貿易事務が英語ができないと採用されない?TOEICは必要?

da855702e949f2eabc2862fc66a8da6d_s

貿易事務と聞くと、きっと多くの方が“英語”を思い浮かべるのでは?

実際、日々の業務では英語は飛び交っていますし、必要な書類もほとんど英語と言っても過言ではありません。

しかしながら、英語がペラペラでないと貿易事務には採用されないなんてことはないのも、また事実です。

実際、派遣社員として採用された元貿易事務の人は、特別英語ができる人でも何でもなかったからです。

そこで今回は、英語に自信のない人必見。

貿易事務が英語ができないと採用されないのか否か、そしてTOEICの必要性についてお話したいと思います。

①求められる英語のレベルは様々

貿易事務の仕事と言っても、英語の必要レベルは千差万別と言っても過言ではありません。

例えば、担当地区が中華圏である場合。必要書類等々は英語ではあっても、日常のやり取りでは中国語の方が多くなるかもしれません。

また最近では、現地のナショナルスタッフが日本語を話すことができるなんてパターンも多い為、英語をはじめとする外国語を全く話す必要がないなんてケースもあったりします。

実際、私の元勤務先はそうでした。

したがい、英語力がどれほどまで必要なのかというのはケースバイケースなのです。

勿論、日々のやり取りは英語オンリーで、電話やメールでも英語を使用しなければだめなんて場合は、高度な英語力が必要となるでしょう。

求人情報欄に英語が必須条件である場合は、必ず条件としての記載があるはずので、気になる人はそこをチェックしましょう。

具体的な記載がなければ、仮に英語が話せなくても、英文の読み書きができるレベルであれば自信を持って大丈夫ですよ。

②英語に自信がなくても採用される可能性はあり

先程も申し上げたように、英語力の必要性はケースバイケースです。

高レベルなものを求めてくる場合もありますし、海外旅行でなんとか通用できるレベルでもOKなのです。

と言いますのも、貿易事務の仕事はあくまで事務処理。

営業担当のように、顧客と難しいビジネス英語をたっぷり織り交ぜながら直接会話をしたり、契約を結んだりすることはありません。

したがい、特別なケースを除いては、高度な英語力を貿易事務に求めてくることはないのです。

電話の取り次ぎやビジネス文書の読み書きくらいが英語でできればOKなのです。しかもそれらは、慣れてしまえば誰だってできてしまうレベルです。

電話の取り次ぎなんて中学英語で習った定型文を使えばすぐにできますね?

ビジネスメールや契約書の英文に関しても、定型文があります。

使用される単語も同じものばかりですので、業務を行っていくうちにすぐに覚えてしまうでしょう。

貿易事務で使う英語は基本的には斯様なものなのです。

何度も申し上げますが、特別なケースを除いては、高度な英語力がなければ不採用なんてケースは有り得ないのです。

③TOEICはあれば断然優位

英語力の有無やレベルを測るものとして、現在はほとんどの企業がTOEICを採用していますね?

TOEICのスコアによって採用可否を判断する企業も増えてきました。そのため、貿易事務についてもTOEICの必要性が気になるところでしょう。

TOEICについては、スコア云々以前にあった方が断然優位です。

やはりいくら高度な英語力がなくてもOKとは言いながらも、TOEICを受けたことがない、もしくは受けたがあまりにもスコアが低すぎるということでは、企業側も不安になってしまいます。

想像してみてください。

受験者より“英語はスピーキングは苦手ですが、読み書きはそこそこできる”と採用面接で言われたとしても、一方でTOEICは受けたことがないのであれば不安になりませんか?

本当に英語ができるのかと不信に思いませんか?

TOEICのスコアは、企業にとってもその人の英語力を測る上での指標となるだけでなく、自身の英語力アピールをするうえでの裏付けにもなるのです。

したがい、いくらTOEICスコアの記載要求がなかったとしても、できれば受験して保有スコアを記載できるようにしておきましょう。

特別な要求がない限りは、一般的には貿易事務であれば600点以上なら問題ないはずですよ。

まとめ

いかがでしたか?

このように、貿易事務に求められる英語力はケースバイケースであり、特別な事情がない限りはそこまで高度なものは求められていないのです。

私の元同僚の貿易事務がそうであったように、高度な英語力を保有していなくても、貿易事務にはなれるのです。

貿易事務が業務中に使用する英語はほとんど定型文。

ゆえに徐々にパターン化してしまっていくため、少々英語に自信がなくても仕事を通してどんどん吸収していけます。

そこまで心配になる必要はないのです。

しかしながら一方でTOEICはあった方が便利という現実はあります。

保有スコアが高くなくても、受験したことがないというのはこのご時世まずいのです。

なかなか一概にこうだ!とは言えませんが、貿易事務=高度な英語力が必須というわけではないことは自信を持って言えます。

ゆえに英語に抵抗の無い人であれば、自信を持って採用試験に臨んでも問題ありません。

興味のある人は是非、貿易事務を目指してみてくださいね。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る