企業研究のやり方?!そんなの行動したらいいだけ。

53930496575949926fefb046cd85898e_s

就活で企業研究は欠かせないものです。
ですが、この企業研究。就活生が苦労するわけです。

就活本で、企業研究の情報が出回っていないというのもありますが、
そもそも、やる気にならないのが一番大きいような気がします。

私もそうでした。

なぜかというと、就活時に明確に働きたいという会社がなかったからです。
働いたことなんてなかったですしね。

それに、企業研究をそこまでしなくても内定を獲得している就活生も多かったのも事実です。

企業によっては、志望動機を深く聞いてこない方針の企業もありましたしね。
ただ、もちろん企業研究はするにこしたことはありません。

結局、面接官に「なぜ、当社じゃないとダメなのか?」を、
伝える必要がありますからね。

究極な話、それさえできれば、企業研究はする必要ないということです。
これは、あくまでも内定を目的においた企業研究の話です。

志望企業を決める企業研究はまた別の話ですからね。

さて、では内定を取るための企業研究ですが、
先ほども伝えましたが、面接官に納得してもらえる志望動機をつくればいいわけです。

具体的にはどうすればいいか?

それは、行動するだけです。

要は、言葉ではなく行動した事実を伝えるわけです。

御社の企業理念に共感してとかそんな薄っぺらい志望動機ではなく、
OB訪問してとか、御社の商品を実際に使ってみてとか、
自ら行動した経験を積み上げていくわけです。

それが、一番効率の良い企業研究のやり方です。

言葉ではなく行動することです!

同業他社の資料請求をして比較するとか、
店舗があるなら実際に足を運んでみるとか。

そういう地道な行動が内定に近づけるわけです。

あなたも面接官なら行動してる就活生の方が、熱意が伝わりますよね?

行動が土台で、その後に言葉です。この手順を間違えてはいけません。

ここまでやっても内定を取れるというわけではもちろんありませんが、
内定に近づくことは間違いないです。

プラスアルファーで、あなたが実現したいことが、
志望企業でできるということを、企業研究で見つけれれば評価は高いです。

いわゆる、キャリアプラン、キャリアパスというものですね。

これも、熱意を伝えるのに十分な説得材料になりますからね。
入社しても、すぐに辞めないだろうと思わせることが出来るわけです。

何となく想像できますよね?

なので、行動+キャリアプラン。

この2つが、企業研究のキーポイントです。

就活を何から始めたらいいか分からない方はこちら

Unistyleに登録して内定者ESを参考にしよう!

Unistyleは内定者ESを中心に、エントリーシートに通過するための情報が全てつまっています。毎年6万人以上の就活生が利用していますので、ES通過には欠かせない登録必須のサイトです!

とりあえず、Unistyleに無料登録する

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仮想通貨・ビットコイン投資は今からでも遅くない!まだまだ上がる2018年が儲けるラストチャンス!

    お金持ちになってセミリタイヤしたい 仕事を辞めて好きなことをして生きていきたい …

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仮想通貨・ビットコイン投資は今からでも遅くない!まだまだ上がる2018年が儲けるラストチャンス!

    お金持ちになってセミリタイヤしたい 仕事を辞めて好きなことをして生きていきたい …
ページ上部へ戻る