入社4ヶ月で仕事を辞めたいです。辞めても転職できるでしょうか?

新人で入社した時には「よし、やるぞ」と意気揚々としていたことでしょう。将来の希望を持ち、自分のやりたい仕事に就いた。やる気がわかないわけはありません。

しかし、3の倍数。3日目、1週間、3週間、30日、3ヶ月・・・。

この時期は、危険な時期となります。いくらやる気を持っていたとしても、なぜかモチベーションが落ち、悩む人が大勢います。

3ヶ月目が過ぎたあたりですので、専門用語も覚え始め、人の顔と名前が一致し、どのような性格なのかが見えてくる時期ですのでわかる時期でもあります。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①今の時期を無理やり乗り切る

今までの3ヶ月を振り返ってみましょう。

何もかもが初めてで、初対面の人ばかり。緊張して、神経が張り詰めた中での仕事です。疲れないはずがありません。

でも、疲れは感じていましたか。恐らく感じていない、又は感じにくかったのではないでしょうか。

それを感じるほどの余裕がなかったと思いますので、余裕が出てきた今の時期に、ドッとそれが押し寄せてきたのです。

ちょっと、息抜きしてください。遊んでられないというほど追い詰められている(正しくは自分で自分を追いつめている)のであれば、今まで経験した仕事をノート等に書き出して整理をしてみてください。

これをやることによって、頭の中でモヤモヤしていたものが整理されていきますし、明日からの仕事にも役に立つので一石二鳥です。

②すべては経験と捉えることも大切

「こんな仕事がしたい」と思い、今の仕事に就いたのであれば、ある程度の下調べを行ってきたのでしょう。

しかし、現実はそう簡単なものではありません。単純なピッキング作業員1つ取ってみても、ピッキングを行うという仕事だけでなく、いかに効率よく間違えずに品物をチョイスできるか、という部分も考えなくてはいけませんので、ただ単に体を動かすだけでは、仕事は務まりません。

このあたりのギャップに苦しんでいませんか。

求人等に書かれていた仕事と全然違う仕事をやらされているのであれば、出るところに出てもいいのかもしれませんが、すべては経験と捉えてください。

小学生の時に、国語・算数・理科・社会と習ってきたと思います。今ではその科目の中で、全然必要なかった科目もあると思います。

しかし、それら全てを経験したからこそ自分のやりたいことが見つかったのだと思いませんか。

そのためにも、すべては経験と捉えて少しの間我慢して、やるだけやってみることも大切です。

③辞めるのは簡単だけど、入ることは難しい

新卒で入社した時に、何社応募しましたか。今の会社だけというのであれば、それはとても運のよかったことです。

面接対策がうまくいったとか、履歴書や経歴書の書き方がうまかったというものではありません。運です。

ただ単に、今の会社の欲しいと思う人が募集してきたという偶然にすぎません。

売り手(労働者)市場と言われていますが、それは全体の%を見たらそうなるだけで、あなたがやりたい仕事内容の求人もそうなっているとは限りません。

ズバリ言ってしまうと、飲食と介護の求人が増えている(加えてそこに就職しようという希望がない)だけで、他は就職が難しい状態です。

そうでなければ、失業者という人がいないはずですし、会社が人を選ぶのではなく、求職者が会社を選ぶシステムへ変更する流れが出てもおかしくないでしょう。

そうなっていないのは、まだまだ就職するということが難しいことをものがたっています。

それに、今辞めてしまったら、次の就職先の面接時に必ず聞かれます。「なぜ、やめたのか」と。この返答は、会社を2・3社転々としてきた人よりも印象が悪くなります。

新卒で入った会社というのは、学生時代に悩みに悩みぬいた結果、出した答えです。それだけ悩んで決めた会社を数ヶ月で放り出す。印象は悪いです。これは一生付きまとう問題ともなります。

辞めるのは簡単です。明日にでも決意できます。それを行った時のデメリットをよく考えてください。

まとめ

現在、多種多様な働き方が選択肢として選べるようになり、今後はもっと複雑になっていくと考えられます。

日本の伝統文化ともいえる定年制、年功序列制は徐々に衰退し代わって、副業可能や同一労働同一賃金といった制度が出てくると考えられていますし、政府もそのように仕向けています。

若いうちでしか経験できない事はたくさんありますので、限られた時間を有効に活用して、様々経験を積み重ねていくのも方法の1つです。

結婚したり、子供ができたりしては、そこまで体(お金も)に自由が利かなくなってきます。

色々経験することはよいことと思いますが、この3ヶ月でいったい何をその会社で得ることができましたか。自分1人に全責任を負える仕事が来ましたか。

それが来ていないということは、まだその仕事を理解しきっていないということです。まだまだ先は長いです。もう少し我慢してみませんか。

でも、根本的に法律違反などが行われているのであれば潔く辞めてしまい、専門家へ相談しないといけませんけどね。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

嫌な上司と顔を合わさずに即日退職する方法はこちら

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る