【第12回】アフィリエイトは稼げるのか?初心者は月3万~5万稼ぐのに2年は覚悟すべし!

前回は、副業するならアフィリエイトが最適というお話をしました。

【第11回】本業に影響を与えず月3万~5万稼ぐ副業なんてあるのか?

今回含め、3記事程度でアフィリエイトで稼ぐための方法をまとめたいと思います。

そもそもアフィリエイトって何?という話ですが、アフィリエイトとは成果報酬型の広告のことです。企業などの商品をあなたが代わりに販売し、その対価としてバックマージンをもらう仕組みです。

保険代理店の仕組みと全く同じで、保険会社(広告主)の商品を保険代理店(アフィリエイター)が代行販売し、契約が取れたらその保険料の中から手数料をもらうというものです。

【引用元:アフィリエイトとは(バリューコマース)

つまり、ブログなどのウェブサイトを作り、記事を書き、広告を貼ることで、アフィリエイト報酬が得られます。広告の数は大企業の商品含め、無限にあるといっても過言ではありません。

じゃあ、どんなサイトを作ればいいのか?ということですが、あなたが好きなジャンルや得意なジャンルなど、1年、2年コツコツ続けられるテーマでサイトを作っていきます。

書きやすいテーマであれば何でもいいです。大事なのは、1年報酬がなくてもコツコツ続けられるかです。

最初から、興味がないけど稼げそうなジャンルでサイトを作ってしまうと、途中で絶対心が折れます。報酬がなければ本当に面白くないですからね。

なので、1年報酬がゼロでも続けれそうなジャンルで必ずサイトを作ってください。それで稼げるようになれば、「狙って稼ぐ」という方向にシフトしてもいいです。

では、具体的に解説していきます。

週2記事、1ヶ月8記事、1年100記事目標で1記事は2000字~5000字

アフィリエイトで稼ぐには、とにかく記事を書かなければいけません。なぜなら、アクセスが増えないからです。アクセスが増えなければ当然稼ぐことなんて出来ません。

それで目安ですけど、100記事到達時に初報酬が得られれば上々という感じです。

具体的に何記事書けば稼げるというのはないのですが、とりあえずコツコツと100記事までは頑張ってください。

でも、大事なのは1記事1記事の中身です。3~4年前までは500文字でもアクセスがきていたんですが、現在では2000文字はないとかなりきついです。

※ページビュー=トータル閲覧数、ユニークアクセス=トータル訪問者数(1人で2ページ閲覧は1アクセスとしてカウント)

上記は、1記事1000文字程度で約120記事入れたサイトのアクセス状況ですが、1日のアクセスが10いけばいい方で典型的な失敗サイトです。

もちろん報酬もゼロで近々サイトを削除する予定です。

では、下記をご覧ください。

このサイトは、1記事2000文字程度で250記事ぐらい入れていますが、1日平均300アクセスぐらいあります。

これで、月5万円程度の報酬です。今は月1回の更新なので、半自動で稼いでいるサイトの典型例ですね。

最後にお見せするサイトは、1記事最低2000字以上で、平均すると3500字程度です。約1000記事入れているサイトですが、アクセスもずば抜けています。

この3サイトは全て外注を使って作成しましたが、あなたが目指すべきは2つ目のサイトです。

初報酬は100記事到達地点で、その後、1日200~300アクセス目標に、1日1000円の売上を目指してください。

そして、記事を書く上で大事なことは1つだけです。

  • ターゲットを決めて、そのターゲットに役立つ記事を魂を込めて書く

本当にこれだけです。確かに文字数も大事ですが、最後は読者に役立つ情報を本気で書くということです。

当カテゴリも、「20代の若手社会人」に向けて魂を込めて1記事1記事書いて仕上げています。魂を込めて本気で書けば2000文字どころか5000文以上になってしまうこともあります。

なので、好きなジャンルや得意なジャンルで勝負しましょうということなんですね。

アフィリエイトはとにかく簡単には稼げません。私も月5万稼ぐのに3年かかりました。しかも、文字数だけを目標に適当なサイトを作ってしまうと、上記のような典型的な失敗サイトを生んでしまいます。

本業が忙しいという方もいるでしょう。週2記事も更新できないという方もいるでしょう。

でも、稼いでいる方はみんな最初のこのしんどさを乗り越えています。私も半年程度、長期出張で作業がなかなかできないこともありました。

なので、いくら好きなジャンルとは言え、コツコツ1年も無報酬の状態で記事を書けそうにないという場合は、アフィリエイトをやってはいけません。稼げませんからね。諦めてください。

30記事で月20000円稼げるケースもある!

