転職に失敗したときの対処法5つ

7970033ea775f539b2e470af8646111c_s

転職といえば多くの人が考えることを経験するものです。そして、中には実際に転職というのを行動に起こすという人もいるのが現実です。

あなたの周りにも転職経験者はいるのではないでしょうか。

あるいは、あなた自身が転職を経験したという人もいるはずです。しかし、転職というのはなかなか難しいのが現実で「転職してよかった」と成功を喜んでいるという人は多くありません。

何かしらの目的や希望をもって転職をしてはみたものの思い描いていたものと現実とのギャップに苦しんでいたり、公開しながら転職先での生活を送っているという人も相当数いるものです。

転職というのは失敗することも想定して行動することが必要になります。

失敗をすることを前提に行動するということではなく、失敗したときのことも考えておくという事が大切ということです。

人は転職する時というのは今よりも何かの状況がよくなることを目的にして目指して行動を起こすものです。そして、その行動というのは人によって大小の差はあれ覚悟というものがあります。

その結果がうまくいかなかった時というのは誰しもがショックを受けるものです。落ち込んでしまい転職という行動を後悔するものです。

それでも行動が無駄ではないということを理解しましょう。

転職に失敗してしまった時というのはどのように考え、どのように行動する事が必要になるのでしょう。失敗の理由や失敗した結果として起こっている事によって対処法は様々になります。

そこで、理由や結果によって取るべき対処法を整理してみました。

転職というのは先の結果を考えすぎると行動できなくなります。ですので、失敗してしまった時の対象法や考え方を知っておく事でそれを解消しましょう。

①転職に至る経緯

まずは転職するという行動に至る経緯について考えてみることが大切です。

あなたや、あなたの周りの転職を考えている人というのはなぜ転職をしようという考えてを持っているのでしょうか。

転職をする人というのは誰にでも何かしらの理由があるものです。今の仕事に対する不満が原因という人もいれば、今の仕事には不満はないが、更なるステップアップを目指してという人もいます。

この転職に至る経緯、理由というのがその後の行動や結果にも大きく影響してくるというのが現実です。経緯や理由によって失敗するということではありませんが行動が変わるのは事実です。

転職をしようと考える経緯や理由によって転職する時の行動というものは当然変わって来るべきものです。その部分に対する考え方が間違ったり甘かったりすると失敗してしまう可能性があがります。

なぜあなたや、あなたの周りの人というのは転職を考えているのでしょうか。

その理由に沿った考え方や探し方で転職の活動をしていますか。そこがとても重要な要素ということになります。

あなたが、今の仕事に対して不満をもっての転職を考えているのであれば転職先というのはしっかりとその部分をしっかりと改善してくれる転職先を探すことが優先すべきポイントとなります。

その場合とは異なり、ステップアップを目的に転職を考えている人というのは今の仕事に比べてより求めている要素の高い仕事を選択していくことが、とても重要な要素となってくると言えます。

このように、転職と一言で言ってもその行動というのはポイントが大きく変わってくるものです。それを理解した上でも転職というのは難しいもので正しい情報を見つけるのは困難と言えます。

では、誤った情報や選択の間違いによって失敗してしまった場合はどうするのが良いのでしょうか?転職したからといって全ての希望が叶うということはないと考えるのが正解だと言えます。

例え誤った転職先に入ってしまった場合でも違う仕事や職場というのはあなた自身に新たな経験を与えてくれるということは変わりません。

その部分をプラスに捉えるということが大切になります。

その新たに得た経験という部分を踏まえてその後の自分自身の行動を考えることができれば失敗の度合いを抑えるということにはつながるはずです。

②転職での問題解決

転職を考え行動に移す人にはそれぞれに動機と目的というものが存在するものです。

どのような動機をもって、どのような目的で転職という行動に踏み切るのかは時期やタイミングによて様々です。

動機として多くの場合にあげられるのが現状の職や職場への不満を原因とした就業、職場環境の完全を求めてというものになります。転職を機に現状の不満や不安を解消しようというものです。

