アパレルの企画職の仕事をしていますが、転職を考えています

77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s

アパレルの企画職の仕事をしていて転職を考えている・・・

このように悩むときってありますよね

では、あなたと同じように、
アパレルの企画職の仕事をしていて転職を考えている・・・と悩んでいた方は、
どのようにしてその悩みを解決したのでしょうか?

ご紹介します。

おにいやんさん 男 30代後半 アパレル

長い間下積みを経験しながらも30を過ぎた頃にある程度希望していた仕事をこなせるようになった私は、勤めていた会社でもそれなりのポジションで、ある程度優遇される立場を得ていました。

言ってみれば企画主任のような具合ですが、一応企画に関する最終ジャッジもできましたから、業績さえ落とさなければそのまま先々まで続けるつもりでいました。

ただ商品はある程度ヒットしても、時代は安くて数多く売れるモノを優先して作らなければならない時代でもあり、若い頃目指したような高品質で優れた企画というものには程遠い現実がありました。

仕事を続ければ続けるほどに蓄積するストレス、おそらく会社では思うようなモノ作りは実現しないだろうと思い始めたのが30代の半ばに差し掛かった頃でした。

いろいろと悩んだ末に考えたのは、同業他社で理解ある企業を探すことがまず浮かびました。

これは人づてにいくつか候補もあり、何度となく話合いにも付き合ってくれた企業がありました。

しかし最終的に物別れに終わるのは、何年で採算を合わせられるかという見込みの違い、これだけは希望的観測の私の言い分と夢と現実のギャップに慎重になる企業サイドの思いの差が埋まることがありませんでした。

結果的に以前お世話になった取引先が支払いの立て替えなどをバックアップしてくれる形で独立することになりました。

安い手数料で仕入れに対する支払いをしてくれる約束でしたが、立ち上げの資金が少ない私にとってはそれでも随分と助けになりました。

そういう経緯で個人事業としてスタート、今に至る形です。

仕事としてのモノ作りはまず利益を出さない限り続けることができません。

メーカー機能を持った個人事業レベルですと、まずほとんどが先行出費になりますので、最初はほとんど自転車操業のようなものです。

少しでも多くの開業資金が調達できるのがやはり望ましいのですが、あまりに慎重になり過ぎて独立し損ねる人も多く見てきました。

どれだけの見込みでそれに伴うアクションが起こせるか、多少の誤差はともかく、そのぶれが少ない人なら起業の妙味はありますね。

手元に資金が無くても、段取りを踏めば公的な融資も可能ですし、地道に取組めばそれなりにステップアップできるのも確かです。

真剣にモノ作りをしたいと思うのであれば、そういった資金的な課題を事前にシミュレーションしておくのが得策ですね。

勢いだけではすぐ行き詰まりますし、それはモノ作りにも大きく影響してしまいます。

面倒な計算を最初にしておく、これはモノ作りに携る人が最も悩む課題でもあり、その代わりに解消できれば会社ではできなかったことができる可能性が大きく膨らみます。

おにいやんさんは、転職せずに独立することで悩みを解決できたようですね

是非、ご参考にしてください

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る