どうしても、週2記事も更新できないけどアフィリエイトにチャレンジしてみたいという場合は、10記事~30記事程度でターゲットを絞りに絞ったサイトを作ってみてください。

以下サイトは、30記事程度ですが、月2万円以上稼いでいます。

なぜ稼げたのかと言うと、特定のターゲットにのみ響くサイトに仕上げたからです。

最初にご紹介した失敗例のサイトは、ターゲットも抽象的でただ1記事1000記事以上で書いたというだけのサイトでした。

でも、当カテゴリを例にすると、「20代の若手社会人」ではなく「社会人1年目で1人暮らしをしているもののお金が貯まらず節約したい」方をターゲットにしてサイトを作ってみてはどうでしょうか?

記事数こそ、そこまで増やせませんが、「社会人1年目 貯金できない」みたいなキーワードを狙い撃ちして作れば期待はできそうです。

100記事以上のコツコツ書き続けられるテーマは、中長期的に安定して稼げるというメリットがありますが、スタートダッシュが弱いです。

でも、ターゲットを絞りに絞ったサイトはこの逆で、スタートダッシュが強く、初報酬までの時間が短いです。

どっちがいいというのは断言できませんが、週に2記事も更新できそうにないという場合は、ターゲットを絞りに絞ったサイト作りを検討してみるのもいいでしょう。

但し、絞りに絞りすぎて需要がゼロとなってしまっては稼げないので、そこは注意が必要ですよ。

おすすめのジャンルは時代に左右されないジャンル!

例えば、「海」が絡んでくるサイトを作ったっとしたら、夏しか稼げません。カニをテーマに作っても冬しか稼げません。

じゃあ、どうしたらいいのか?

それは、「健康・美容・出会い・仕事・お金」など、20年後、30年後も毎日、誰かが悩んでいるであろうジャンルでサイトを作ることです。これが、毎月安定して稼ぐコツです。

但し、時代に左右されないと言っても、長く書き続けられるジャンルでなければ意味はありません。

例えば、当サイトのテーマは、私が好きで得意なジャンルでかつ時代に左右されないため、稼げる可能性を秘めているということですね。

あなたも、現時点で、「これだったら書けそう」と思い浮かんだテーマがあるなら、それは時代に左右されないものか?をチェックしてください。

売りたい「商品名」は使わず記事を書くことが大事!記事内で「気づかせる」という視点を持たなければ稼げない!

私は、月最低でもアフィリエイトで100万円以上稼いでいるとお伝えしましたが、私が稼ぐ上で必ず意識していることは、商品名ベースで記事を作成しないということです。

例えば、「三井住友カード」というクレジットカードをアフィリエイトしたいとしましょう。

ここで初心者がやってしまう間違いが、「三井住友カードの特徴は?」などの記事タイトルで記事を書くことです。

でも、初心者はこのような商品名で記事を作ってはいけません。なぜなら、どんなにいい記事を書いても、ライバルサイトの力が強すぎて、検索上位には入れないからです。

見てください。「三井住友カード 特徴」で検索してみましたが、1ページ目は公式ページや超作り込んでいるライバルサイト、wikipediaなどのページでした。

さて、上記のようなサイトに、初心者アフィリエイターが勝てるでしょうか?どう考えても無理ですよね?

私も無理です。勝てる気がしません。

なので、「商品名を使わずに、ライバルを避けて稼ぐにはどうしたらいいか?」を考えに考えて記事を作成していかなければいけません。

この場合は、クレジットカードという言葉も使わずに考えなければいけませんね。

私も詳しくはありませんので、少しググって見ましたが、例えば、三井住友カードには学生向けのデビュープラスというカードがあるようです。

そうなれば、学生をターゲットにした記事を書き、デビュープラスを紹介したらいいんじゃ?と思いつきます。

でも、それだけは甘いです。もっと深く突っ込んで、学生がどういう場面でクレジットを使うんだろうか?まで考えなければいけません。

どうでしょう?思いつきますか?

私なら、「クレジットでしか買えないサービス」をググって探しますね。

今の学生が何にお金を使うかあまり知らないので詳しく調べてみないと分かりませんが、仮に「大学の講義の教科書を安く買えるサービス」があったとしましょう。しかも、それはクレジットでしか買えません。

であれば、「大学の教科書名」を記事タイトルに入れ記事を作成し、記事内で「デビュープラスあれば安く買えるよ」と紹介してあればいいんです。

おそらく、大学の教科書名ってライバル少ないですよね?

