大工から転職を成功させる5つのポイント

大工から他業種へ転職したいと考えるときってありますよね。私も以前大工の仕事をしていたときに、あなたと同じように考えていたのでよく分かります。

私は結局転職する道を選びましたが、今では良かったと思っています。そこで私の経験を踏まえて、大工から他業種への転職を成功させるポイントについて紹介したいと思います。

①大工の仕事を辞めたい理由を明確にする

まずあなたが大工の仕事を辞めたいと思う理由について、考えてみることが大切です。

大工の仕事は大変な仕事ですが、やりがいのある仕事と言えますよね。あなたも大工の仕事をしたいと思ったきっかけは、家を作りたいという思いがあったからだと思います。家を作るのは大変な作業ですが、それを踏まえて大工の仕事を選んだのでしょう。

大工の仕事は初めは見習いから始まりますし、肉体労働でかなり体力を使う仕事です。毎日仕事をしていれば肉体的にもしんどいと思うのは当然ですが、それを乗り越えてこそ家を作る夢を追いかけることができるのです。

あなたが大工の仕事を止めたい理由について、明確に考えることが大切なのは、単につらいからだけなのかもしれません。どんな仕事でもつらい時期はありますが、それを乗り越えることでスキルアップすることができます。

逆に言えばつらい時期がなければ、やりがいもなく何となく仕事をするだけになってしまうでしょう。そんな仕事は長く続けても、辞めたいと思うようになるかもしれません。

仕事では自分がやりがいや楽しさを見つけられるものでないと、長く続けることができません。そのためにもつらい時期を乗り越えることで、後から自信につながっていくのです。

大工の仕事は体力勝負の仕事でつらいかもしれませんが、それだけではありません。働き続けることによって手に職をつけることができますが、それには長い年月が必要です。

あなたが大工になった当初の目標を諦めて、他の道に進みたいのかをしっかりと考えておきましょう。後で後悔することのないように、じっくりと時間を掛けて考えることをおすすめします。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、転職する前に今の仕事を辞めて転職できるかを調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

②やりたい仕事を見つける

あなたがどうしても大工の仕事を辞めたいという気持ちが固まったら、次にあなたがやりたいと思う仕事を見つけましょう。

大工の仕事は体力勝負の仕事ですが、大工の資格も各種あります。しかし建築業界でなければほどんど使えないような資格が多いのも事実です。あなたが次にやりたいと思う仕事が見つかったときに、今までの経験が通用するとは限りません。

全く違う業種ならば今までの経験やスキルは、ほとんど自分の強みになることはないでしょう。仕事を続けるには自分が本当にやりたいと思える仕事でないと、なかなか長続きはしません。

どんな仕事でもつらいことや大変なことがたくさんあるので、嫌な仕事をしていればすぐに辞めたいと思うからです。好きな仕事ならばつらいことがあっても、頑張って乗り切ろうと思えるので、あなたがやりたいと思える仕事を見つけることが大切です。

やりたいと思う仕事はなかなか見つけることは難しいですが、漠然とでもいいので考えてみましょう。

すると少しずつ具体的にやりたいと思えるような仕事が見つけられるようになるので、はっきりとやりたい仕事を見つけてから転職することを考えましょう。

つらいからすぐにでも辞めたいと思う気持ちは分かりますが、やりたい仕事が見つからないうちに辞めても、次の仕事もやりたくない仕事をすることも考えられます。

同じことの繰り返しをしてしまう可能性もあるので、やりたい仕事を明確に決めてから転職のことを考えましょう。

③社会人としての一般常識を勉強する

大工の仕事を辞めて他の仕事に転職を考えるなら、一般常識を勉強しましょう。

大工の仕事が一般常識がいらないという訳ではありませんが、一般的な他の仕事に比べると特殊な仕事でもありますよね。

大工の仕事では棟梁を中心として、いろいろな年代の人が働いています。手に職をつける仕事でもあるので、ベテランと呼ばれる人も多いので、業界内でも上下関係が特に厳しい仕事ですよね。

若い時はほとんどが使われる身ですし、しかもスーツやネクタイなど通勤の時にも着ることは一切ありません。しかし他の業界で働くなら、スーツを着る機会も確実に増えます。

言葉遣いに関しても先輩に対しての言葉遣いはしっかりしていても、ビジネス敬語は一切知らないでしょう。一般常識と言われる言葉遣いや社会人の常識など、大工の仕事では必要ない時期も多いです。

人との付き合い方や仕事の仕方も違うので、大工の仕事は一般の会社員の仕事とは違うことが多いです。あなたがどの業界に行って働いても、必ず必要になるのが一般常識です。

今まで大工の仕事は肉体労働が主な仕事だったので、あまり一般常識にこだわらない人が多いでしょう。大工はほとんど仲間内だけで仕事をするので、名刺の渡し方や挨拶の仕方なども知らないことが多いものです。

他業種へ転職するなら一般常識は知っていて当然なので、転職する前にしっかりと勉強しておきましょう。

後から覚えられると思っていると、仕事以外にも資格の勉強をしたりスキルアップのための勉強など、やることはたくさんあります。

一般常識は誰に教わるものではなく、自分でやる気にならないと覚えられないものなので、すぐにでも勉強しておきましょう。

いずれ必ず役立つ日が来るはずです。

④棟梁や上司に相談する

自分でやりたいことも見つけて準備をするようになったら、後はあなたの上司でもある棟梁に相談しましょう。

大工の仕事は生半可な気持ちで作業をすると、命の危険もある仕事ですよね。あなたが仕事を辞めたいと悩みながら作業するよりも、きっぱりと辞める意思を伝えた方が安全面からしても重要なことです。

手に職をつける大工の仕事は長い年月つらい思いをするので、途中で他の仕事をしたいという人もいるでしょう。棟梁ならばいろいろな人の相談にも乗ってきてるだろうし、しっかりと相談に乗ってくれるはずです。

大工の仕事はいくつかの現場で期間が決まっているので、辞めるタイミングを相談しましょう。悩みながら仕事をするよりも、早めに相談した方がいいので、きっちりとあなたの転職したい気持ちを伝えましょう。

⑤転職活動を開始する

退職する日にちを相談したら、後はそれまでに転職活動をします。転職活動する時はもちろんスーツなので、早めに気慣れておくことをおすすめします。

転職活動をするときは就職サイトに登録して、転職活動をすることをおすすめします。一般的な転職情報誌よりも登録件数も多いですし、転職するためのアドバイスを受けることもできます。

転職サイトでは会社の詳細も見られますし、実際に面接をする機会も格段に増やすことができます。大工から他業種への転職となれば、未経験でも就職活動になります。

ライバルのことを考えても簡単には転職できないと考えると、なるべく多くの会社に面接に行くことが大切です。そのためには多くの情報を得ることも大切ですし、とにかく行動あるのみですよね。

できるだけ働いているうちに次の会社を決められるように、どんどん面接を受けて転職活動を成功させましょう。

まとめ

大工から他業種への転職ポイントについて紹介しましたが、私の経験を踏まえてしっかりと転職する準備をすれば、希望の業種への転職もできる夢ではないでしょう。

未経験での転職は大変なのでなかなか決まらないことも覚悟しておけば、後はあなたがどれだけ転職したいかという気持ち次第です。

大工からの転職が成功できるように応援しています。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、転職する前に今の仕事を辞めて転職できるか?を調べてみましょう。

(以下のように診断結果が出ます)

転職力診断

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る