販売員から転職を成功させるための5つのポイント

販売員の仕事を他業種へ転職したいと思うことってありますよね。私もあなたと同じように販売員の仕事をしていた時に、何度も辞めて転職したいと思ったことがあるので気持ちはよく分かります。

お客さんのクレームを聞いたり、体調が悪い時もありますが、常に笑顔で接客しなければならないので大変ですよね。

そこで販売員から他業種への転職を成功させるためのポイントについて紹介します。

①接客の仕事が嫌なのかを考える

販売員から転職を考える時にまず初めに考えることは、あなたが販売の仕事が嫌なのかどうかを考えることです。仕事はたくさんありますが、販売の仕事は商売の基本でもあり、物を売る仕事はどの業種でもあることです。

販売という形は違っても、物を打ったリ売り込む仕事は、転職をしてもやることになるかもしれません。

あなたが販売の仕事がスキではないので転職するなら、まったく関りのない業種を選ばなければなりません。しかし販売の仕事が嫌ではなく、転職する理由が他にあるのならば、どの業界へ転職しても対応することができるでしょう。

販売の仕事が嫌で転職したのに、結局は物を売ったり接客する仕事になれば、あまり意味がないですよね。販売員から転職する時は、自分が販売の仕事が好きかどうかを考えることから始めましょう。

②必要となる資格やスキルを身につける

販売員の仕事を辞めて転職する前に、やりたい仕事を見つけることが大切です。販売の仕事はサービス業ですが、特に資格が無くても活躍することができる業種です。

もちろんサービス業の仕事でもスキルアップするための資格はありますし、販売員の資格も充実しています。しかし販売員として働くために、特別な資格が無くてもできるので、誰でもやりやすい仕事と言えますよね。

あなたがこれから就きたい仕事を見つけた時に、資格やスキルが必要になるなら、早めに勉強して取得することをおすすめします。

なぜなら資格があればスキルアップができますし、転職にも有利になるからです。販売員からの転職は中途採用になるので、はっきり言えば厳しい転職活動になるでしょう。

販売員のスキルがあったとしても、他の業種へはそれほど大きなアピールポイントにすることができません。

就きたい仕事に関連するような資格やスキルを身につけないと、転職することが難しいと言えるでしょう。資格を取得するのは長い月日と勉強が必要なので、取得してから転職するのは難しいかもしれません。

しかしある程度面接をする時に資格の勉強をしているとアピールすれば、働く意欲を伝えることはできるでしょう。できるだけ早い段階で資格の勉強を始めることをおすすめします。

③信頼できる人に相談する

販売員の仕事を辞めて転職する時には、信頼できる同僚や先輩に相談してみましょう。

販売員の仕事はサービス業なので、長年勤めている人もいればいろいろな職種を経験している人もたくさんいます。誰でも働きやすい業界なので、働くことも辞めることも比較的簡単にできます。

そのため同僚や先輩には他の業種での仕事の経験をしている人も多いでしょう。あなたが他の業界へ転職したい時に、その業界から転職してきた人がいるかもしれませんよね。

働いたことがある人の話を聞くことは、転職する前にはとても役立つ情報となります。思っていたのとは違っていたり、あなたが不安に思っていることについてアドバイスしてくれるかもしれません。

販売員はサービス業なので転職経験がある人が多い業界なので、あなたが実際に転職する前に相談してみましょう。

あくまでも信頼できる人がいることが条件です。もしも辞めることが他の人にバレてしまうと働きにくくなってしまい、さらに仕事を辞めたいと思うようになるでしょう。

早く辞めたいと思っても次に就く仕事が決まっていなければ意味がありません。また焦って仕事を見つけても辞めてしまっては意味がないので、じっくりと自分にあった会社を選ぶ必要があります。

あなたが信頼できると思う人がいれば、転職について相談してみましょう。

④上司に報告する

販売員から転職する意思が固まったら、上司に報告をしましょう。販売の仕事の多くはシフト制になっているので、あなたが転職した後は他の人を雇わなければなりませんよね。

販売の仕事は募集をかければきますが、正社員となるとしっかりとした人材を雇わなければならないので時間も掛かります。そのため転職する意思が固まった時には、できるだけ早い段階で上司に相談をするようにしましょう。

あなたが上司に相談をする時点で転職する意思が固まってるはずです。一応上司に相談という形にしていれば、上司もいろいろと相談に乗ってくれますし、親身になってフォローしてくれるでしょう。

上司に相談をする時には、できるだけ退職する日にちを明確に決めておくことをおすすめします。

退職日が決まれていれば上司も対応しやすいですし、あなたの代わりの後任を育てることもできますよね。通常は退職日の1カ月ほど前に伝えればいいのですが、少し余裕を持って2ヶ月くらい前に相談すると良いでしょう。

早く退職する意思を伝えておくことによって、あなたも次に仕事の準備を早い段階から始めることができます。資格やスキルの取得の他にも、転職活動もしなければなりません。

辞める報告をしていない時に始めると、何だか後ろめたい気持ちになりますよね。

上司への相談は早い段階ですることによって、堂々と次の転職活動をすることができます。自分の意思を固めるためにも、早い段階で上司に相談と報告をしに行きましょう。

⑤仕事を辞める前に転職活動を開始する

販売員の仕事を転職するなら、仕事を辞める前に転職先を決めておきましょう。

販売員からの転職は中途採用なので、転職活動も厳しいものになります。スキルや資格の取得をしていないと厳しい転職活動になるので、もしかしたら希望通りの会社に転職できないかもしれません。

もし販売員の仕事を辞めてから転職活動をした時に、会社が決まらなくて焦ってしまう可能性もあります。せっかく他業種へ転職できるチャンスなのに、焦って会社を決めてしまっては勿体ないです。

自分の希望に近い会社を選ぶには、じっくりと会社を選んだ方がいいですよね。転職活動は実際にやってみないと結果は分かりませんが、スキルや資格がなければ厳しいのは目に見えています。販売員の仕事は他の業界でアピールすることは難しいでしょう。

サービス業としての接客技術は現場で覚えることができます。もちろん販売士の資格を持っていれば別ですが、他業種へ転職しても接客スキルが高いだけではアピールするには難しいでしょう。

そのためできるだけ多くの会社へ面接に行くことが大切です。あなたの販売員としてのスキルを活かせる会社や、やる気を見てくれる会社がきっとあるはずです。その会社に出会うまではとにかく数多くの面接活動をすることをおすすめします。

販売員としての仕事もあるので、面接をするのは休みに日になるでしょう。1日数社まとめて面接をして、できるだけ仕事を辞める前に次の仕事を見つけるように活動しましょう。

まとめ

販売員から他業種への転職のポイントについて紹介しましたが、転職することはどの業界でも大変なことですよね。

スキルを活かすのはもちろんですが、転職するならあなたの仕事への情熱とやる気を伝えることが大切ですよね。就きたい仕事を決めたら、目標に向かって頑張って転職を成功させてください。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、転職する前に今の仕事を辞めて転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

⇒ とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る