仕事を辞める最適なタイミング7つ

f6b3d75c77cf314be9ba450627a9ed52_s

今の会社で仕事をしていて、そろそろ辞めたいと思ったことはありませんか?

会社の経営方針に違和感が出てきた、今の会社ではやりたい仕事ができない、結果を出しても評価されないなど、会社との関係でそう思うこともあるでしょう。

また、上司のハラスメントに耐えられない、人間関係や仕事のプレッシャーなどに悩んでうつ状態になったなど、職場との関係で辞めたくなることもありますよね。

ただ、だからといって、会社に迷惑がかかる時期に辞めてしまうのも問題です。さらに次の仕事を考えると、転職しやすい時期も考えなければなりません。

このように、自分と会社の双方のことを考えると、辞めるにしてもどんなタイミング・時期が最適なのか、注意しなければならないんです。

定年間際で資産もたくさんあり、完全にリタイアして社会から距離を置いてもいい人なら、辞め時に悩まなくて済むでしょう。でも多くの人は、仕事自体は今後も続けていく必要があり、今の会社との関わりも残るかもしれません。

それを考えると、自分にとって望ましく、しかも今の会社にも迷惑がかからないようにする必要があります。それをふまえて、今の仕事を辞める最適なタイミング・時期7つをご紹介しましょう。

いつ辞めるのがベストなのか、その時注意しなければならないことは何なのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①会社の経営方針が合わないと感じた時

「勤めている会社の経営方針が合わないと感じた時」は、その会社での仕事を辞める最適なタイミングと言えるでしょう。

例えば、あなたが営業を担当していて、お客様のニーズをしっかり把握し、それに応える提案をしながら、深い関係を築いていくやり方を大事にしていたとしましょう。実際それで成果が出ているのなら、自信もありますよね。

ところが最近経営者が交代して、経営方針がガラッと変わったとします。会社の規模拡大を優先し始め、既存のお客様との関係よりも、合併や買収の連続を重視するようになったら、どう思うでしょうか。

もちろん、規模の拡大は意味のあることです。ただ、それが自分に合うか合わないかは別問題です。そしてその会社にいる限りは、経営者の考え方のほうが優先されるのは仕方がありません。

そうなると、「もうこの会社で仕事は続けられないな」と思って辞めたくなるでしょうし、実際そのタイミングといえます。

ただその場合でも、簡単に見切りをつけないようにすべきです。

現場の声として、自分のやり方がお客様に受け入れられていて、成果も出ていることを伝えましょう。一方で、新たな経営方針の中で受け入れられる所があれば、自分も譲歩すべきです。

そのうえで、どうしても聞き入れてもらえず、どんなに努力しても折り合いがつかないとわかった時に、初めてその仕事を辞めるようにしてください。

②他にやりたい仕事ができた時

「他にやりたい仕事ができたのに、その会社では実現できない時」にも、その会社での仕事を辞めるタイミングと言えます。

例えば、あなたが今の会社で財務の仕事をしていたとしましょう。簿記の資格も取得し、仕事を通じて実務経験も積んで、給料もよくて上司からも評価されているなら、特に不満はないですよね。

ただ、そうやって仕事をしているうちに、「財務のプロになりたい!」という向上心が出て来るかもしれません。今の会社よりも大きな会社でそれをしたい、財務コンサルタントになって社外からアドバイスをしたい、などと思うこともあるでしょう。

そうなると、もはや今の会社では実現不可能ですから、その会社での仕事を辞める一つのタイミングと言えるでしょう。

ただこの場合も、本当に辞めてよいのか、一度立ち止まって考える必要があります。

例えば、同じグループの中で、親会社の取引先向けに財務コンサルティングをする会社があり、出向などでそこに行けるかもしれません。また、それが無理で転職するにしても、もう少し今の仕事で力をつけたほうがいい場合もあります。

これらを念頭に置いて、「もうここでできることはないな」と思った時には、思い切ってその会社での仕事を辞めてもよいでしょう。

③仕事で結果を出しても評価されない時

「仕事で結果を出しているのに、正当に評価されない時」にも、その会社での仕事を辞める最適なタイミングと言えるでしょう。

1つ目の例のように、あなたが営業担当で、毎期の売上目標もきっちり達成していたとしましょう。またそうした目に見える結果だけでなく、後輩へのアドバイスなど、目に見えない貢献もしているとします。