この場合は転職することによって現状で抱えている問題が解決するということが転職の成功ということになります。逆に同じような現象や状況になるようであれば転職は失敗と言えます。

現状の不満や不安がどのようなことに対してのものかという事が大きなポイントとなります。拘束時間や勤務時間帯などの問題や休日や給与面などの待遇面での問題というケースも多く見られます。

あるいは、会社の方針や将来性などに対する疑問や不安という事が問題となっているケースも少なくありません。

これらは確かに転職先によっては解決、改善することが可能だと考えられます。

しかし、転職先でもやはり同じような問題や、別の問題を抱えるという事も珍しいことではありません。そうなると転職は失敗であったと考える人が多くなるというのが現実だということができます。

それでは、転職した先でも同じような問題や別の形の問題を抱えてしまった場合はどうするのが良いのでしょうか?

実際のところ、問題を抱えたからといって転職した先から再度転職というのは容易なことではありません。

この場合には、まずは自分自身が行動することで解決できるものなのか、あるいは企業自体の問題や体質で自分自身だけではどうしようもないものなのかという事を選別することが必要です。

あなた自身の行動で解決や改善が可能な面があるのであればまずは行動するということが重要です。転職を繰り返すということはプラスにはならないというケースも少なくない現状があるからです。

自分自身だけではどうしようもない問題、会社の方針や政策、将来性といった問題についてはどうするべきなのでしょう。

この場合には今の職場や業務において楽しみを見つけるということです。

同じ職場や職種であってもあなた自身の行動によっての楽しみを発見することができれば仕事に対する考え方も変わり、不満や不安の解消につながるということも現実に起こっているのです。

③転職でステップアップ

前向きに転職を考える人の多くが転職の動機として上げるのが「転職によるステップアップ」という事です。これは転職によって今の現状よりもより専門的に、より深く仕事をしたいということです。

専門職においてはこの動機による転職というのは多いケースだと言えます。

この場合は転職することで現状よりも自分自身が成長できる環境で仕事をできるということが成功のポイントになります。

逆に考えると、企業自体は専門職が強かったり、業界の先端を行っているような場合でも自分自身の業務が求めているものと違うものを与えられるような場合には失敗ということになるでしょう。

転職でステップアップを目指すという場合においては転職が失敗に終わるということも少なくはありません。この原因は企業の中の業務の内容というのは外からでは見えない部分が多いと言うためです。

あなた自身の実績や技能によって優遇されるということもありますが、多くの場合において転職先でのあたなはあくまでも新人からの再スタートになると考えることが重要になってきます。

求める職種や業務に就くためには時間も実績も必要になるという場合が多いということを認識しておくことが大切です。

すぐにではなく将来的に目的を達するという事も踏まえることです。

では転職した先で、あなた自身の求めるステップアップが見込めない環境の場合はどうするべきでしょうか?

この場合に必要なことは結論、選択を急いではならないということです。「今」だけではわかりません。

転職する際に調べて、確認して選んだ企業であるのであれば、そこであなた自身の求めるステップアップにつながる職種や業務に就くための方法をしっかりと調べて底に向かうということが大切です。

その求めていた部分を勝ち取るための行動は転職したあとに必要になってくるのです。

④転職のリスク

転職するということは決してマイナスなことばかりではありません。

以前に比べて「終身雇用」の考え方は弱くなり、転職を1つのステップアップと考える考え方の広まっていると言えます。

それでもやはり転職にもリスクは伴うという事はしっかりと認識しておくことが大切です。転職に失敗した人の多くが「こんなはずじゃなかった」と考えるのはこのリスクに対する考えの甘さが原因の1つです。

転職に失敗した時にはどうするのか、という事を自分自身の中である程度想定しておくという事は、転職で失敗した場合の自分自身にとっては実はとても重要で役に立つことだと知るべきなのです。

失敗という結果が出てから、どうしようと考えるのでは失敗してしまったことを後悔してしまうケースが多くなります。失敗した時にこうなったら次はこうするというものがあればマイナス面は抑えられます。

