ブラック企業に疲れてもう辞めたいときの対処法3つ

「やっと就職をしたんだからその会社で頑張らなきゃ」という思いや「周りに迷惑をかけたくなくない」という思いで乗り切っていて、違う友人と会ったときに楽に働いているように見えた、なんてことはありませんか?

どんなに量を終わらせても次から次に…その会社、ブラック企業じゃありませんか。

今回はそんな会社を辞めたいと思う方に参考にしてほしい3つのポイントをご紹介したいと思います。

①辞めた先の未来・予定が見えているか

ポイントの一つ目として、その企業を辞めた後に出る影響や損得が計算できているかということです。

ブラック企業に留まるにも辞めたときにも必ず影響や損得が出ます。これは避けられないもので、あなたが身体や知識を駆使してお金をもらうという関係と似たものがありますね。

辞めた時、収入は無くなったり減少しますが、そのことについて考慮した上で今対策を打つか考える必要があります。

今後のイベント(副業や趣味で大きな成果を上げたり、年金や臨時収入等)がやってくるまで待ってみたり、子供がいるならば自立して金銭関係が安定するまで待ったりすることで、周囲の影響の出方が大きく変わります。

社会で働く以上、影響が出るのはやめた人1人ではなくなります。

それゆえに、あなた1人が良い影響、すなわち先を見越した行動を起こすことで家庭に良い影響もたらし、本当に優れた目を持って行動した場合には、社会にまで大きな影響を与えることもあり得るのです。

したがって、行動を起こすことは誰かしらに何らかの影響を与えます。その影響がプラスかマイナスかは、いままでの経験を元にした知識にあるのです!

②会社内での会社の評価、評判を聞いてみる

ポイントの2つ目として、ブラック企業に勤める社員や従業員に企業にどう思っているかを聞いてみることです。

働いている社員が全員良い思いをして働いているというのは大抵つぶれていくものです。では、なぜつぶれていくのでしょうか。答えは向上心のなさにあります。

あなたは悔しいと思ったことはありますか?ほとんどの人が「はい」と答えるでしょう。人間誰しもが悔しさを向上心にかえて生きてきていますね。

その向上心や追究心がかなったときに爽快感や達成感を得られるのです。勝負の世界はこの原則の下に成り立っているので練習をするのですが、社会ではどうでしょう。

明確な練習期間というものがないなかで企業に勤め、勝負をしているということになります。つまり、敗者がいなければ勝者は存在しえないのです。

まとめると、本当に良い会社は不満がある人がいて、その会社を愛している人がいるというバランスが保たれているという所でしょう。

もし、皆が良いと答える会社であったり、逆に悪いと感じる時にはその会社に勤める自分に危機感を持ったほうがいいでしょう。

③あなたが辞めたい理由を明確にする

ポイントの3つ目として、ブラック企業を辞めたい理由を明確にして、簡潔にまとめることです。

原因は1つの物事から起こりますね。例えば、給料に不満があるなら最初の説明と違っていたり、上司に不満があるなら徹底的に管理してくるなど、原因は枝分かれして根源が見えなくなるようにしてしまいます。

ですから、本当に辞めたい理由と向き合わなければ、真の原因は見つけ出せないということなのです。

あれがやだ、これがやだといっても相手には単語しか伝わりません。あなたが伝えたいこと、理解してほしいことの通りに受け取ってもらえないのです。

つまり掃除をするときは隅からやらねば埃はいくらでも出てきてしまうのです。理解してもらえず苦しんでいる方は、その埃を手で一つ一つゴミ箱の周りから掃除しているようなものです。

そうしたとき、疲れたり面倒くさいと思うことは必然なのです。ゆえに、その状況は変える必要があります。

変える方法は幾通りもあります。ですが、初期装備は1通りで逃げることです。そのうち、新しい技術としてその物事を解決できる物を発明したり、軽減できるシステムを作り出したりします。

それらは、後に商品となり、講演会やセミナーのテーマとしても活躍することとなるのです。

ですから、問題を片付けるには今思っている辞めたい理由となったきっかけを明確にして、感情にとらわれない説明を心がけることが、周囲に理解してもらえる有効な手立てになってくるでしょう。

そして、明確になった理由を解決するための物を生み出せるようになるのです。

まとめ

あなたの今の気持ちはどうでしょうか。

この記事を読んでやめる決意をした方もいれば、もう少し頑張ってみようと意欲が湧いた方もいるでしょう。この記事の本当の目的はあなたは今、どちらの立場に立ちたいのかを明確にすることです。

足場のぐらぐらした状態ではきちんとした仕事はできませんし、逆に重すぎて動かせない足場は効率よく仕事をこなせません。

ですから、あなたの置かれている現状を真に理解し、打開策を打てる策士になれれば、あなたを中心とした”ホワイト起業”を起こせるでしょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    仕事を辞めたい、もう仕事に行きたくない・・・と思っても、まず頭によぎるのが、以下の様な不安で…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る