そこまでできているなら、期末の人事評価で適正に査定してもらい、昇格や給与のアップを実現してほしいものですね。ところが、年功序列型の人事制度で、成果が出世や昇給に十分反映されないかもしれません。

このような場合は、その会社には見切りを付けて辞め、正当に評価される所に移った方がよいでしょう。

ただこの場合も、一時の感情に流されないで、出来る限りのことはすべきです。

人事部などに掛け合って、出来る限り成果が反映されるように、人事制度の見直しを検討してもらいましょう。それを立場的に直接言うのが難しいのなら、上司に相談して対応してもらうとよいでしょう。

ただ、前例踏襲主義の染みついた老舗の会社などでは、そう簡単に体質は変わりません。やれる範囲のことをして、それでも変わらない場合には、やはり辞めることを考えたほうがよいでしょう。

④上司のハラスメントに耐えられなくなった時

「上司のハラスメントに耐えられず、会社に要望しても改善されない時」も、その会社での仕事を辞めるタイミングと言えます。

会社には厄介な上司がいるものです。例えば、感情に流されやすいタイプで、職場の全員の前で部下を罵倒する人がいます。また、セクハラの自覚がないまま、不適切な言動をして部下を不快にさせる上司もいるでしょう。

数え上げたら切りがありませんが、いずれも困ったものです。このような上司と日々顔を突き合せて仕事をするのは苦痛ですよね。仕事にも支障が出てきて、お客様や周囲にも迷惑がかかるかもしれません。

ある程度我慢しても耐えられず、心身に支障をきたすまでになったら、もはや限界です。思い切って辞めることを考えるべきです。

ただその前に、そうしたハラスメントが改善されないか、手を尽くしてみましょう。

会社に社員からの苦情を受け付ける専門部署があれば、そこに相談してみます。また上司に直接言っても無駄でしょうから、さらにその上の上司に対応してもらうのも1つの方法です。上司も組織の一員なので、上の命令には逆らえませんからね。

こうして様々な所の協力を仰ぎ、それでも改まらない場合は、もうどうしようもありません。自分の身を守るためにも、思い切って辞めた方がよいでしょう。

⑤うつ状態になって仕事ができなくなった時

「うつ状態になって仕事ができなくなった時」にも、その会社での仕事を辞める最適なタイミングと言えるでしょう。

先ほど述べたハラスメントの場合に限らず、仕事をしていてうつ状態になる恐れは十分あります。

景気後退で企業業績も悪化した場合、リストラが進められます。そうなると、残った社員1人当たりの仕事の負担が増え、長時間労働で心身ともに疲れ切って、うつ状態になりかねません。

また、職場内での陰湿な嫌がらせやいじめなど、人間関係に悩んでうつ状態になることもありえます。さらに、向いていない仕事で大きな成果を期待されて、プレッシャーを感じたりして、ふさぎ込んでうつ状態に陥ることも考えられます。

そのように、心身ともに危険な状態になった場合は、取り返しのつかないことになる前に、思い切って辞めた方が良いと思われます。

ただその前に、何とか辞めないで済む方法も探ってみてください。

上司に相談して仕事量を減らしてもらう、病院に行って処方してもらったりカウンセリングを受けたりする、親しい人に悩みを打ち明けるなどしてみましょう。

あらゆる手を尽くしてもどうしようもなく、治療や入院が必要なほどに追い込まれた時には、やはり一旦仕事を辞めた方がよいのではないでしょうか。

⑥会社の繁忙期ではなく迷惑がかからない時

これまでは、辞める側の事情を主に見て来ましたが、辞めるとなると会社側の事情にも配慮しなければなりません。

それを考えると、「会社の繁忙期を避けて、業務上迷惑がかからない時」に辞めるのが、最適なタイミングと言えます。

業界や企業に関係なく、期末や年度末は大抵忙しいものです。また、その業界特有の忙しい時期もあるでしょう。そうした繁忙期に辞めるのは、避けるのが無難です。

また、仕事内容によっても忙しい時期が異なってきます。例えば、人事担当なら、新卒採用の時期は多忙になります。一方営業担当なら、受け持っているお客様の都合で忙しい時期が違ってきます。これらを念頭に置いて辞める時期を決めましょう。

