入社3年目で仕事ができないときに考えるべきこと3つ

入社3年がたったも仕事ができるようにならないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

よく3年は同じ会社で頑張れと言いますが、3年経っても仕事ができるようにならなかったり同期がどんどん仕事を任されていたりすると比べてしまって焦りますよね。

そこで入社三年目で仕事が出来ない時に考えることをまとめました。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

①入社してからの期間をを振り返ってみる

あなたがもし入社後2年経ったけど仕事が出来るようになっていないと悩んでいる場合、この期間の仕事の内容や自分ができるようになったことを振り返ってみると良いでしょう。

3年目ともなれば失敗も成功もあれど、いろんな仕事をしてきているはずなので、自分の仕事ぶりを分析できるはずです。

可能であれば同僚や上司、他の会社の友人とも話してみましょう。上司に否定的に言われたり、良く出来る同僚と比べてしまっているだけで振り返ってみると案外自分も成長していたり、仕事ができるようになっているかもしれません。

あるいは全然仕事の実績が積めていないかもしれません。どちらにしろ振り返って過去の状況を整理することは3年目以降の仕事の取り組み方を変えたり、転職活動をするときにも役立ちます。

一度落ち着いてこの3年間の仕事ぶりを振り返ってみましょう。

その上で、実際に自分の3年目までを評価すること、もし実績が積めていなかったり仕事が出来るようになっていなかったら、どの仕事が苦手でそれは何が原因なのか考えてみることです。

3年目というのは一つの節目になります、このようなことを考えるのはとても良い機会なので積極的に考えましょう。

②自分はこの仕事を続けたいと思っているのか?

3年目までを振り返ると色々な発見があったと思います。案外いい感じに成長してきていると思ったり、このままではダメ・・・、など色々と思うことがありましたよね。

その上で次は、この仕事を自分が続けたいと思っているのかを考えてみましょう。

仕事が楽しいと思っていたり、同僚と比べたら結果が出ていないけど、仕事自体は続けたい、なんとか成長したいと思っている場合、3年目までの振り返りの教訓から仕事の取り組み方を変えることが必要になります。

具体的にどの仕事ができていないのかを分析してみましょう。

例えば、商品企画から試作品作製、販売開始までのスケジューリングが苦手な場合、過去の失敗からスケジュールを組む上で見落としていたこと、ゆとりをもって時間を取るべきだったことを洗い出して行きます。

また営業だけど、中々案件が取れない場合は同僚や上司に頼んで同行してもらい、商談の何がだめなのかを指摘してもらった方が良いでしょう。

同じ失敗を繰り返している場合は自分の仕事の記録を付けて、失敗に対して次はどのように取り組むか書きながら意識した方がよいでしょう。記録を見て何度も失敗している場合はその原因をしっかり考えてみましょう。

もし、3年目までを振り返ってみて仕事がどうも自分にあっていないように感じた場合、部署や仕事を変えてもらえるよう会社側と交渉するか、思い切って会社を変えてみてはいかがでしょう。

入社後3年目ならばまだまだ若く、やり直すことは十分出来ます。その上でも入社3年目までを振り返ることは非常に重要です。

その期間に感じたことや仕事の結果から自分にどのような仕事が向いているか、どのようなことが得意なのか考えましょう。

③仕事ができないことを深刻に考えすぎない

仕事は人生の大半を過ごす大事な活動です。だからあなたも仕事ができないことについて悩むのでしょう。

しかし仕事はあくまでも人生の一部であり全てではありません。

もしどうしても仕事ができない理由が思いつかなかったり、何かを変える勇気がでないときは今のまま続けることも悪くはありませんし、会社を去ってしまうことも悪いことではありません。

仕事ができなくてもすぐに首になるとは限らないし、首になったとしても世の中に仕事はたくさん有ります。

この仕事に絶対取り組みたいという想いがあれば取り組めば良いし、そうでなければ、仕事より趣味に生きてしまうのも手の一つです。

大事なのは仕事ができないことが自分の全ての価値を否定することだという風に考えないことです。それくらい楽に捉えて、仕事を考えていきましょう。

仕事ができないと自分に言い聞かせ続けると本当に自分の能力が下がってしまいます。

まとめ

入社3年目で仕事ができないときに考えることをまとめました。

3年目までの仕事内容を具体的に分析してみる、その振り返りをもって自分が今の仕事をしたいと本当に思っているのか一度考えてみましょう。

自分でも分かっていなかった気付きが得られますし、その振り返りが次の行動を取る上での重要な情報源になります。でも何より重要なことは仕事ができないことを深刻に考えすぎないことです。

仕事はあくまでも人生の一部と割り切って考えていきましょう。

トピック!

精神的に限界で仕事を辞めたい方はこちら

辞めて転職できるか?を知りたい方は要チェック

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…

ピックアップ記事!

  1. 現在、転職市場において第二新卒の需要が非常に高まっています。 理由は、新卒採用で予定人…
  2. 会社勤めをしていて、さまざまな事情から転職を余儀なくされることはありますね。 その時、…
  3. 会社勤めをしていると、様々な事情から、転職を考えることがありますよね。その時、あなたはどのよ…

PickUp記事!

  1. 仕事を辞めたいと悩んだときに真っ先にやるべきこと

    今の仕事を今すぐにでも辞めたい・・・ もう無理。限界・・・ このように悩むと…
ページ上部へ戻る