやすいのです。

つまり、第二新卒の人は、これらの期待にこたえられるだけの気持ちの強さが必要になってくるということです。

もしも転職理由がマイナスなもので、「今の職場以外ならどこでもいい。」「もっと待遇が良いところで働きたい。」といった場合でも、プラスな転職理由を考えておくべきでしょう。

実際に私が第二新卒として転職した時も、やる気のある人材だと思われるために、転職理由には嘘をつきました。

本当は人間関係に悩んで、どこでも良いから転職したい・・・という気持ちだったのですが、他にやりたいことができたのだということを理由にしましたよ。

やはり第二新卒の場合の面接などでは、将来のことを聞かれることが多いです。

「将来的には何を目指していますか。」といったような質問をされるのです。

つまり、この質問にしっかり答えられるかどうかで、やる気があるのかないのかも伝わってしまうということなのです。

またこの質問にしっかり答えるためには、その受ける企業のキャリアアップ例をしっかりしっておくことが大切です。

大体何年働けばキャリアアップできるのか・・・ということは、色々な情報を探せばなんとなくわかってくるものですよ。

そこまでちゃんと調べることで、採用側も、雇った後の想像がしやすいため、雇いたいという気持ちも高まるのです。

まとめ

自分がいざ転職しようと思った時に、第二新卒なのか、通常の転職なのか、考えると不安になってきますよね。

そしてどちらなのかがはっきりしたら、今度はその立場に合わせた転職準備が必要になってくるのです。

どちらの場合であれ、それぞれに求められていることの違いをしっかり頭に入れて、その求められていることを十分に発揮できるようにしておきましょう。

また、求められていないことでも、他の立場の転職者に追いつくぐらいのアピールをするように心がけておきましょう。

あなたの転職の立場はどれになるのかお分かりになったでしょうか。

是非、まずは立場を確認してから、正しい転職準備を進めていくようにしてくださいね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

第二新卒で転職を考えている方は要閲覧!

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、転職する前に今の仕事を辞めて転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

⇒ とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

[email protected]とお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る