営業から転職を成功させる5つのポイント

0d76f901f97f1117b6e87e9b9b5958e6_s

現在の勤務先から退職をして、新天地で活躍したいと考えているとしたら、しっかりとした準備をして次のアクションに臨みたいですね。

中途退職を考えていると言っても、大方の場合迷いがあるものです。

退職を決意するという事は簡単なことではありませんから、とことん悩んで、すっきり決意し、迅速に行動したいものです。

特に、営業職の方が転職を考えておられるケースについてのポイントをまとめてみました。

①一般論としての決意

先ずしっかりと捉える必要があるのは、本当に転職したいのか、する必要があるのかという事です。それは転職したい理由が大きなポイントになります。

何故今の勤務先を辞めて、新天地を求めたいのかという事です。この理由は人それぞれだと思うのです。

  • 仕事が合わない
  • 職場の雰囲気が悪い
  • 上司のパワハラが酷い
  • 社風が合わない
  • 待遇が悪い
  • 残業が多い
  • 仕事をやりきった
  • 能力が生かされていない
  • リストラにあった

などなど。ネガティブ要素もポジティブ要素も両方があると思います。

その理由がこうでなければならないという事はありません。人それぞれの理由で結構なんです。

問題なのは、ご自分でその理由が明確になっていて、転職する決意がみなぎっているかどうかという事なのです。

そうであるのならば何も問題はありません。そうでない、つまり現状の勤務先を辞めて、新天地で働く意思が明確ではないのであれば、転職されるのはお止めになられた方が宜しいと思います。

何事も足腰のスタンスが重要なんです。

スタンスが定まっていて初めて勝負に臨む事ができますが、スタンスが定まらないままに勝負に挑むと、ほとんどの場合は敗退してしまいます。

ですから、まずはご自分のスタンスを明確にしてみて下さい。それが、本当に転職したいのか、する必要があるのかという問いに対する答えになるのです。

②営業職を通じて体得した事

さて次に考えたいのが経歴・経験から体得した事にどんな事があるのかということです。

特に営業職の皆さんの転職についてですから、営業職を経験した中で、ご自身はどんな事を体得できたのかということです。

これは営業職であろうがなかろうが、一つのけじめとして総括できていなければならない事です。

次の勤務先、職場を求めて、自らを評価してもらわない限り、進んで行くことができません。

あなたご自身の事を知らない人に対して、あなた自身を十分に知らせて、採用したいと思わせなければ、転職は実現できないのですから、当たり前の事なんです。

あなた自身が新たに進みたい勤務先を見つけたとしても、その勤務先が貴方を欲しない限り、転職はできないのです。

ですから、進みたい勤務先の採用責任者にあなたを採用したいと思わせるには、今までの勤務先で何をして来て、何が体得できたのかをアピールする必要があります。

特に営業職なのですから、営業職として何を体得できたのかを、自分なりに採用責任者に伝えて、理解させなければなりません。

その為に、営業職として勤めてきたあなたが体得できたことが肝心なんです。

販売目標が未達だった事が無いのか、新規開拓で成果を上げたのか、得意先の評価が高かったのか、市場分析が秀でているのか、チーム営業の統率力があるのか、などなど、何か誇れる営業としての能力があるはずだと思うのです。

その事が常に頭の中にあって、書くことも話すこともできる状態にしておきましょう。できれば個性的な事柄が望ましいです。

営業職の人間だったら誰でも話すだろう内容では、他者から差別化できません。つまり採用というふるいで負けてしまう可能性が高くなります。

ですが、難しく考える必要もありません。あなたがやって来た事を話せばいいのですから。

カッコつけて机上の空論を言ってはいけません。間違っても嘘は言わない事です。すぐにばれると心しておきましょう。

③営業職以外を選択する確固とした理由

営業職を経験して、体得したこともあり、一区切りをつけて転職を決意したあなたですが、営業職を継続したいのでしょうか?それとも営業職ではない違う職種に就きたいのでしょうか?

そのまま営業職の継続を希望しているのならば、余り問題はありませんが、違う職種を希望するのであれば、やはり希望する理由が明確になければなりません。

勤務先を変えて、職種も変えるというならば、ゼロからのスタートになるからです。

通常、中途採用をする法人は、新卒を採用するよりも即戦力が欲しいが故に中途採用を行います。つまり経験力を買うわけです。

育成する時間と費用をかけずに、採用したらすぐに戦力になる人材を求めているのです。ですから、一般的には前職で勤務した職種の経験力が欲しいのが通常です。

つまり、職種を変えて転職するというのは、リスクが大きいという事です。

一方で、異能の人材を求めている法人もあります。

従来の発想にとどまらず、営業だから営業経験者を採用するという画一的な採用を行うのではなく、画一化している職種に風穴を開ける為に異能の人材を求めるというケースです。

ですから、職種を変更することが、全てリスクという訳ではありません。

しかしながら、いずれの場合でも重要なのは、前項で述べた通り、営業職で何を体得したのかという点なんです。

それを判断材料に、営業経験を違う職種で活かせるかどうかを判断されるからです。

ですから、前項の内容が重要なのと、プラスして営業職から違う職種に変わりたいと思った動機です。

何故営業を辞めて、職種を変えたいのか。そこに意欲と熱意と可能性を観るからです。

④職種にこだわらない姿勢

営業職から違う職種にどうしても変わりたい理由があったとしても、あまり職種に拘らない方が宜しいと思います。

というのも、法人には様々な職種が存在しており、定年まで固定されるということは少ないからです。

応募をした時点ではある職種に就いてもらうことになりますが、未来永劫その職種から一切職種変更にならないとは限りません。

社員を育成するには、様々な職種やポジションを経験させることが必要だからです。

ですから、職種というのは、転職する際に応募がされていた職種がこれなんだ、という程度に考えておくべきかと思います。

一旦営業職から違う職種を経験してみたいという動機で転職するとしても、それは一過性の問題だと認識しておくべきかと思います。

⑤志望先企業のメリット

最後に、あなたが転職すると、採用した法人には何がメリットになるのかという事を、あなた自身の口で説明できると、とても好感度が上がります。

あなたが採用されたいと思っているから応募したわけですが、応募された会社は必ずしもあなたではなくてもいいのです。

つまり応募条件に適う人で、優秀な人を採用したいのですから。

そこで、優秀な人材と思ってもらうには、これまでに述べた様に、営業職を通じて体得できているスキルや、職種変更したい動機など、ポジティブな理由の説明が重要だと説明させて頂きました。

そして最後にダメ押しするには、私を採用しないと御社は損ですよと、思わせることなんです。

つまり、採用してくれると御社にはこんなメリットが生まれるのですと言えることです。

これはなかなか難しいのですが、理屈上はそれがあることが最も採用が確実になるはずです。

他社にこの人材を採用されたくない、是非我が社で採用したいと思わせる事ができれば、あなたの転職は限りなく成功に導かれます。

以上になりますが、ご参考にして頂けたら幸いです。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、転職する前に今の仕事を辞めて転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

⇒ とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

[email protected]とお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る