会社を辞めたらどういう選択肢があるんでしょうか?

25be99321077d527672110e4a7eed382_s

退職をする理由は人によって様々です。同様に、退職をしたいと考えている人が置かれている状況も様々です。

落ち着いて退職後のことを考えられる状況であれば良いのですが、中には業務が忙しすぎて退職後のことを考えられない場合があります。

本来であれば、退職をする場合には、退職前に辞めた後の予定をしっかりと決めておくべきであるといえます。しかし、先述のように、落ち着いて考えられない人がいるのも事実です。

そういう場合は、今後の事は辞めてから考えるしかなく、とりあえず退職をすることになります。その時、退職者は非常に不安な思いに駆られることになるでしょう。

何の方針も持たずに会社を辞めてしまうと、退職後のスタートが大きく遅れることになります。そうならないように、本格的に次に進み始めるのは退職後だとしても、退職前にある程度の方針を練っておくことは重要であるといえます。

仕事が忙しくて方針を練る時間がないのであれば、最低限、退職後の選択肢にはどのようなものが存在しているのかを知っておくことが大切です。

私が仕事を辞めようと決意した時も、業務が忙しくてなかなか次のことを考えることができませんでした。プロジェクトリーダーを任されていたため、家に帰ってからもプロジェクトの進め方を考える必要があったのです。

退職することは決めていたのですが、辞めてからどうするかを考えることができないまま、時間だけが過ぎていきました。退職後の進路について、同僚に相談するわけにはいきません。ましてや、上司に相談することもできませんでした。

何とか、上司に退職希望日を伝え、退職日を決めることはできたのですが、仕事が落ち着くことはありませんでした。

むしろ、上司は退職までになるべくプロジェクトを進めてもらおうと考えたみたいで、仕事の量が増えてしまいました。

さらに、プロジェクトリーダーの後継者への引継ぎも発生して、以前よりずっと忙しい状態になってしまいました。そのため次に向けての活動は退職後にすることを余儀なくされたのです。

このままではいけないと思い、退職後にどのような選択肢があるのかだけでも知っておこうと思い必死に調べました。その結果、大きく2つの進路があるということがわかりました。そして、その2つについて具体的にどう活動していけば良いのかも調べました。

これだけで、気持ちがずいぶんと楽になりました。

2つのどちらかにするのかを決めるのは辞めてからだとしても、決めると同時にスタートダッシュできるので、心に余裕ができたのです。

辞めた後の選択肢は大きく分けて2つあります。それぞれを選択した場合の進め方さえ把握しておけば良いので、同じように次の方針を考えられないあなたに、それらをお伝えしようと思います。

会社を辞めた後に専業主婦(主夫)になったり、専門学校や大学、職業訓練後などに通う選択肢もあります。しかし、ここで紹介する2つの選択肢は働き続けることを前提としたものです。

①再就職(転職)

1つ目は退職後の最もメジャーな進路である再就職です。これについては多くの人が方法を知っていると思いますので簡単に紹介します。

まず、失業保険の給付を受けるためにハローワークに求職の申し込みに行ったり、国民健康保険や年金の手続きを行うなどの諸手続きを行います。

それらが終わったら、いよいよ本格的に求職活動をスタートします。仕事を効率的に探すにはハローワークだけでは心もとないので、転職サイトに登録するのが一般的です。

世の中には多くの転職サイトが存在しますので、大手の転職サイトだけでなく色々なサイトに登録するのがオススメです。検索して気に入った会社があれば応募すれば良いです。

②個人事業主

2つ目の選択肢は、開業して個人事業主になる方法です。開業や個人事業主という言葉をきくと、敷居が高くて自分には無理だと考える人が多いですよね。

しかし、開業して個人事業主になること自体は非常に簡単です。基本的には開業に必要な書類を3つ提出するだけで良いのです。

厳しい審査などはなく、基本的には誤記入等がない限り、どんな内容でも受理してもらうことができます。

まず、税務署に開業するために必要な書類を出します。最低限必要なのは「開業届」です。記入方法は非常に簡単で5分もあれば書けます。それと同時に出しておいた方がよいのが「青色申告承認申請書」です。

簡単に言うと、確定申告に必要な経理をしっかり行うことにより、所得税を控除してもらうための申し込み書です。あとは、都道府県税事務所にも「開業届」を出すだけです。こちらは「事業開始申告書」等と呼ばれることもあります。

基本的にはこれらを提出するだけ個人事業主になって開業することができます。税務署と都道府県事務所は近い場所にあることが多いので、全ての作業に一時間もかからないのではないでしょうか。

このように開業自体は非常に簡単です。そのため、もし何か得意なことや自分の好きなことを仕事にしたいと考えているなら、選択肢として考える価値は十分にあります。

まとめ

近年は会社を辞めて開業する人が増えていますよね。今回紹介したように簡単に開業できる事実を知っていれば、退職するにあたっての不安は大きく減るのではないでしょうか。

もちろん、仕事として何を行うかを考える必要はありますが、それは転職をするにしても同じことです。開業は自分には無理だと決めつけずに選択肢として考える価値は十分あると思います。

退職する際に、退職後のことを考えられない場合は、今回紹介した2つの選択肢について知っておくと安心できます。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

やりたい仕事を簡単に見つける方法
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. c66bfa73069acb6c4410f87c29d0aabe_s

    仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    精神的に限界で仕事を辞めたい・・・。転職しようかな・・・。 このように悩むときってあり…

ピックアップ記事!

  1. af8316449bdf1e3972c4879cebca42c4_s
    現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
    会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る