40代で仕事ができないのですが、解決策はあるでしょうか?辞めるべきでしょうか?

40代で仕事ができないと感じる、とても辛いことですよね。

経営の効率化などの影響で配置転換になるなど、なれない仕事を任されるケースは珍しくなく、自分の自信を失ってしまう人も多くいます。

そんな時に解決策はないのか、辞めるべきかどうか考えるのは自然なことです。

ただし、実際に辞めるとなるとリスクも伴います。収入がなくなってしまうだけでなく、転職先が見つからないこともありえるからです。

また、解決策も場当たり的なものでは効果が見込めないケースが多く、場合によってはキャリアチェンジの含めたチャレンジが必要になるのです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①社会の構造自体が変わっていることに理解が必要

仕事ができないと感じてしまった場合は、まず現状を確認することが重要です。特に注意したいのが、社会構造の変化です。

作業の効率化やコスト削減などで犠牲になっている部分が多い一方で、現場は上からの要求に逆らえない場合もあります。

労働組合などがあれば請求を跳ね除けられますが、労働組合自体を作っていない組織や会社は珍しくなく、うまく機能していない場合もあります。

組合自体にコストがかかる部分もあり、誰もがやりたがらない場合も多いのです。

守ってくれる組織自体が少ないため、自分で技術を学び、新しい環境に対応しなければ使いつぶされてしまうことも珍しくなくなっているのです。

会社が面倒を見てくれるという時代は終わっていて、常に新しいことチャレンジする必要があること学ぶ必要があります。

仕事ができないのであれば、仕事が学べる範囲かどうかをチェックする必要もあります。

自分ができないことが社会では当たり前に要求されるケースも増えているからです。この場合は仕事を辞めても他にできる仕事がなくなってしまいます。

自分の苦手意識などが原因にないのか、はっきりと適性がない業務なのかは切り分けなければ先に進めない場合もあるのです。

社外で学ぶところがあるか確認する姿勢も必要です。会社で全てを面倒見てくれるとは限らないからです。

自分ができることが社会的に需要があることかもチェックする事も大切です。分かりやすい方法でいえば、転職エージェントを使うと需要と供給のバランスが分かります。

年収が安くなっても仕事があれば転職してしまうのも方法です。しかし、紹介される案件自体が全くない場合は、仕事を辞めるとキャリアチェンジも含めた大胆な行動を迫られることになります。

AIなどで自動化できる業務は多く、様々な職がなくなりつつあるという現実もあります。AIに代用できない分野のスキルを身につけた方が将来が開けることは多いのです。

②業界自体の適性を疑ってみる

辞めることが視野に入るのであれば、自分の適性を疑ってみるのも方法です。適性がないことが悪いわけではなく、企業とのマッチングがうまくいっていない可能性があるからです。

同じ職種でも、細分化すると個人の適性が分かれる業務もあります。適性を見直し、よりマッチング率が高い場所に行くことも大切だからです。

自分の適性に疑問がある場合は、様々なスキルチェックを試してみるのも方法です。転職エージェントのスキルチェックなど、無料で試せるテストは多くあります。

自分の適職が何か改めて考えるのも方法です。また、もともと問題がなかったのに配置転換などで合わない仕事につけさせられている場合は、他の部署への配置転換を願い出るのがおすすめです。

無理に仕事を辞めたりするよりも、同じ企業内でより働きやすい場所を探した方が楽だからです。

給料が下がることがあっても、自分の適性に合った仕事を見つけることは重要です。ストレスがたまる仕事は体調や精神に悪影響を及ぼします。

どうしても企業内で他の仕事が見つからない場合や、適性自体がないと判断した時のみ、辞めることを考えた方が良い場合があるのです。

③自己投資を始めてみる

スキルアップや新しい資格取得のために自己投資を始めるのも方法です。新しい技術を身につければ、今の職場で違った働き方をすることや、転職先が増えるなど、様々な選択肢が増えるからです。

ある程度スキルを身につけ終わるまで会社には籍をおき続ける方法や、仕事の量を減らして勉強する時間を増やすなど工夫する余地もあります。

注意したいのは、簡単に取得できる資格で選択肢が増えることはほとんどないということです。40代であれば実務経験がなければ取れない資格にターゲットを絞り込むなど、より具体化していく必要があります。

新しいジャンルに挑戦する際もスキルを身につけるまでにはある程度時間がかかるため、実際に資格を取得した状態で転職などを試みるか、勉強をした状態で異業種にチャレンジするか選択しなければならないこともあります。

パソコン一台あれば引き受けられる小口の外注の仕事などもあるため、選択肢を一つにするのではなく、複数のアイディアを組み合わせた方が良い場合もあります。

外注の仕事が安定すれば、ステップアップして独立するという選択肢も入ってきます。

会社の将来性や働きたい分野の成長性などを比較して選ぶのも方法で、より合理的で、自分が働きやすい方を優先するのがおすすめです。

まとめ

仕事ができないと思っても、できない理由は人それぞれです。

まずできない理由を確認し、できるようになるか、全く別の方法で生きていくかを選択することが必要になります。その選択が合理的かも検証した上で、準備が必要であれば準備が整った時点で辞めた方が無駄がなくなります。

転職エージェントなど第三者の意見を聞くことも重要で、自分のスキルや市場評価を確認することが将来を左右します。

仕事がなければ作るくらいの精神があった方が良い場合も多く、発送を柔軟にしつつできることを多方面で探すと糸口が見つかりやすくなります。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

嫌な上司と顔を合わさずに即日退職する方法はこちら

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る