人材業界から転職を成功させるための5つのポイント

人材業界から他業種へ転職したいと思うことってありますよね。私も以前人材業界で働いていた時に、あなたと同じように悩んでいたので良く分かります。

そこであなたには私の経験を踏まえて、人材業界から他業種への転職するポイントについて紹介します。

①自分のスキルを客観的に判断してみる

人材業界から他業種へ転職する時には、まず初めに自分のスキルを客観的に判断してみることから始めましょう。人材業界でもいろいろと内容は違いますが、人材を派遣したりスキルに合った会社を紹介するなど、幅広い業界でもありますよね。

あなたも人材業界にいたのであれば、会社の採用基準の大部分はスキルによって決められることを知っているはずです。経験があっても資格やスキルがなければ、低く見られてしまいますよね。

人材業界においてはスキルがかなり物を言う業界なので、資格とスキルを自分が持っているか判断しましょう。

人材業界で紹介する立場になると、特別に必要とされる資格はありません。コミュニケーション能力は人一倍必要になるかもしれませんが、経験を積めば身につけることができるスキルです。

あなたがも特に資格を持っていなければ、できるだけ早い段階から資格を取得するように動いた方がいいでしょう。

はっきり言えば良い会社へ転職したければ、相当なスキルと資格を持っていなければ入れないのは、人材業界で働いているあなたなら知っているはずですよね。とりあえずどこでもよければ、いくらでも仕事を探すことはできるでしょう。

ただし自分の希望や条件があるなら、スキルと資格は必要になるので、まずは自分のことを自分で客観的に見て判断しましょう。自分がどのレベルの会社に入れるのか、自分ならどうやって売り込むか考えられるはずです。

スキルと資格の重要性を知っているからこそ、客観的に自分のことを判断することから始めるのがおすすめです。

②働きたい業種を決める

自分のスキルと資格を客観的に判断することができれば、自分が働きたい仕事と転職できそうな業界も判断することができるでしょう。その前にまず自分が就きたい仕事を探すことは大前提です。

就きたい仕事が合っても自分の能力不足を感じて諦めてしまっては、どんな仕事にも就くのは難しいでしょう。まずは自分が就きたい仕事に就くために努力することが大切です。

就きたい仕事を決める決めることは、長く仕事をする上でも大切なことです。せっかく仕事に就いてもやりたくもない仕事ならば、すぐにまた転職を考えてしまうでしょう。できるだけ長く働くためにも、自分が就きたい仕事を決めることが大切です。

③必要に応じて専門的なスキルや能力を勉強する

就きたい仕事が決まったら、後は自分がその仕事に対して足りないスキルや資格を考えて、少しでも転職に有利になるように勉強しましょう。

スキルと資格の重要性はあなたはよく知っているはずですよね。人材業界で働いているなら、まずはスキルと資格で判断され、その次に経験やコミュニケーション力を見られるようになります。

スキルが無ければ仕事をすることもできませんし、その仕事に就くことすらできません。専門的なスキルや資格を取得するには、かなり長い月日が必要なものもあります。3ヶ月で取得できる資格もあれば、年に1回の受験日しかない資格もあります。

自分が面接の時に資格を取得できないかもしれませんが、勉強をして居るだけでも気分的にはまったく違うものですよね。

どんな簡単な資格でも仕事に関係がある資格ならば、しっかりと面接でアピールすることができます。もちろん転職後の仕事でも大いに役立たせることができるので、勉強をして損をすることはありません。

3カ月間は短いように思えますが、3カ月みっちり勉強するのはとても大変なことです。自分がどうしても就きたい仕事が決まっているからこそ、大変な思いをしてまで資格を取得するモチベーションが維持できるのです。

曖昧な資格の勉強ではどの道簡単な資格でも取得するのは難しいので、やるならしっかりと1発合格を目指してみっちり勉強しましょう。就きたい仕事が見つかったら、スキルアップと資格取得を目指して勉強しましょう。

④上司に報告と相談をする

人材業界では自分の担当する会社やスタッフを受け持っていることがあるので、急に転職したいと言われても困ってしまいます。転職する意思が固まったらできるだけ早く上司に相談しましょう。

相談といっても決意は固まっているので、ほとんど退職する報告という形になります。辞める決意が決まれば、最低でも2カ月前くらいには相談するようにしましょう。

自分が担当している会社やスタッフなどが多ければ、それだけ引き継ぎ作業が大変になります。

後任への引き継ぎ作業だけでも、関連する人への挨拶回りは大変です。特に相手の会社との窓口として働いていれば、後任は一から関係を築かなければなりませんよね。

あなたの仕事内容によっては、引き継ぎ作業もかなりの時間が掛かることもあるので、できるだけ余裕を持った引き継ぎができるようにしましょう。そのためにも上司へは早めに相談をして、指示を仰ぐことも大切です。

上司は早めに相談されれば後任人事を考えることもできますし、場合によっては新たな人材を確保するかもしれません。どちらにしても引き継ぎ作業をするので、あなたの仕事をしっかりと引き継げるように早めの相談しましょう。

⑤転職活動をする

上司に相談をした時に退職日を決めることができれば、後は退職日までに転職先を見つけるだけです。あなたも人材業界にいたのでしたら、面接には慣れているかもしれません。

面接時のアドバイスをレクチャーしたり、履歴書の書き方を教えることもあるでしょう。しかしいくらあなたが面接について詳しいと言っても、実際に面接を受ける時には全く違うものです。

自分が相手から評価されるのは大変なことで、面接に慣れているとはいえ緊張したり、頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。そのためにも面接はできるだけ多く受けるようにしましょう。

私も人材業界で働いていた時には、面接対策や履歴書の書き方までたくさんの人に教えてきました。

しかしいざ実際に自分が面接を受ける立場になると、普段通りの力を出すことはなかなか難しいものです。あなたも面接には自信があるかもしれませんが、自分の希望通りの会社に一発採用されるとは限らないので、たくさん面接を受けるようにしましょう。

またスキルや資格が有ったとしても、企業が希望する人材でなければなりません。自分で転職先の企業を探すのもいいですが、転職サイトに登録するのもおすすめです。

その方が客観的に判断できますし、自分で探すよりもよりいい会社を見つけてくれるのは知っているはずです。

人材業界で紹介する立場から、紹介してもらう立場になった時に、改めて転職の難しさを知ることになるでしょう。しかし転職に関するノウハウは普通の人よりも多いので、転職時には余裕を持って臨むことができるのは大きなメリットと言えます。

過度な自信はいけませんが、余裕を持ちながら転職活動ができれば、良い結果を得ることができるでしょう。

まとめ

人材業界から他業種への転職ポイントについて紹介しました。

人材業界のことを知っているからこそ、転職時に必要なことや大切なことも知っているはずですよね。

あなたの転職をより確実にする為にも、自分を客観的に見ることは大切ですし、スキルや資格を身につけて転職を成功させてください。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、転職する前に今の仕事を辞めて転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

⇒ とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る