さらに、職場の事情も考慮すべきです。所属部署で退職者が相次いでいる時期は、引継ぎでみな忙しくなります。また人事異動が続いた時期も、仕事に慣れていない人への指導で忙しいでしょう。そうした時期に辞めるのは避けた方がよいですね。

これらは少し考えればわかることです。辞めようと思っても少し立ち止まり、こうした事情を総合的に考えて、仕事を辞める最適なタイミングを見計らいましょう。

なおそのうえで、実際に辞める時期については、当然ですが直属の上司とよく相談してください。上司だけが把握している情報もあるでしょうから、それも含めてベストのタイミングを決めてくれるはずですよ。

狭い業界なら、またいつどういう形でその会社にお世話になるかもしれません。引き際がしっかりできていれば、あなたのよい評判も立つはずです。「立つ鳥跡を濁さず」の精神を忘れずに、気持ちの良い辞め方をしましょう。

⑦求人動向がよい流れにある時

最後に、その会社での仕事を辞めた後のことも見据えて、辞める最適なタイミングを考えてみましょう。

やはり転職することを考えると、「求人動向がよい流れにある時」が、辞めるタイミングとしては最適と言えるでしょう。

まず、世の中全体の景気がよい時期には、企業の業績は拡大傾向にあります。そのため、人手不足感が強くなり、人材の奪い合いになります。そうなると、求人の数も増え、給与などの条件もよくなります。

また、必ずしも景気がよくない場合でも、成長業界などの場合は、慢性的に人手不足で求人が多くなっています。それが自分の希望する業界であれば、特に望ましい傾向と言えるでしょう。

さらに、個別の企業で見ることも大切です。企業にはそれぞれの経営事情があり、一時的に退職者が相次いで、欠員補充を迫られることがあります。また、同業他社は採用を絞っていても、志望先は積極的に採用を増やしているケースもあるでしょう。

このように、まず世の中全体の求人動向を大きくとらえましょう。そのうえで、業界ごとの求人の傾向を把握し、さらに志望先を含む個別の企業の採用事情をチェックしてください。

そうすると、今が本当にその会社の仕事を辞めてよい時期なのか、辞めてすぐに転職できそうなのかが見えて来るはずです。

まとめ

いかがでしたか?

これまで、仕事を辞める最適なタイミング・時期7つについて詳しく検討してきましたが、どれか1つでも参考になりましたでしょうか。

会社の経営方針が合わなくなった、やりたい仕事ができそうにない、成果を上げても正当に評価されないといった場合、その会社での仕事を辞める最適なタイミングではあります。

ただその際にも、会社に合わせる努力をしたり、会社に改善を求めたりして、何とか継続の可能性を探ってみてください。それでだめな場合には、やはり辞めるしかないでしょう。

また、上司のハラスメントが度を超えている、人間関係や仕事のプレッシャーなどでうつ状態に陥ったという場合も、そこでの仕事を辞めるタイミングの1つではあります。

ただこれも、社内の専門部署に改善を要望したり、上司や知人などに相談したりして、問題の解決を図ってみましょう。それでもどうしようもない場合は、思い切って辞めたほうがよいですね。

さらに、同じ辞めるにしても、会社の都合や自分の次の仕事のことも考えなければなりません。そこで、会社の繁忙期は避けるようにし、かつ求人募集が増えている時期を選ぶようにしましょう。

仕事を続けていると、このようないろいろな事情で、どうしても辞めたくなることがありますよね。それでも、せっかく続けてきた仕事を辞めると、自分のキャリアが中断されかねません。

また辞め方を間違えると、会社に迷惑をかけて自分の信用を失いかねません。さらに時期が悪ければ、転職も上手く行かず、失業が長引いてしまう恐れもあるのです。

自分の事情、会社の都合、世間の動向というように、さまざまな角度から総合的に考えて、その会社での仕事を辞める最適なタイミング・時期を決めましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る