既卒になると人生終わりと言われる理由

ad1206cc20e8b5228981a178360dcca0_s

「既卒になれば新卒と同じ条件の求人に応募できない」「第二新卒で自分に合う企業を探してみたものの、前とは条件が悪くなるのは仕方がない」など、いわゆる新卒採用の波に乗れなかった人が”人生終わり”のように受け止められる風潮があります。

しかし、本当に新卒採用で就職しなければ、その後の人生に影を落とすことになるのでしょうか。ここでは、多くの人が新卒採用にこだわる理由を考えてみました。

新卒採用しか受け付けていない企業がある

上場一部の大手企業や未経験の新入社員は主に新卒採用で求人募集をします。

いわゆる「就活」時期に採用に至らなかった場合、長期的なキャリアが描けない、生涯賃金が平均より下がる等不安要素が先行するからだと考えられます。

中には思った企業に内定が得られなかったことを理由に「就職留年」する学生もいています。あえて単位を落として次年度新卒として就職活動をするためです。

新卒採用の慣習は日本独特のものですが、このレールに乗れなかった時の「置いてきぼり感」がよけいに”人生終わり”なとらえられ方をするのかも知れませんね。

未経験で就職するのは30歳が限界と言われる

これには2つ理由があり「20代の方が人材育成において吸収が早い」「在籍している30代の社員がすでに管理職になっている」ことです。

新卒で入社した社員は、新人として基礎的なことから時間をかけて研修を受け、
その会社の社風や、仕事の進め方などを覚えていきます。

また過去の経験という比較対象がないので、素直に自分の中に落とし込むことができます。

その点、既卒者の場合一緒に研修を受けることなくOJTで仕事を覚えなくてはいけなかったり、第二新卒の場合、前職と比べてしまうことは否めません。

また新卒で入社して30代になると管理職になる人もでてくるので、
同年代の未経験者を扱うことが難しいという理由もあります。

ですので、出来るだけ早い段階で就職することが求められているのです。

しかし、本当に「人生終わり」なのだろうか?

現在では大学に進学する人が増え、新卒求人に対して応募する学生が増えたこと、そして一部の学生に内定が集中し、後の学生に内定がもらえない一極集中型になる傾向も強まっています。

また人気業界、人気職種に応募が集中し、他の業種・職種は人材不足であることも問題となっています。でも、既卒や第二新卒は、新卒の採用スケジュールに振り回されることがありません。

自分自身を振り返り、自分の向いている生き方、働き方を追求することができれば、どんな企業に応募したらいいのか、そこで何を伝えるかがわかってくるのではないでしょうか。

業界によっては、新卒にこだわらずに人材募集をしているところもあります。

情報収集をし、自分で判断出来る力を身につければ既卒や第二新卒でも働き甲斐のある企業と出会えますよ。

まとめ

就職活動とは、応募先の企業がどのような方向性を持って今後どう活動していくのかを知り、自分の持っている個性やスキル、価値観が企業でどう活かされるのかをマッチングさせる活動です。

既卒や第二新卒でもチャンスはゼロではありません。

求人に応募する方法もありますが、人脈を広げて売り込む就職活動の方法もありますし、転職エージェントを活用する方法もあります。

自分に合ったやり方で、自分の生き方をじっくり考え、前向きに活動しましょうね。

トピック!

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る