ライバルを避けて稼ぐとはこういう視点です。私は1サイトで月100万円以上稼ぐサイトを持っていますが、これもこの視点で稼いでいます。

もう一つ例をあげると、例えばあなたは野球好きで野球をテーマにサイトを作ったとしましょう。であれば、「野球好き」のアクセスが集まるまでは野球に関するテーマでどんどん記事を書いていきます。

じゃあ、野球好きにおすすめできそうな商品ってなんだろう?って考えるんです。

※後ほど解説しますが、本当はサイトを作る前に、予め売る商品は決めておきます。

例えば、格安航空券なんかいいかもしれません。夜行バスもそうですね。敵地で応援するファンもいるはずですからね。また、野球に関するスマホゲームでもいいかもしれませんね。

他はなんかあるでしょうか?

私はサッカー好きなのであまり思いつきませんが、格安航空券なんてやり方次第で成約がとれるかもしれません。

なので、商品ベースで「商品名を使わず売るには?」や、ターゲットベースで「サイトにアクセスしてくるユーザーに紹介できそうなものは?」を必ず考えるようにしてください。

この視点が理解できれば、アフィリエイトで稼げる可能性がグンと高くなります。

ちなみに、1日平均300アクセスで月5万稼いでいる上記サイトは、商品ベースで「商品名を使わず売るには?」を考え月5万稼ぐことに成功しました。

このサイトは、最初から売る商品はきっちり決めず、ターゲットベースで「サイトにアクセスしてくるユーザーに紹介できそうなものは?」を考え、月50万円以上稼ぐことに成功しています。

しつこいようですが、月3万~月5万稼ぐ上で「ライバルを避けてサイト内で気づかせる」という視点を欠かしてはダメですよ。肝に銘じておいてください。

実際にアフィリエイトできる商品を確かめてみましょう!ここで、サイトのジャンルを決定してください!

では、実際にアフィリエイトできる商品を確かめた上で、サイトのテーマを最終決定してください。つまりこういうことです。

どれか一つでも欠けてはいけません。

特に、サイトを作ったもののアフィリエイトできる商品がなかった・・・というのが一番きついですからね。なので、事前に紹介できる商品は必ずチェックしておきましょう。

とりあえず、A8.netに登録しさえすればいい!

広告主の商品を紹介するためには、広告主とアフィリエイターを仲介するASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録する必要があります。

ASPは少なくとも20社以上はあり、各ASPとも得意ジャンルがあったりと特徴が異なります。私は10社ほど登録していますが、最初はとりあえず、ASP最大手のA8.netに登録しさえすればOKです。

オールジャンルカバーしていますし、登録の審査も無いに等しいですからね。

登録方法についてはPDFにまとめましたので、以下からご覧ください。クリックするだけで閲覧できるのでPDFを参考に登録を完了させてください。

A8.netの登録方法

登録完了後に、プログラム検索より商品を探してみてください。

そこで、紹介できる商品をピックアップしてください。もし、紹介できる商品がなければ、ジャンル選びを考え直す必要があるでしょう。

そして、紹介できる商品があれば、サイト作りに進んで構いません。サイト作成の手順につきましては、次回、解説させて頂きます。

まとめ

アフィリエイトで月3万~5万稼ぐのは簡単ではありません。2年はかかると覚悟した方がいいでしょう。

初心者がアフィリエイトで稼ぐ上で一番大切なことは何か?と聞かれれば、私はポジショニングと答えます。ライバルと競合しないポジションはどこか?ということです。

私はこの手法を、ポジショニングアフィリエイトと呼んでいますが、サイト作成前のポジショニングで稼げるか稼げないかが決まると言っても過言ではありません。

  • ダイエット
  • クレジット
  • 脱毛
  • エステ etc

こういう大きな市場で、自分だけのポジショニングをいかに確保するか?です。個人アフィリエイターは、「ダイエットおすすめ?」なんてキーワードで検索上位にいけるわけありませんからね。

アフィリエイト=ポジショニング

これを必ず意識してくださいね。

【第13回】アフィリエイトサイトを作るまでの流れ!とりあえず、wordpressでサイトを作ればOKです!

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…
ページ上部へ戻る