転職に伴うリスクの代表的なものの1つが「転職の目的を果たせない」という事が起こるという点になります。転職に目的をもって望む人が多いことでその目的を果たせないことを失敗としてしまうのです。

確かに転職には目的があり、それを果たすことが出来ることが最善の結果だと言えます。しかし、それが全てではないということです。

転職した先では必ず新しい経験を得ることが出来るものです。これは、転職したからこそ得られる経験ということになります。

主となる目的とは違ってもあなた自身にとってプラスになることは転職によって得ることが出来ると考えることが失敗に終わらない為に必要です。

また、転職のリスクとして「新人からの再スタート」になるということも認識しておくことが大切です。この認識を持つことで転職先ですぐに目的に近づけなくても焦ることがなくなります。

転職したからといってすぐに目的が満たされるということは実に少ないケースだと言えます。転職先で新人である以上は信頼と実績を積み上げる必要があるという事は当然の事と考えるべきです。

転職に伴うリスクをしっかりと認識することは、転職の失敗という判断を謝らないためにもとても重要な事になります。

⑤転職先からの転職

転職について悩み、考え行動して新しい企業を決めたという場合でもやはり転職が失敗に終わるということは少ないとは言えないのが現実です。

仕事上の問題はどこにも存在しているということです。

その中でもやはり耐え難い転職先を選択してしまうというケースが発生します。その場合については選択肢の1つとして再び転職をするということを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

転職による問題を転職によって解決するということは容易なことではありません。また、転職を何度も繰り返すということはあなた自身にとってプラス面よりもマイナス面の方が多いと考えるべきです。

しかし、転職に失敗してしまった場合において転職前よりも状況が悪化してしまっている場合や、あなた自身にとって取り返しのつかない事態を招きかねない場合などにおいては選択肢としては持つべきです。

転職での失敗の解決策として転職を選択するという考え方ではなく、今の現状に大きな問題が起こっているために転職をするという1度目の転職と同じような考え方での転職の選択という事です。

その場合においては今の職場は転職先ではなく、あくまで現状の職場という位置づけになります。しかしこの場合でも転職するリスクは拡大しているという事を認識しておくことが大切です。

理由はどうであれ、受け入れる側に置いては転職を繰り返しているという認識をもつ可能性が高いためです。現代では年代にかかわらず職を転々とする人というのも少なくありません。

転職先から転職をするということはそのような中の1人と受け取られかねません。

それを踏まえたうえでの選択肢の1つとして考えるべきです。そしてしっかりと動機と目的をもう一度整理しましょう。

転職に求めた目的が達成されないから、転職先でも状況が変わらないから、という理由で転職を繰り返すということは同じ失敗を繰り返すことにつながるケースが多くなってし合います。

1度目より2度目が、2度目よりも3度目が転職のマイナス面は大きくなります。取り返しのつかない失敗をしないためには転職の失敗の判断を急がないことが重要だと理解しましょう。

まとめ

転職というのは容易な判断でできるものではありません。

しかし、安易に考えて転職をくり返し行っているという人が存在しているのも事実です。転職というのはそのような人達と同様に見られる可能性もあります。

ですが、転職というのは現代では自分自身の成長の手段として考えるという考え方も広まってきています。

しっかりとした動機と目的をもっての転職というのはマイナスばかりではないということです。

転職のもつプラスの面とマイナスの面というのをしっかりと認識した上で、あなた自身が転職に求めることが何であるのか、何であったのかをしっかりと考えるということがとても重要なことです。

転職での失敗というのは誰にでも起こり得ることです。失敗した場合にはその失敗の原因によった対処法を取ることが大切になります。

そしてもう1つ大切なのは失敗を判断する時期です。

転職による効果や目的の達成というのは「すぐ」に出るものばかりではないのです。転職とはどういうものなのかをしっかりと自分自身の中で整理しましょう。

そして失敗のケースも想定しましょう。

そのうえで、失敗を恐れず目的に向けての転職であれば失敗に終わる可能性を抑えて迎えるはずです。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る