建築業から転職を成功させる5つのポイント

7faea0e4228c569a133d98f14d4a930d_s

建築業から他業種へ転職したいと思うことってありますよね。私も以前建築業で働いていた時には、あなたと同じように辞めたいと思いながら働いていました。

ですからあなたの悩みはよく分かります。

そこで私の経験を踏まえて、建築業から転職を成功させるための5つのポイントを紹介したいと思います。

①次にやりたい仕事を探す

建築業を辞めてから次に働きたい職種を探すことから始めましょう。

どの業界でも慣れてしまえば働きやすいものですが、いざ転職をしてからやっぱりやりたくなかったとならないように、事前にあなたの働きたい職種を探しておくことが大切です。

もし建築業を辞めたとして、収入が途絶えてしまうので何でもいいと思って働いてしまうと、結局は長続きしないでまた辞めてしまうことになります。

私は建築業を辞めたいと思った時に、次にやりたい仕事をいろいろ考えましたが、実際はやってみたいと分からないと思っていました。

しかしやりたい仕事があるから建築業を辞めるんだと自分に言い聞かせて、しっかりと辞める前に自分の意思を確認していました。

そのおかげでやりたい仕事のことを調べたり、事前に準備をすることができました。

あなたも単純に建築業を辞めたいからと思って辞めるのではなく、次の仕事をある程度考えてから退職をする流れで考えましょう。

②先輩に相談してみる

建築業の職場には多くの先輩がいますよね。人生の先輩もたくさんいますし、話しやすい人もいると思います。

あなたの職場にも建築業だけで働いている人だけではなく、いろいろな業種で働いた人もいると思います。

その人に建築業以外の仕事のことなどを聞くのはいいと思います。

私の職場でも先輩がいろいろな職種で働いていた人がいたので、私が次に働きたいと思っていた仕事を経験していた先輩がいました。

話を聞いてみると私が思っているのとは違っていましたが、働いていた人の生の声が聞こえるのはとても有意義な情報です。

やりたい仕事を見つけると良い所ばかり目立ちますが、辛い部分や大変な仕事だということも分かっていれば、心の準備もできていいと思います。

あなたもせっかく働きたいと思っていて職場なのに、いざ働いてみたら想像と違っていたから辞めるのはもったいないですよね。

いろいろ先輩に相談をしてから決めてみた方がいいでしょう。

③円満退社できるように早めに報告する

建築業の仕事はどの現場でも、長い期間を工程表に従って作業をしていますし、複数の現場を掛け持ちしながらやっている所も多々あります。

ですから作業をする人手が居なくなってしまうと、工程表通りに仕事ができなくなってしまうこともあります。

そうなるとあなたが辞めることで、会社にも多大な迷惑をかけてしまいますよね。迷惑をかけないようにするには、なるべく早めに退社する意思を伝えておく必要があります。

私が建築業を辞める時に、1ヶ月前に辞めたいという意思を伝えていました。

その時たまたま私の代わりの人材を募集しても全く採用できない時期があり、しかも会社の仕事が忙しい時期だったので私も辞めにくかったと気がありました。

今までお世話になっていた会社に迷惑をかけたくないと思っていたので、採用者がくるまで働いていたことがありました。

結局その採用者が慣れるまでの間は働いていたので、私が辞めたいと思った時からさらに数週間は働かなければなりませんでした。

あなたも建築業を辞めたいと思うのはいいのですが、今までお世話になった人に迷惑をかけたいとは思いませんよね。

できれば退社する3か月前には上司に伝えて相談することで、しっかりと円満退社することができるでしょう。

④次の仕事のリサーチをする

次に働きたい業界の仕事を、事前にリサーチをしておきましょう。

せっかく建築業を辞めて新たに働きたい業界を探したとしても、働いてからやっぱり違ったでは大変です。

嫌々働いてもまた転職をしてしまうかもしれませんよね。

あなたも働きたい業界のことをいろいろ知りたいと思うでしょうし、できれば事前にいろいろな情報を得ておきましょう。

私が建築業から他業種へ転職した時も、事前にその業界のことをいろいろ調べておいたおかげで、心に余裕を持って転職することができました。

調べることで仕事の内容を知ることができますし、その業界の大変な部分も事前に知ることができます。どんな仕事でも楽な仕事ばかりではなく、辛い仕事も含めてたくさんありますよね。

働きたい仕事が決まったとしても、事前にリサーチしておくことで、その仕事が自分自身に合っているか、続けることができるかを考えることもできます。

私はそのおかげで実際に転職をした後でも、ある程度辛い仕事を覚悟していたので、長く仕事を続けることができました。仕事は働いた以上辛いこともありますが、それでも生活をするためには仕事を続けなければいけません。

あなたも働きたい仕事を見つけたならば事前にリサーチをしておき、今後長く働ける仕事かどうかを見極めることもできるはずです。

またリサーチすることでその仕事をするのに必要な準備もできます。

経験は無くとも資格や知識などは勉強することができますし、そこで得た知識は必ず働いてから役に立ちます。

ぜひ転職をする前でも働きたい業界のことを勉強しておいて、実際に働いてから役立たせるように準備しておきましょう。

⑤転職活動をする

あなたも働きたい業界を調べたり、事前に退社をする意思を伝えることで、転職に対する気持ちも高まってきたと思います。

事前の準備が整ったら、いよいよ転職活動を開始します。転職活動は期待もありますが、同時に採用されるか不安になりますよね。

しかしあなたはこれからどの業界へ行っても新人さんになるので、気持ちをリフレッシュして臨めばいいだけです。私も実際に転職活動をした時には、いろいろと気負って活動をしていました。

しかし採用するのは会社側ですし、私がいくら自信を持っても採用されないことも多々ありました。どこでも中途採用枠の転職は大変ですし、簡単には受からないでしょう。

だからといって自信のない態度で臨めば、受かることは難しいでしょう。あなたが採用者側だとすると、自信や元気のない人を採用したいとは思いませんよね。

ですからどこの業界へ行っても新人なので、新人らしく元気の望んでいればきっと採用してくれる会社も出てくるでしょう。

転職活動は簡単なものではないですが、あなたも次に転職をしたい業界へは何が何でも働きたいと思っているはずですよね。

自信を持つこととやる気をアピールすることで、きっと転職活動も上手くいくでしょう。あなたに合った転職活動をすればいいので、自分で調べたり転職サイトへ登録したり、いろいろな方法もあります。

最後はあなたの頑張りが良い結果を生むことになるので、転職活動を頑張って目標を叶えましょう。

まとめ

以上、建築業から転職をするための5つのポイントを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

あなたが転職をして新たな業界へ行くためには、事前にいろいろと準備しておくことが大切です。

あなたも今までお世話になった建築業の人もいるので、円満退社で次の仕事をしたいと思いますよね。

また働く前にいろいろと準備をしておくことで、実際に働いてからでも役に立ったり、気持ちに余裕ができるので長く続けられるようになるでしょう。

転職してからあなたがやりたい仕事をやることで。少しでも長く仕事が続けられることを願っています。あなたの新たな転職先での活躍を期待しています。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、転職する前に今の仕事を辞めて転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

⇒ とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

[email protected]とお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る