入社8ヶ月で仕事を辞めたいですが、辞めるときの注意点を教えてください。

入社8ヶ月で仕事を辞めたい。でも、辞めるときは一体どんな注意点があるのか気になりますよね。

私もあなたと同じ時期に辞めることを検討したので、そう思う気持ちはとてもよく分かります。ここで注意点をしっかり理解しておくと、次のステップにスムーズに繋げることができます。

今回は、私が実際にあなたと同じ状況の時に心がけていたことを書きます。是非読んで参考にしてみてください。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①退職したい旨は1ヶ月前に上司へ伝える⇒必要な手続きを滞りなく済ませる

一般的な社会常識ですが、辞めたいと思う時は、上司へ報告をしなければなりません。

言って明日辞めれるということはもちろんなく、仕事の引き継ぎや周囲への配慮を考えて、1か月前には最低でも上司に伝えるようにしましょう。

また、会社によっては必要な手続きがあることもあるので、そういったことも滞りなく済ませておきましょう。

辞めた後に会社に連絡したり、また訪ねるようなことがあったら気まずいと思うので。

仕事の引き継ぎなどある場合も、その相手がきちんと分かるように分かりやすくまとてめ、しっかりと伝えておきましょう。

多少複雑な仕事で、心配なようなら書類におこしてマニュアルのようにしても良いと思います。

辞めるのにそんな丁寧にする必要があるか?と思われるかもしれませんが、辞める時に大切なのは相手とのトラブルを極力減らすことです。

もしかしたら人間関係などで悩みもあって辞めるのかもしれませんが、そういった場合も波風を立てることなく静かに1ヶ月過ごすように心がけましょう。

ここでもし何かトラブルを起こすようなことがあれば、それこそ面倒な状況になることになってしまいます。

②退職する前に転職エージェント登録や、ハローワークに行って職を探す

退職をして、転職をするという流れだと思いますが、転職先は早めに探しておいて損はありません。

在職中からどんどん行動して採用に向けてステップを踏んでいきましょう。

転職エージェントに登録をしたり、ハローワークに行ってスタッフの方と相談をして情報収集をしましょう。

また、在職中に興味がある仕事の資格取得などできるようならそれを目指して頑張るのもオススメです。

あなたも一度就職活動を経験しているので分かると思いますが、転職活動にはもちろん履歴書が必要ですし、面接もあります。

転職の時には、大学生の時とは違いもっと選考における人事の人の目は厳しくなっているでしょう。

今のうちから履歴書を書いて、場数を踏んでいきましょう。どんな自己PRが良いか、自分の経歴でアピールできる点はどこかなど、しっかり考えていくことが大切です。

ハローワークに行けば、専門のスタッフの方が履歴書に関してアドバイスもしてくれるでしょう。

もし不安なようなら履歴書を持って行って、アドバイスを貰い、どんどん改良していきましょう。

職を探している時は、可能であれば毎日求人情報をチェックするのがオススメです。

そうすると、1週間、2週間ずっと同じ求人があることがあります。こういった職場はあまり就業状況が良くない、もしくは離職者が多いという可能性があるので注意が必要です。

ただ情報を知るだけではなく、そういったことも考えながら冷静に情報収集をして、転職活動を進めていきましょう。

③節約をしてなるべく貯金を増やしておく

仕事を辞めるということは、その間の収入が減るということです。

転職活動をしている間、アルバイトをするというのもひとつの手ですが、それでも貯金はあるに越したことはありません。

お金が足りないと、それだけでストレスになります。焦りにも繋がり、結果的に良い影響はまったくありません。

なので、今のうちから自分の支出、収入をしっかりと振り返り、生活費などで切りつめられる部分は今のうちから節約をして、お金を貯めて置くようにしましょう。

また、今の貯金から換算すると何ヶ月先まで生活が可能なのか、ということも自分の中で考えることも大切です。

例えば3ヶ月先まで生活できる!という結果になった場合、それまでに転職先が決まっていなければなりません。

もちろん、それまでに決まれば良いのですが、人生うまくいかないことも多く、決まらないということもあるかもしれません。

なので、3ヶ月以内に決まらなかった時にどうするか?ということも考えておきましょう。

「親に一時的に借りる」とか、「短期のバイトをする」など。あらゆる場面を想定して、心の準備をしておくことで、そういった状況になっても焦らずに行動出来ます。

まとめ

仕事を辞める時の注意点を色々書きましたが、一番大切なのは「早めに行動する」ということです。

早めに上司に辞める旨を伝えて、早めに転職活動をスタートする。そして、早めに自分の生活にかかる金銭面を見直して、先々の計画を立てて置く。

早めの行動と準備が余裕を生み出し、結果的に良い方向へ向かうはずです。

これから先、大変かもしれませんが、あなたが良い職場に就けるように応援しています。頑張ってください!

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

嫌な上司と顔を合わさずに即日退職する方法はこちら

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る