建設業から転職を成功させる5つのポイント

f44568f6dcb4c61606f41edee69df9b8_s

建設業を辞めて転職したいと思うあなたの気持ちはよく分かります。

私も建設業で勤めていた時には、他の業界で働きたいと思いながら仕事をしていたこともあります。

そこで私からあなたに建設業から転職を成功させる5つのポイントを紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

今の仕事を辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

①就きたい仕事を探す

建設業で働いている時には、体力的に辛いことが多いので、辞めたいと思うこともありますよね。あなたも毎日体力的にきつくなって辛い時もあったと思います。

まず、他の業界で働きたいと思ったら、自分がやりたい仕事を探すことから始めましょう。建設業に入る時には、ほとんどのは簡単な面接や採用試験をしたり、またはまったく試験をしないで入った人も多いと思います。

しかし他業種では一般的に面接やその仕事に対しての準備をしてから、その業界へ入ることも多いからです。

私が建設業を辞めて他の業界へ行きたいと思った時に、肉体的に辛かったので、普通の会社勤めをしたいと思いました。

しかし一般的な資格試験や適性試験などに合格しないといけない会社や、資格がなければ働けない業界も多々あります。

建設業を辞める前にしっかりとあなたがやりたい仕事を見つけて、それに対しての準備をしなければ就職は難しいでしょう。

なので、まずはあなたのやりたい仕事を見つけることから初めてください。

②資格取得を目指す

やりたい仕事を見つけたら、その業界に関する資格などを調べたり、勉強をします。あなたは中途採用になるので、ある程度即戦力を求められることがあるからです。

私も他の業界で仕事を探した時に、まずは資格の有無が採用に大きく関わることを知りました。また資格がなくてもある程度その業界のことを勉強しなければ、働いて困るのがあなたになります。

入ってから覚えるのはほんの基本的なことなので、自分自身で勉強しなければならないことが多いからです。

建設業は体力勝負や経験がそのまま資格に直結することが多かったと思いますが、他業界では必ずしもそうなるとは言えません。

本当にやりたい業界でなければ資格を取ることも難しいですし、困るのが自分自身になります。ある程度勉強をしたり資格を取得することで、あなたの自信にも繋がりますし、採用もされやすくなります。

③建設業を退社する日にちを相談する

建設に関わっている人ならば、工期の厳しさを良く知っていると思います。あなたも工期に追われて仕事をしたことがあるかもしれませんし、大変な思いをしたことでしょう。

やはり期限内に仕事をすることは大切なことですよね。

しかも他にも多くの業者さんが関わっているので、一つ仕事が遅れると他の人たち全員に迷惑をかけてしまいます。

もしあなたが建設業を辞めたいと思っているならば、上司になるべく早めに伝えて相談する必要があります。

私は建設業を辞める時には、2カ月前くらいに上司に話をしましたが、それでもギリギリでなんとか次の人員を確保できたから大丈夫だったことがありました。

一度建物を建てると、数カ月から年単位でその建物に関わらなければなりません。その間はスケジュールもしっかりと決められているので、それを守らなければいけませんよね。

一人辞めることで工期が遅れてしまうと、他の人に迷惑をかけてしまうので、新たな人員を補充しなければなりません。

しかしその補充した人員が使えるかどうかは分からないので、そのまま工期に影響してしまうこともあります

あなたも辞める時にはなるべく早めに伝えることで、会社の工期の問題など、後に残る人に迷惑をかけないようにしましょう。

④一般会社のルールを覚える

建設業の仕事は多岐に渡りますが、肉体関係の仕事が多いと思います。あなたも建設業の中で働いているので、肉体関係の仕事をしているかもしれません。

現場に立つ機会が多ければ、一般的な会社とは全く違った世界で仕事をしていたことでしょう。現場では常に命やケガに関わることもあるので、安全面などに細心の注意を払いますよね。

すると一般的な会社のルールやマナーなどは、全く使っていなかったことが多いと思います。私は建設業で働いていた時には常に現場での仕事でした。

一般的な会社でいうところの、ビジネスマナーや言葉遣い、社内ルールなどとは全く無縁で仕事をしていまいした。

一度他業界の会社へ入社をした時に、メールのやり取りや電話の掛け方などから教わりましたが、普通はできて当たり前のことです。

しかも覚えも悪いので若い新人に教えてもらったことがありましたが、とても自分自身で情けないと思ったことがありました。

仕事をする以前の問題なので、これは自分自身でやるしかないと思いましたが、結局はろくな仕事もできないままその会社を退職してしまいました。

やはり中途採用社やある程度年齢が高ければ、できて当たり前だと思われますよね。それができないとなると、その会社での居場所はなくなり肩身の狭い思いをすることになるかもしれません。

私はその経験があったので、次の会社に入る前にはビジネスマナーを覚えてから入社し、そして長く仕事をすることができました。

あなたも建設業を辞めて新たな業界で働きたいのなら、まずはその業界の常識を勉強しておくことが大切です。入社してから困るのはやはりあなた自身ですよね。

やりたい仕事をするには、まずはその業界のルールを覚えてから転職しましょう。

⑤転職活動をする

建設業を辞めたいと思ってから、いろいろな準備をしてきたと思います。あなたも自分のやりたい業界のことを勉強することで、その業界に対してさらに興味を持ったことでしょう。

そしてある程度準備が進んだら、いよいよ転職活動を開始します。

あなたがやりたい業界の情報は、転職サイトや情報誌などから得たと思いますが、転職情報もたくさん載っているはずです。

募集媒体や転職サイトに登録するなど、あらゆる方法を使って転職活動をしてみてください。そしてできればいくつかの会社を選べるようにしてくことがポイントです。

私は転職をする時に、転職サイトに登録してたり紙の媒体の募集欄を見ていろいろな会社の面接に行きました。

私はネットの情報や紙の媒体の情報が、正しいかどうか、または載っていない情報をしっかりと聞き出してから会社を選んだ方がいいと思います。

募集をしている会社は、人員が足りないから募集をしますよね。そしてとてもいい会社ならば、人が辞めることは少ないはずです。

つまり何週にも渡って募集をしている会社は、人が辞めたくなる何かがあるのだと思えるからです。私は面接の時にあえて掲載されていない情報を質問するようにしました。

給料や残業代など言いにくいこともしっかりと聞きましたし、いい会社は自信を持って何でも答えてくれました。やりたい仕事を見つけても、良くない会社に入ったら嫌になりますよね。

ですから入社する前に、しっかりと自分が納得できる会社を選んで、そして長く働けそうだと思った会社を選ぶことが大切です。

まとめ

以上、建設業からの転職を成功させる5つのポイントを紹介しましがいかがだったでしょうか?

建設業もある意味特殊な業界ではありますが、その業界ならではのルールや常識がありますよね。

私はやはり建設業を辞めた当初は、新たな業界のルールや常識がなかなか把握できなくて苦労しました。

あなたはしっかりとその業界で働く事前準備をしっかりとして、できるだけ長くあなた
が働きたい仕事を続けられるように応援しています。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、転職する前に今の仕事を辞めて転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

⇒ とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

[email protected]とお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る