既卒の面接でよく聞かれる質問とその回答のポイント

2056a6a5b71702d4727a0506b866c5ed_s

既卒者の就職活動は過去内定がもらえなかったことを、「失敗」「自己否定」にとらえていることから後ろ向きになりがちです。

しかし、企業側からすれば、既卒者もまだまだ若年者の域にあり、これからの伸びしろや、自社に合う人材かどうか、今後どのように活躍してくれるのかを期待し、面接で確認したいのです。

そこで、既卒者の採用面接でよく聞かれる質問をまとめてみました。

①「なぜ新卒で就職しなかったの?」

既卒での望む面接で皆さんが一番困るのがこの質問ではないでしょうか。
病気やケガなどやむを得ない事情でない限り、本当のことを伝えにくいですよね。

ついつい言い訳をしてしまっていませんか?

あなた
やりたいことを見つけるため留学するつもりだった

あなた
公務員試験を受けるつもりだった

あなた
家業を手伝うつもりだった

しかし、面接官はその道のプロ。その場の言い訳は見破られてしまいます。
ではどのように対策すればよいのでしょうか?

この質問は、過去を振り返っての問題点を把握し、
改善する方法を考えているかどうかを問われています。

ですので、在学中の就職活動で内定に至らなかった理由を洗い出し、
今後その原因を踏まえてどのように改善していくつもりかを伝えましょう。

企業側から見れば学習能力のある人材として魅力的に映るのです。

②これまでどのように毎日を過ごしてきたのか?

この質問の真意は「就職できずにこれまで過ごしてきた経過と、毎日を無駄に過ごさず何に取り組んできたのか」といったことを聞いています。

つまり就職する意思があること、そのために就職活動をどのようにしてきたのか、さらに自己研鑽のためにどのようなことに取り組んできたのかを知りたいのです。

卒業してから就職活動までに間があいてしまった場合は特に気になる質問だと思います。

アルバイトをしていた場合は「就職に向けての資金を稼ぐ」「何もしない毎日ではいけないと思った」等、資格試験の勉強をしていた場合はその説明をするとよいでしょう。

就職活動に至るまでの期間に社会に出るための準備をしていたことをアピールしましょう。

③なぜこの会社を志望したのですか?

この質問は「自社で働くことがイメージできているのか」「自分の将来像を考えているのか」を知りたいために聞かれます。

同じ業種・職種の企業が多くある中で、なぜウチの会社を選んでくれたのか、それはどんな風に自分を活かして働きたいのか、ウチの会社で働くことで将来どうなっていくつもりなのか・・・それを掘り下げて聞くことによって、どのくらい本気で就職したいのか熱意を感じることができるのです。

いくつかの視点で述べると、多様な角度で問題解決する能力も認められ、
面接に臨む真剣な姿が面接官に伝わることでしょう。

まとめ

企業側から見たら、応募者が既卒であることよりも「自社でどのように活躍してくれるのか」「自社でどんなことをやりたいのか」「自社で働くことによりどのようなライフプランを描いているのか」を真剣に考えている人が採用したい人物です。

これまでの失敗経験を受け止め、前向きに課題解決する意思があることをしっかりと伝えましょうね。

トピック!

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る